HOME教えて子ども教育家庭学習について

家庭学習について

幼児期の家庭学習

家庭学習は、お子さまの発達や学力をつける重要な手段のひとつです。 『学習』というと、教室で行うイメージが強いですが、幼児期においてはなかなか難しいもの。 でも今は自宅で『学習』に取り組めるよう、とても魅力的な教材がたくさんあります。

幼児期は遊び感覚でたくさんのことを吸収できる時期でもあります。 ママが先生になってお子さまがどんな『学習』に興味を示すのかじっくり見てください。 数や図形が好きだったり、文字を書くことが好きだったり、お子さまの個性も見えてきます。 きっと苦手なものも見えてくるでしょう。

教材の内容は色々ありますが、年齢にあわせて本やプリント、教材が組み合わせているものなどがあります。プリント形式のものは、毎日少しずつ解いていくという『自分から取り組む力』も育まれます。この様な習慣は小学生、中学生になった時に大きな力となります。

また、子どもは何度も繰り返すのが大好き。 1度できればそれでおしまい、ではなく、『もう一回、見てみよう』『もう一回、やってみよう』と考えます。そして、それが知識を深め、新しい発見を見出すのです。

近年、パソコンを活用した幼児向けのコンテンツも増えています。 計算をして、すぐに答えがあっているかどうかを判定したり、英語の発音を何度も聞いてみたり、 子どもでも簡単に操作を覚えることができるその技術は日を追う毎に進歩しています。

とはいっても、最初はママがしっかりついて、使い方や使用時間の約束をすることが大切です。 だらだらと遊ばせていては逆効果になります。目の健康にも良くありません。

お子さまに合う教材を選んで、『遊びながら学習』を幼児期からはじめてみませんか。 きっと今まで見えなかった、お子さまの新しい一面を発見できるはずですよ。

家庭学習幼児向け教材知育番組学ぶスキースクールおうちで英語

コメント

コメントを投稿するには、ログインしてください。
会員登録をまだされていない方は、会員登録をお願い致します。

PR