HOME教えて働くコミュニケーション

コミュニケーション

コミュニケーションとは、人と人の間で行う情報伝達です。単なる言葉のやりとりだけではなく、お互いに、相手の思いを理解したり、されたりしたいとの気持ちがあって、心が通じ合えてこそ、良いコミュニケーションといえます。

「コミュニケーション=話すこと」ではない!?

コミュニケーションの上手な人というと、会話上手な方を思い浮かべるかもしれませんが、実は、相手を判断するとき、非言語コミュニケーションによる印象が93%で、会話の内容などの言語コミュニケーションによる印象はなんと7%だそうです。
非言語コミュニケーションとは、しぐさ、表情、視線、容姿、身だしなみ、声のスピードや大きさ、トーンなどのこと。それだけコミュニケーションにおいて見た目は重要ということですね。
これらは無意識で行われていることが多いため、言葉だけでは表現できない気持ちや状況がそのまま表れるといいます。

見た目を使って、相手との距離を縮めよう!

心理的距離を縮めるためにはペーシングという技法が有効です。これは相手の表情や態度を真似するとことで親近感がうまれるというもの。人は自分と共通点があると、安心感を抱き、もっと話したいようになります。
ペーシングでもっとも重要なのは表情。相手がにこやかに話していたら、こちらも笑顔で、など、相手の表情を観察して真似してみましょう。話すテンションやテンポを合わせることも大事です。相手がコップを口に運んだら、自分も飲み物を飲んでみるというように、しぐさや態度を真似してみるのも手法のひとつです。

コミュニケーションの基本は「聴く」

誰かと会話をするとき「何を話そうかな」と考えることはあっても、「どんな態度で聴こうかな」と考えたことは少ないのではないでしょうか。
「聞く」は、耳に自然と音が入ってきている状態なのに比べ、「聴く」は、相手の話を丁寧に聴くというだけではなく、相手の言葉の奥に潜んでいる価値観や本質をとらえようとすること。是非「聴く」という気持ちでコミュニケーションをとってみてください。
相手の話を理解しようと心がけると、自然と聴く姿勢も良くなります。相手へも非言語コミュニケーションとして、聴こうという気持ちが伝わるでしょう。また、話の内容を伝え返すことで、話を理解していることが伝わり、相手からの信頼を得ることができます。

スムーズなコミュニケーションが行われると、お互いの気持ちを理解し合い、人間関係が上手くいきます。良好な人間関係の状態だと、自分の力も発揮しやすく、仕事の効率も上がります。
無意識で行っていることを変えるのは難しいかもしれませんが、意識的に行えば誰にでもすぐにできることです。毎日の積み重ねで、良好なコミュニケーションを作り上げていきましょう。


PR