HOME教えて妊娠・出産 > 胎教について > 胎教Q&A

胎教Q&A

まずは胎児の脳の感覚神経の発達段階について調べてみました。

胎児はどれくらいから外のことがわかるの?

妊娠2ヶ月頃
人間に備わるすべての器官が完成。約6週目で脳が形成されるもととなる神経管も完成されます。
妊娠3ヶ月〜4ヶ月
何かが触れたということを感じるようになり、さかんに体を動かすことで、刺激を受け、記憶されます。その刺激がさらに脳の発達を促します。また一番原始的な感覚である『心地よい』という感情が芽生え始めるといわれます。
妊娠5ヶ月〜6ヶ月
神経も十分発達し、自分の意志で動きはじめるようになります。ママの声やホルモン分泌によって、感情やストレスが伝わるようになり、またママの声以外の騒音や急激な温度変化などで不快を感じるようになります。
妊娠7ヶ月〜8ヶ月
脳にしわができ、考えたり記憶する能力もしっかり芽生え、手をひらいたり、握ったり、自分の考えでまとまった動きができます。聴覚はより発達し、外の音に好き・嫌いで反応したり、ママのやさしい声に安心します。視覚も発達し、強い光にも反応するようになります。
妊娠9ヶ月〜10ヶ月
視覚・聴覚・味覚・触覚・痛覚などあらゆる感覚神経と脳幹部、大脳皮質とのつながりができ、十分に発達した状態になります。生まれてすぐ呼吸や、体温調節もできるようになりますので、いよいよ赤ちゃんの準備が整うと、自ら、子宮頚管を柔らかくするホルモンを分泌。子宮収縮を促し、分娩開始のサインを赤ちゃん自身が出すといわれます。

胎教とは

上記の発達段階から考えると、お腹の中の赤ちゃんはすでに妊娠5ヶ月目ぐらいから、外からどんな刺激をどれだけ受けたかによって、それを感じとる神経を発達させ、心を豊かにさせることができるようです。

ということは・・・産まれてくる我が子の心がより豊かに育ってほしいという親の願いや愛情を、赤ちゃんの成長を促すよう刺激として伝えること。それが主に胎教といわれるようです。そんな難しく考えなくてもできそうですよね。

胎教による効果は?

精神的に安定し、ストレスのない状態で赤ちゃんとのコミュニケーションを楽しんでいたママから生まれた子供は、その刺激から神経を発達させ、その刺激に似ている刺激に好奇心があるため、社会性のある子が多いようです。その刺激のストレスにも慣れているため、むやみに泣くこともなく手のかからない子になるとか・・・。

また、生後間もない赤ちゃんに、胎内で聴いていた音楽を聞かせると落ち着いて泣き止むといったこともよく聞きますし、もちろんママやパパの声の刺激にも慣れていれば、同じ声を聞いただけで安心した表情をします。いずれにしても、繰り返しお腹の中で聞いたことを記憶していて安心できるからなのでしょう。

とくにパパの低いトーンの声は胎内に響きやすいため、よく話しかけていた場合は、『お腹の中で遊んでくれた人だ!』と期待するような表情で、一生懸命目を見開いて、パパを見ようとします。その後パパ大好きっ子になることは言うまでもありませんよね。

主な胎教の効果を挙げてみました。

  • 機嫌がよく、夜鳴きがなくなる
  • 生後もよい親子関係が保てる
  • よく笑い、表情が豊か
  • むやみに泣かないのでぐっすり眠り、体の発達が早い
    ・・首が座る、ハイハイをする、つかまり立ちをし始めるのが、比較的早い etc..
  • 言葉を早く覚えやすい
  • 情緒の安定した子になる
  • 比較的安産!
    『予定日にスルスルポーンと産まれてきてね』とか『痛くないように出てきてね』と繰り返しお願いしていると、ちゃんと産まれてきてほしい日に安産で産まれる確立が高くなるとか・・・ぜひ実践してみてください!

では具体的に何をどうすればいいの?

いざ胎教しようと思っても、さて何をどう始めればいいのでしょうか。

具体的にママ・パパができる胎教についていくつかご紹介します。

  • お腹をなでたり、ママが感じたこと、思っていることを共感しながら話しかけてみる
    ・・・美味しいものを食べれば『おいしいね』、きれいな景色を見て気持ちよければ『気持ちいいね』などと、心を通い合わせるように。きっと赤ちゃんも感じているはずです。
  • 一人の家族としてニックネームで呼びかける
  • ゆったりとした気持ちで適度な音量の音楽を聴く
    ・・・クラシックに限らず、ママがリラックスできるような好きな音楽であればいいです。一緒に口ずさんでみるのもいいかも♪
  • 指先を使う
    ・・・編み物をする、楽器をひく、絵を描く etc..
  • 料理などの家事をしているときなど、動作や状況の変化を具体的に声を出して伝えてあげる
    ・・・赤ちゃん言葉ではなく、ポイントは、1、少し大きな声で 2、ゆっくりと 3、口を大きく開けてはっきりと 4、心をこめて 話しかけることです。
  • 絵本を読む
    ・・・恐い話は、あまり大きな声や恐い動物の鳴き声などでむやみに驚かさないように注意!
  • 妊婦体操など適度に体を動かす
    ・・・血流もよくなり母子ともに健康によい。胎児の平衡感覚の育成にもなるとか。
  • キックゲームという遊びで赤ちゃんとコミュニケーションをとる
    ・・・お腹の中の赤ちゃんの反応に応えてあげるゲーム。
    《キックゲームのやり方》
    1. 赤ちゃんがお腹を蹴ってきたら、すかさずその場所をポンと叩き『キック!』といいます。また蹴ってきたら、『上手だね〜』とほめてあげましょう
    2. 1が出来てきたら、今度は逆に自分から、お腹の別の場所をポンと叩き『キック!』といいます。練習するとその場所をキックで返してくるようになります。もちろんほめてあげることを忘れずに!
  • ちょっと慣れてきたら、数字やひらがな、物の名前などを教えてあげる
    ・・・これはちょっとお勉強に近いですが、フラッシュカードなどをつくり、言葉や数字をなぞりながらイメージして話してあげると、生後覚えが早いといわれます

