HOME教えて健康予防接種とは?

予防接種とは?

よく聞きなれた「予防接種」という言葉。ママによっては、小さい頃の痛い記憶が呼びおこされるかもしれませんね。でもこの「予防接種」って、そもそもどんなもので、なぜ必要なのでしょうか?

感染症から子どもを守る

予防接種とは、ワクチンを接種して、体に必要な免疫(病気に対する抵抗力)をつくることをいいます。
赤ちゃんや小さい子どもの免疫は未発達なため、さまざまな病気(感染症)にかかります。そうして病気にかかることで、少しずつ免疫をつけていくのです。
でも問題は、子どもがかかりやすい感染症の中には風邪などの軽いものだけではなく、深刻な合併症や後遺症をおこしたり、結果的に命を落としてしまう危険のある病気もあるということです。そうした感染症は、かからないようにまず予防することが一番。そのためには、ワクチンを接種する、つまり予防接種を受ける必要があるのです。

予防接種で防げる病気

でも、すべての感染症に対してワクチンが作れるわけではなく、ワクチンで防げる病気は、ごく一部にすぎません。病気が重大だからこそ、その病気に対するワクチンの研究、開発が重ねられてきました。大切な子ども達を守るために、親である私達ママが、子ども達に予防接種を忘れずに受けさせましょう。

「定期予防接種」と「任意予防接種」

予防接種には、市町村が実施する「定期予防接種」と、それ以外の「任意予防接種」があります。定期予防接種は、対象となる病気にかかりやすい時期を考慮して、受ける時期などが決められています。決められた期間内であれば、接種のための費用は無料です。

一方、任意予防接種は、接種するかの判断は親(と本人)に任されています。また、接種のための費用は自己負担となっています。
ただ、「任意」だからといって、受けなくても大丈夫というわけではありません。任意接種であっても、重い後遺症を残したり、死亡したりする感染症であることに違いはありません。また、保育園や幼稚園などで集団生活を始める場合などは、早めに予防接種を済ませておくと病気にかかるリスクが減り、安心して子どもを預けることができるでしょう。
接種するかどうかは、接種にかかる費用に加えて、まれに起こる副反応の健康被害といったリスクなども考え、総合的に判断することが大切です。接種するか迷ったとき、わからないことがあるときは、かかりつけのお医者さんや看護師さん、市町村の保健師さんなどに相談してみるのがいいでしょう。


コメント

投稿数:1件 | 

コメント 2015-12-15 12:37:00 ミセスドラゴン さん

編集削除

ワクチンで防げる病気の一覧がとてもわかりやすかったです。参考になり、気になる物もあったので小児科に確認してみようと思いました。

このコメントに意見を送る

投稿数:1件 | 

PR