HOME教えて生活子どものスキーの選び方

子どものスキーの選び方

この冬、「子どもにスキーデビューを」「今年は買い替えかしら」とお考えのお母さん、ママナビでは一足先に子どものスキーの選び方をスポーツショップで取材してきました。成長著しい子どものスキー用品はできるだけリーズナブルなお値段で済ませたい、だけど体型に合わないものを身に付けさせるのはかわいそうだし、危ないし・・・。

スキー用品Jr.用は、2シーズン使えればOKと考えましょう。

金具
金具
スキー板編

今のスキーは身長よりも短いものを選びます。
基準は身長マイナス10〜15cm。
例)117cmのお子様で110cmのものを。初心者やJr.用の金具は、ショップで適切な位置を測り取り付けてくれます。

ストック
ストック編

選ぶポイントは、まっすぐに立ってストックを持った時のひじの角度が80度になること。
これも成長に合わせて長く使えるように伸縮性のものが発売されていて、結構評判が良いようです。

ブーツ
ブーツ編

子どもの足のサイズを測るのはなかなか難しいもの。
できるだけフィットしたものを選びたいし、来シーズンも使いたい。低価格なもので4,990円〜。
ここで選ぶポイント。
例)19cmなら20cmのものを。中敷で5mmは調節できます。これは店で測って切ってくれます。また、2000円UPすると、足の甲で締めたり緩めたりできるものがあります。

ウェア編

人気のファーがついていたりして大人顔負けのデザインなど、デザインが豊富です。Jrの機能として優れものを発見!ひもを引っ張るとクシュクシュっと縮まり、ひもも収納できます。これならジャストフィット!

■ウェアの下に着せるものは、あまり重ね着にならないように温かい下着を着ましょう。その上にフリースやトレーナー、ジャージを着用しましょう。

ウェア上
ウェア上
ウェア下
ウェア下
下着
下着

セットスキー

お店でサイズごとに色やデザインを組み合わせ、あらかじめコーディネイトされたもの。中身はスキー板、金具、ストックの3点セット。もちろん「ストックだけ別の」みたいにバラしても買えます。やはり、セットものが1番人気とのことです。

その他便利グッズ編

■ゴーグル
日差しから目を守るためにゴーグルは必須グッズです。UVカット、色付きのものの方が良いとのこと。曇らないコツは、おでこや頭にのせると汗をかきやすいのでできるだけのせない。曇ったらよく拭き、乾かすこと。傷も曇りの原因になるので気をつけましょう。
■ヘルメット
安全性の高さからヘルメット装着率が高くなっているそうです。サイズはFreeで内側のスポンジで調整します。
■ワックス
購入後すぐは必要ありませんが、そのうち必要になります。滑る前に1スプレー。
1000円前後〜。
■ボーゲンヘルパー
名前の通り、つま先が開かないように助けてくれるグッズです。スキー学校でも初心者に使用しているところがあるそうです。2,990円

ゴーグル
ゴーグル
ヘルメット
ヘルメット
ボーゲンヘルパー
ボーゲンヘルパー
汗取りタオル

■汗取りタオル
手ぬぐいを半分に折り、真ん中を頭が入る大きさに切り抜いたものです。下着の下にこれをしておくと汗を吸収し、汗をかいた後、服を脱がなくても上からすっぽり抜き取ることができます。手作りでもできますが、498円で購入できます。

予算

お手ごろなもので計算してみました・・・

スキー3点セット(板、金具、ストック)
ブーツ(4,990円〜)
ウェア(5,000円前後〜)
グローブ
ヘルメット
ゴーグル
帽子
ケース(リュック)
スキーケース
ワックス
12,900円
4,990円
7,000円
2,500円
3,000円
1,000円
2,000円
2,500円
2,000円
1,000円
合 計 38,890円

取材協力

スポーツDEPO 宮の沢店スポーツDEPO 宮の沢店
今回取材に協力していただいた「スポーツDEPO 宮の沢店」様から耳寄りなお買い物のコツ情報をいただきました。

