HOME教えて健康接種スケジュールを立てよう

接種スケジュールを立てよう

子どもを病気から守るためには、接種できる時期になったらできるだけベストのタイミングで接種を受けることが大切です。そのためには、スケジュールを立てて計画的に接種していく必要があります。
スケジュールを立てる際には、定期接種に必要な「予診票(接種券)」が手元にあるかも確認しましょう。赤ちゃんを連れて病院で記入するのは大変です。必ず事前に記入を済ませておきましょう。もし届いていない場合には、市区町村の予防接種担当窓口に問い合わせましょう。
また、予防接種は体調が優れないときには受けることができません。それぞれの子どもの体調や、地域ごとの接種方法、感染症の流行状況などに応じて、かかりつけのお医者さんや看護師さんとも相談しながら、スケジュールを立てていきましょう。

接種間隔とは?

ワクチンには、次の予防接種まであけなければならない、決められた接種間隔があります。また、ワクチンには生ワクチンと不活化ワクチンがあり、接種間隔が異なります。
生ワクチンは、接種後4週間(中27日)以上、不活化ワクチンは、接種後1週間(中6日)以上あけなければなりません。ただし、同じワクチンを続けて接種する場合は、間隔が違ってきます。たとえば、四種混合や三種混合ワクチンの1回目と2回目の間隔は、標準的には3〜8週間です。それぞれのワクチンの接種間隔を確認したうえで、スケジュールを立てましょう。

生ワクチンと不活化ワクチン

  • 生ワクチン
    細菌やウイルスの毒性を弱めたもので、接種すると、その病気にかかった場合と同じような免疫をつくります。接種後、軽い発熱や発疹の症状が出ることがあります。
    生ワクチンの種類:
    BCG、麻しん風しん、水痘、おたふくかぜ、ロタウイルス など
  • 不活化ワクチン
    菌やウイルスを殺し免疫をつくるのに必要な成分を取り出して病原性をなくしてつくったものです。
    不活化ワクチンの場合、一定の間隔で複数回接種することにより免疫ができます。
    不活化ワクチンの種類:
    四種混合、(DPT-IPV)、三種混合(DPT)、二種混合(DT)、不活化ポリオワクチン、ヒブ、肺炎球菌、子宮頸がん予防、インフルエンザ など

生後2か月から接種スタート

0歳で接種できるワクチンは、種類と接種回数が多いため、できるだけ早く接種することが大切です。公費助成のあるヒブ、小児用肺炎球菌ワクチンは生後2か月から接種ができ、四種混合(または三種混合)ワクチンは生後3か月から接種ができます。産後の育児で忙しい時期ですが、「生後2か月から」を忘れずに、早めに受けるようにしましょう。

同時接種とは?

0歳で受ける予防接種の数は15回以上にもなります。接種後は次の予防接種まで間隔をあける必要がありますし、赤ちゃんの体調はいつもよいとは限りません。1本ずつ受けていては接種が遅れがちになり、病気を予防することができなくなってしまいます。
そこで行われているのが、複数のワクチンを一度に受ける同時接種です。同時接種は世界的に行われている方法で、接種スケジュールを確実にこなすためには必要なものです。

スケジュール表やアプリも活用しよう

ちょっと複雑な予防接種のスケジュール。管理も難しそう・・・?でも、大丈夫。スケジュール例を参考に、接種時期がきたら早めに受けていれば、うまくいくはずです。
もっとも早期に免疫をつけるためのスケジュール例が下記のHPで紹介されていますので、こうしたものを参考にするとよいでしょう。

また、接種できるワクチンの月別表示や、接種予定日の登録、接種時期が近づくとお知らせしてくれるといった機能を持つスマホ向けアプリもあります。こちらもぜひ活用してみてください。

KNOW-VPD!VPDを知って、子どもを守ろう
ワクチン接種のスケジュール管理に便利なアプリをご紹介。
詳細は上のバナーをクリック。(NPO法人VPDを知って、子どもを守ろうの会HP)

健康被害救済制度について

定期予防接種を受けた後に、ごくまれに健康被害が生じることがあります。そうした場合に健康被害救済制度の給付を受けられる場合があります。詳しくはこちら。(「予防接種健康被害救済制度」(厚生労働省))

また、任意の予防接種によって生じた健康被害についても、医薬品副作用被害救済制度の対象となる場合があります。詳しくはこちら。(「健康被害救済制度」(独立行政法人医薬品医療機器総合機構))


コメント

投稿数:0件 | 
投稿数:0件 | 

PR