HOME教えてごはん食でこしょく解決セミナーレポート

北海道米LOVE×ママNavi
ななつぼし
うちの子、こしょく?
ママのための食育フォーラム
ごはん食でこしょく解決セミナーレポート
増える子どもの
「こしょく」を、
「ごはん食」で解決。
一人で食べる「孤食」、家族バラバラのメニューを食べる「個食」、パンやパスタばかりの「粉食」、宅配やコンビニ食の「呼食」「コ食」…。どこの家庭でも起こりうる食生活のキケン信号「こしょく」をテーマにした食育セミナーを、3月9日(月)、ホテル札幌ガーデンパレスにて開催。参加したママ達には家庭での食生活を見直すきっかけとなる、“なるほど”がいっぱいのセミナーになりました。
第1部 トークセッション 10:00〜11:00
第1部は、天使大学の荒川義人教授によるショートスピーチで開始。続いて荒川教授をはじめ、青ちゃんことフードプロデューサーの青山則靖さん、マタニティフードアドバイザーの熊谷しのぶさん、そしてミス北海道米の長谷部さんを交えたトークセッションを展開。様々な立場から「ごはん食の大切さ」「こしょくの問題点」をお話しいただきました。

ごはん中心の日本型食生活は栄養バランスに優れ、家族と会話をしながらの食事は体と心の両方の栄養になる、と荒川教授。

さらに青ちゃん、熊谷さんを交えたトークセッション。料理家、主婦の視点などそれぞれの立場から活発な意見が。

ミス北海道米の長谷部さんからは、20代の女性ならではの意見も。炭水化物抜きダイエットの危険性なども指摘されました。

パネリストのトークに真剣に耳を傾けるママ達。熱心にメモを取られる方もたくさんいらっしゃいました。

第2部 料理実習セミナー 11:10〜12:00
第2部は青ちゃんの軽快なトークをお楽しみいただきながら、家族みんながおいしく食べられる「こしょく解決!」レシピを実演。簡単で手早くできるメニューを紹介いただくとともに、食味ランキングで「特A」を獲得した北海道米3品種の食べ比べや楽しい試食タイムで、和やかなムードのプログラムとなりました。

大人も子どもも「体験が重要」と話す青ちゃん。親子一緒に作れるレシピで「こしょく」を解決。お肉を柔らかく仕上げたり、たまごをふんわりさせるコツなどもレクチャー。

道内食率約90%の北海道米。家ではなかなか出来ない「お米の食べ比べ」で品種による味や食感の違いを実感していただきました。

お待ちかね、青ちゃんレシピの試食タイム!簡単、スピーディーなのにおいしい!と大好評でした。

子どもたちの成長に大きく影響するといわれる「こしょく」。たとえば、家族の誰かと一緒に食べるだけでも「孤食」脱出の第一歩になります。また、ごはんを中心にした食事は、主菜・副菜など多食品との組み合わせが増え、栄養バランスの偏りを防ぎ「固食」「粉食」の解決に。忙しい朝ならば手軽にできると話題の「おにぎらず」で、栄養価の高い具材を挟んでみるのもいいですね。無理をせず、今できることから一つずつ、「こしょく」解決を始めてみませんか。



コメント

投稿数:2件 | 

コメント 2015-03-26 16:13:00 かおりん さん

編集削除

その日は仕事で行けませんでしたが、また機会がありましたら参加してみたいです。我が家も孤食です・・・

このコメントに意見を送る

コメント 2015-03-20 18:32:00 ままりん さん

編集削除

子どもの調子が悪くキャンセルしてしまい残念・・・行きたかったな~

このコメントに意見を送る

投稿数:2件 | 

PR