■購入時期について
ジュニアものは板とウェア以外はシーズン中、思いのほか安くならないそうです。(だから、セールを期待してシーズン後半に行くとかなりの品薄、人気のデザインが…)
例年だと学校の冬休みが始まるとお客様が集中するのだそうですが、11月中旬〜末にかけて品物が充実してくるので、時期を集中せず分散して行くとスタッフがお一人お一人にゆったり対応できて満足のいくお買い物ができるのでは、とのことです。また、この時期、売り場には経験豊富な主婦の販売員が増員されるそうです。ぜひ声をかけて何でも質問してみましょう。

三岡さん■学生ポイントカード企画
スポーツDEPO宮の沢店では、2月6日(金)〜5月6日(水)までの期間、学生用のポイントカードを作った方(即日有効)に購入金額の5%割引をします。(期間内、何回でもご利用可能)
対象年齢は、小学生以上〜20歳未満。
全商品が対象となります。
(現金でのお支払いのみとさせていただきます)
→http://www.alpen-group.jp/


コメント

投稿数:24件 |  次のページ

コメント 2012-10-22 12:10:00 らくまま さん

編集削除

スキーの季節ですよね。今年は息子のスキー買い換えないとダメっぽいんですよね・・・ウエアーもだし・・・学校でスキーのレンタルあると嬉しいな・・・

このコメントに意見を送る

コメント 2012-01-16 16:27:00 かおりん さん

編集削除

2シーズン使えれば万々歳なんですね。学生用のポイントカードは小学生から作れると分かったので、活用したいなと思います。

このコメントに意見を送る

コメント 2011-11-28 12:08:00 ミセスドラゴン さん

編集削除

今年は札幌市のリサイクルに応募してみました。ホームページから応募できるのでとても便利ですよ!

このコメントに意見を送る

回答 2012-09-08 12:30:00 かおりん さん

編集削除

去年、応募してみましたが、高倍率らしくだめでした。今年もダメ元で出してみようかなと思います。ダメだったら買えば良いし〜

コメント 2011-07-28 23:37:00 ミセスドラゴン さん

編集削除

北海道出身ではない私にとってスキー学習はとても異質で不可解な授業の一つです。小学校では必修なんですね。でもその後続ける人も少ないような気がしないでもないですが・・・しかしながら、必修ともなるとそろえなければならないですよね。用意も大変ですね。

このコメントに意見を送る

質問 2009-11-11 23:06:00 イーストi-D さん

編集削除

もうすぐスキー場始まりますね。昨年スキーデビューした息子は『今年の冬もスキー頑張る!!』と、とっても張り切っています。スキーブーツが小さいかも知れないので購入予定です。そろそろデポにいってみようかな。

この質問に回答する

回答 2009-11-26 22:07:00 miko さん

編集削除

うちは今年ウェアを購入する予定です身長に合わせて伸ばせるタイプがいいかなと思っていますが使ったことある方いますか?

回答 2009-12-14 17:28:00 ままんちゃん さん

編集削除

先日学校の懇談会で学校の先生から、スキーブーツのサイズ確認お願いします。との事でした。そろそろスキー一式確認した方がいい時期なんですね。

回答 2009-12-15 19:42:00 Booたん さん

編集削除

昨年学校にスキー一式おきっぱなしにしていたらスキーの板のエッジがさびたってママ友から聞きました。さびる事あるんですね・・・・でも、さびたらどうしたらいいのか聞かなかったけど、どうしたらいいんでしょう?

回答 2009-12-18 00:56:00 イーストi-D さん

編集削除

スキー板のエッジがさびた時はお店に持っていったら有料(525円)ですがきれいにしてくれますよ。デポでもやってくれますよ。気になったので調べてみました(W)有料(900円くらい)ですが、さびけし(消しゴムみたいなものも)も売っているそうですよ。さびつくと雪が無駄についてスキー板が重くなるのでシーズン前にチェックしてみたほうがいいですよね〜我が家は冬休み中に確認する予定です。

回答 2011-07-28 23:37:00 ミセスドラゴン さん

編集削除

こちらの記事、私もとても興味を持ちました。北海道出身ではないので参考になります。

投稿数:24件 |  次のページ

PR