HOME教えて生活キッチン

kitchen-今どきのキッチン事情-

みなさんが毎日使うキッチン。使い勝手がよくって、気持ちよく過ごせれば、料理も美味しく作れそう!
でも、実際には調理器具を置く場所が足りなかったり、作業台が狭い、高さが合わない・・・といった声も聞きます。
家づくりやリフォームでキッチンについては、どのような要望を持っているのか、家作りのプロJohnson Homeさんにお聞きしたところ、「こんなキッチンがステキ!」という夢を持って家づくりをする”夢重視派”と、「使い勝手が一番!」という”機能重視派”に分かれるそうです。

Q1. キッチンの収納は変わった?

昔からあるキッチンの床下は涼しいということもあり、野菜など食品の貯蔵に適していました。 現在の家では、床下にも断熱材が入っていて室内と同じ温度ということから野菜などの保存には適さず、床下収納は減ってきています。

吊り戸棚は、高い所のモノが取り出しやすいよう、ワンタッチで上下できるタイプが人気です。ただし機能性を重視するため、収納力は少しダウンしてしまいます。 普段づかいのお茶碗やお箸は食器洗浄器の中に入れたまま・・・という使い方の人もいるようです。

収納力が減っているように感じますが、実は別の形で収納を確保できています。 例えば、吊り戸棚のかわりに食器棚をつけたり、シンク下収納を引き出し式にすることで収納量はぐーんとアップします。

ワインポイント アドバイス !−JohnsonHome−

スライド式で収納力アップ!

シンクやコンロ下の収納スペース。開き戸式ではなく引き出し(スライド)式にすると、足元の蹴込み(けこみ)部分も使え、たっぷり収納。奥の調理器具もラクラク取り出せます。


開き戸の下の蹴込み部分→この部分も収納スペースに!

階段下のスペースを活用

間取りを決めるとき、家の中をひとまわりできる”回遊式”の間取りを検討してみてはいかがでしょうか。
お客様が来ていても、リビングを通らずに買ってきた食品などをキッチンに運べて便利です。
また、回遊式間取りの中心となる階段下の空きスペースを収納に活用できるのも魅力です。
階段の高さを利用して、高さのある部分はコートなどのクロゼットに、中段部分は掃除機や古新聞・ストック置き場に、一番低い部分はキッチン側に扉を設けて食品庫とこうするとキッチンだけでなく用途別の収納が確保できます。


高さを生かして、3つくらいの用途別収納が作れると便利!

Q2. 人気の作業台と使い勝手を教えてください

キッチンの作業台はどんな材質が人気なのでしょう。
今、人気のタイル貼りも、「絶対これじゃなくっちゃ!」という人もいれば、嫌いな人もいて、使い勝手の良さや感じ方は人それぞれです。どんなふうに使いたいか、好みやライフスタイルでわかれるところのようです。

今回は、今人気の人工大理石とタイル貼り、用途に合わせた選び方をお聞きしました。

「作業台では、パンづくりをしたい!」というママにおすすめなのは、人工大理石の天板。
生地をこねるのに適していて、お手入れがカンタンです。ただし、人工大理石はシンクやコンロ、作業台スペースの設置場所が限られ、レイアウトの自由度は低くなります。

タイル貼りは、シンク、コンロ、作業台と、それぞれの位置や高さを自由に組み合わせられるので、 たとえばシンクにホワイトタイルの作業台をつけてカフェ風に、またカラフルなタイルで個性を演出・・・といった応用力があります。ただし、他の材質に比べて、ちょっぴりお手入れに手間がかかります。

こんなふうに使いたい、自由にレイアウトしたい、機能を重視したい・・・。使い勝手は人それぞれ。自分のイメージを具体的に伝えて相談しましょう。

【取材を終えて】

ジョンソンホームズでは定期的に、実際に建てられた方の家を見学するオープンハウスを実施して、現在家づくりをしているお客様に必ず見学してもらっているそうです。 出来上がった家を見て、建てる前と仕上がりのギャップを無くすのに一番いい方法だとか。 「この家のこの部分を取り入れたい!」といった”イイトコどり”のチャンス! また雑誌やカタログから、切り抜いたスクラップブックを作って、打ち合わせに臨むと、お互いのイメージがつかみやすく、スムーズに伝わりますよ。

お話を伺った JohnsonHomes 吉田さんです

JohnsonHomes 吉田さんです。輸入住宅に憧れてジョンソンホームズに入社して今年で12年、設計・工事の経験を活かしたアドバイザーとして、ご提案3年目を迎えています。ジョンソンホームズのオーナーとしてもたくさんの質問にお答えします。

JohnsonHomes 日本で一番愛される住宅メーカーを目指します。
お客様の生の声をそのまま紹介!
 家作り、部屋作りのヒントがいっぱい!ステキなお部屋の写真も。

[ 住宅TOPページに戻る ]

コメント

投稿数:5件 | 

質問 2017-02-07 17:10:00 ふくちゃん さん

編集削除

システムキッチンをネットにて検索していました、キッチンの入れ換えにトビラタイプでなく、引きだし式のどこのタイプに入れ換えようと検索していました、引出しを引きだすと床と引出の空間が無く、足の指を怪我をする書き込みがありますが安全面では普通に使用できるでしょうか、、、色々検索しますと、足の指にマトモにぶつかる製品も有るようです、キッチンに2人か立って共同作業していて、引きだしを引っ張りだすと、相手の指にあタル書き込みがありますが、引きだしタイプで安全な製品はどこがお勧めでしょうか、蹴込みとか書かれています、有る製品は安全に丸みをつけてあるとか説明していますが

この質問に回答する

回答 2017-03-08 12:28:00 ママ住ま編集部 さん

編集削除

ふくちゃんさま。お問い合わせありがとうございます。回答が遅くなってしまい申し訳ありません。最新のシステムキッチン情報のページを「ママ住ま」に掲載いたしましたのでご覧ください。http://www.mamasuma.jp/library/column/20170307095822.html

コメント 2010-03-31 17:32:00 ミセスドラゴン さん

編集削除

キッチンは女の城!一日も使わない日が無いくらい利用する場所なので是非こだわりたいですね!

このコメントに意見を送る

コメント 2007-09-13 21:58:00 ももんが さん

編集削除

まだ建築中ですが、新築を機に、キッチンの収納にこだわりました。シンク下の収納は引き出しにしました。奥まで有効に利用できそうなので、今から楽しみです。

このコメントに意見を送る

回答 2010-03-31 17:31:00 ミセスドラゴン さん

編集削除

良いですね!素敵なキッチンができるといいですね!

投稿数:5件 | 

PR