以上のようなことが挙げられます。

ポイントは、いずれも無理せず、楽しみながら繰り返し行うことです。
胎児を意識できなくて違和感がありながらでは、ママがリラックスできていない点でオススメできませんし、どうも気はずかしくて・・という場合は心の中で話しかけたり、お腹をなでるだけでも十分気持ちは伝わります。

また胎動を感じるようになって、自然に一人の家族として意識できるようになってからでもいいです。繰り返し行うことによって、胎児が話し方やリズムを記憶し、話し手であるパパやママに親しみや興味を持つようになり、出産後も赤ちゃんとの関係はよりよいものになるでしょう。

これから出産というママ達!今からでも遅くはありません!どんな子が産まれてくるかな〜と楽しみにしながら、ぜひ気軽に胎教を始めてみましょう。

また、具体的に胎教を行ってみてこんないいことがあったよ!という先輩ママさんたちの体験談も お待ちしています。プレママさん達のためにもぜひ教えてあげてくださいね!

コメント

投稿数:21件 |  次のページ

コメント 2010-06-21 20:26:00 ぴっぴ さん

編集削除

妊婦さんのための交流会での『誕生学セミナー』聞いてみたいです。残念ながら妊婦ではないので参加は出来ませんが・・・妊娠中にこんなセミナーがあったら参加したかった・・・

このコメントに意見を送る

回答 2010-07-26 23:55:00 ミセスドラゴン さん

編集削除

本当にそうですね。素晴らしいセミナーに出会えると、妊娠中の励みにもなりますね。

コメント 2010-03-29 15:45:00 ミセスドラゴン さん

編集削除

私はおなかの中にいるときに、オルゴールのCDを友人からもらい良く聴いていたところ、子供が2歳くらいになって、そのCDをたまたまかけていたら、子どもが「これ、聞いたことある!」と言ってびっくりしました。絶対におなかの中の記憶だ!と思っています。

このコメントに意見を送る

コメント 2008-10-25 08:05:00 miyu さん

編集削除

上のこのときにはよーくお腹の赤ちゃんにパパは話しかけてくれてたんだけど、下の子を妊娠したときには全然話しかけてくれません。そんなものなのかな〜。。。

このコメントに意見を送る

回答 2008-10-27 23:21:00 レジギガス さん

編集削除

是非是非パパにお願いしておなかの赤ちゃんに声をかけてもらいましょうよ♪おなかの中で赤ちゃんはパパの会話聞いてますよ♪我が家の息子は主人が帰ってくるのが遅かったので夜中によくおなかの中を動き回って【お話して〜】って感じにアピールしてましたよ(笑)

回答 2008-10-29 11:23:00 シルビア さん

編集削除

お腹のあかちゃんって、早い時期から耳は聞こえているんですよね^^うちにパパは、本当に小さな…胎芽のうちから声をかけていました(笑)妊娠中にかけていた曲も、息子はなんとなく覚えていたようで…産まれてからかけると、機嫌が良くなったりしました。赤ちゃんは、今のうちから絶対聞いているはず…「お腹に話しかけないと、抱っこしたら泣く様になっちゃうよ」と脅してみてください(笑)

回答 2008-11-03 20:29:00 miyu さん

編集削除

上の子の時には、パパはたくさんお腹の赤ちゃんに話しかけていたんですが、生まれてきたら4ヶ月ぐらいでパパに人見知りが激しくなって、1歳半までそれが続いてしまったのです。私も上の子に振り回されて、なかなか「胎教」ってできていないなと感じました。この記事を見て、これからでも遅くないのでちょっとでも時間を見つけて胎教を始めてみたいと思います。

回答 2010-03-29 15:38:00 ミセスドラゴン さん

編集削除

おなかの中の子どもはちゃんとパパの声を聞いてくれているんだよ!とママからも説得してあげて欲しいです!パパもきっと忙しいのでしょうね・・・

コメント 2008-09-23 16:59:00 かんちゃん さん

編集削除

私もキックゲームを知り合いの人に教えてもらってやってました。でも、うちの子はあまりやってくれませんでしたぁ…。今思うともっといろんなことをしてあげればよかったなぁって思ってます。

このコメントに意見を送る

回答 2010-03-29 15:39:00 ミセスドラゴン さん

編集削除

懐かしいです。私もやりました。反応が面白いですね!でもあまりやってくれない日もありました。

コメント 2008-08-31 12:42:00 はる さん

編集削除

赤ちゃんがお腹の中でトントンする時、よく私もトントンし返していました。日中はいいのですが、夜中はつらいので、なでなでしてました。あまり言うことを聞いてくれませんでしたけどね…。妊娠は期間限定だし、もう「母」と「子」の関係が始まっているわけですから、自分流にたのしく過ごせたらいいと思います。

このコメントに意見を送る

回答 2010-03-29 15:40:00 ミセスドラゴン さん

編集削除

おなかの中で何しているのかな・・とか考えるのがとても幸せな時間でした。生まれてからは世話で大変なので、おなかにいたときのあのゆったりとした時間はたからものです。

投稿数:21件 |  次のページ

PR