HOME教えて子ども教育幼児向け知育教材

幼児向け知育教材

幼児向け知育教材

幼児期は遊びを通して頭脳や身体機能の発達が促される大切な時期。 質問が多くなる2〜5歳期はママやまわりの大人がきちんと答えてあげることが知育の基本になります。幼児向けの知育教材は「遊ぶ&楽しむ」環境をつくりながら視覚・聴覚・触覚から学んでいけることを大切に、知識・能力を高められるようにつくられています。

子どもの『なぜ?』『どうして?』は成長の大きな証です。 興味を示した時に教えてあげられるように、または一緒に考えて答えを見つけてあげられるようにするといいでしょう。

知育教材の対象年齢は0歳から用意されています。
年代別にその内容を見てみましょう。

1歳児〜

なんでも興味津々でやりたがりのこの時期。 親としても目が離せない頃です。 この頃は何でも触って、何でも口に入れて、目で見たものをしっかり、脳へ刺激として送っています。

―五感をフルに使って、たくさんの発見や体験をできる知育玩具や教材がお子さまの豊かな 感受性を自然に育みます。

2歳児〜

ことばやかずに対する興味を育てることが基本となる時期。また、この頃は自我が芽生えはじめ、好き、嫌いといった意思表示がはっきりしてくる時期でもあります。

―『自分でやりたい』そんな頑張る気持ちを応援する知育玩具や教材が良いでしょう。 考えて、想像して、取り組んでみる。そんなステップがしっかりしているとお子さまの興味も深まります。

3歳児〜

もじを読みはじめ、いろいろな図形や迷路などのちょっと難しい問題にも取り組み始める時期です。自立への第一歩を踏み出すとともに、知的な好奇心が高まる時期です。

―『自分で考えて、答えを出す』。この時期の取り組みで、将来の『学習』につながる基礎能力や意欲を育みます。社会性の成長にも役立つ教材がお子さまの力になってくれるでしょう。

家庭学習幼児向け教材知育番組学ぶスキースクールおうちで英語

コメント

投稿数:7件 | 

コメント 2011-01-31 14:26:00 ミセスドラゴン さん

編集削除

どんなものがいいのかわからなかったのでとても役立ちました。

このコメントに意見を送る

コメント 2010-07-26 15:51:00 えりんきゅう さん

編集削除

いろいろなところからたくさんの情報を入れることができるようになり、「あれもイイみたいだし、こっちも捨てがたい…」と目移り…。自分の教育に対する考え方をしっかりもたないとだめですね。

このコメントに意見を送る

回答 2012-05-05 01:29:00 ミセスドラゴン さん

編集削除

本当にそうですね。たくさんのことをやっても・・・と言う気持ちと、これもいいかもしれない・・・と言う気持ちが葛藤しています。

コメント 2009-03-02 23:09:00 さや さん

編集削除

子どもって本当難しいですよねぇ。年齢にあったおもちゃ選びも大変。それを考えると、子どもチャレンジはやっぱりいい教材なのかなぁ。

このコメントに意見を送る

回答 2012-05-05 01:30:00 ミセスドラゴン さん

編集削除

うちは一度もやったことがないんです。それぞれの家庭であったものを探してあげたいですね。

コメント 2008-08-13 12:24:00 かんちゃん さん

編集削除

モンテッソーリの教育もすごくいいですよね。保育園で取り入れてあるところもあって子供たちは夢中になって遊んでいました。

このコメントに意見を送る

回答 2010-07-21 12:07:00 ミセスドラゴン さん

編集削除

モンテッソーリの教育、とてもいいですよね。家庭でも取り入れたいですね。

投稿数:7件 | 

PR