HOMEママNavi ブログyamaのもっとお気楽にいこう!

yamaのもっとお気楽にいこう!

ぎっくり腰?!

こんにちは!yamaです。

 

素晴らしい、美しい演技でしたね。

金メダル第一号、羽生結弦選手。

img_2828.JPG

 

わたしが好きなSP『ショパンのバラード1番

これをふたたびオリンピックで見れるとは。

SEIMEI』もそうですが、元のプログラムにしていたことで

ケガで練習できなくても、イメージしやすい部分があったのかもしれません。

羽生選手は天才ですが、非常に賢い人ですよね。

スピードスケートで金メダルの小平奈緒選手も多国語を操りますし

スポーツも頭がよくないとだめなのか〜!と思わせられました。

イ・サンファ選手と抱き合うシーンは感動的でしたね。

 

ぎっくり腰になってしまった

さて、先週

階段を上っていて、ぎっくり腰になりました。

ホントにギクッとするんですね(;'∀')

 

sick_gikkurigoshi_woman.png

 

腰が痛くて。。。安静にもしていられないし

こりゃどうしようかと思いましたが。

とりあえず家にあった湿布をして少し良くなったのに

  

洗濯物のかごを持ち上げた時に、なんと

 
「またやった!!いたいぃぃ〜〜〜。」 
 
 
 

なぜ、ぎっくり腰になるのか

youtsu_woman.png

なんで?ぎっくり腰になるのかといいますと

ゝ泙壁蕾戮腰にかかる

∋続的な筋肉への負担

ということが主な原因のようで、重いものを持つのはもちろん

くしゃみなんかも原因になったりするようです。

 

予防はやっぱり運動やストレッチ

急な負荷を避ける、姿勢に気をつけるといったこと。

 

腰が痛いと、寝ていて起き上がるのも大変。

靴下も履けないし、またなったらどうしようと不安も。

そんな時に雪も降ったりして除雪しようにも

持ち上げる動作ができないし。

こうなってくると、家族の協力は必須ですね。

 

ぎっくり腰になったら

思いつくのは湿布(痛み止め入り)や痛み止めの内服。

コルセットを着用する

やっぱりこんなところでしょうか。

でも、背中だと湿布もうまく貼れないのも困りますね。

コルセットではないけれど、

お産の時に使った腹帯はあります。これは使えるかも。

あとは入浴。お風呂で腰を温めてみたりしました。

 

痛ければ安静にしていたほうがいいのかと思ったら

調べてみると、いまは動いた方がいいのですね。

 
『ぎっくり腰は動かして治す』こちら参照★ 
 

ということで・・・

通っているヨガに無理やり行きました。

痛いですよ、曲げるなんてできな・・・と思ったら

 yoga_sankaku.png
 

意外に加減して考えて、ムリしないでやると案外できる。

ということに気がつきました。

 

痛いところは本当に無理しないで、できるところだけ

そうしたら、少し良くなりました。

そうかーやっぱりストレッチは効くんですねぇ。

 

更年期と腰痛

更年期だから・・・ってことはあるのかしら

そうなんですよ

そうそう、更年期のチェック表にもありましたね 。

エストロゲンの減少で背骨や筋肉がおとろえて、さらに

血行が悪くなってそこから、腰痛や肩こりなんかにもつながるよう。

 

ぎっくり腰とはいかなくても腰痛を感じるようなら

骨のことも考えて食生活に気をつけたりしていくこともそうですし

日々、ちょっとずつでいいので運動して体を動かすことが

大切かなぁと思います。

 

日々、腰痛がひどくなったり

あまりにもつらい時には、

がまんしないで整形外科へいくことをおすすめします。

 
 
 
 
  【おしらせ】  イベント に参加します。
 o02000205141259362632.jpg
 
かくれ家さんのイベントに『更綾シリーズ』(←クリック) を出品いたします。

わたしも店頭に立ちます。

興味のある方はぜひいらしてくださいね。  

『如月2018』(詳しくはこちら★)

2月22〜25日 11〜16時

最終日 26日 11〜15時

札幌市中央区南2条西1丁目7−8 山口中央ビル5F アートスペース201

 

どうぞよろしくお願いします♡

 
 

©yama2018

 このブログの無断転載はお断りいたします。

わたしの身長が伸びた?!

こんにちは!yamaです。

 
 300px-pyeongchang_2018_winter_olympicssvg.png
 

平昌オリンピックがはじまりましたね。

時差が少ないので観戦しやすくていいですよね。

日本人選手が活躍してメダルを獲得する中で

見ていて思うのは、外国人選手の背の高さ。

体格の差って、各競技に少なからずとも影響するのではないのかなぁ

やっぱり背は高ければ高いほど有利なんじゃないのかな?

と思ってしまいます。

 
 

身長測ってますか?

子どもは思春期になると一気に身長が伸びてきます。

わたしも身長は低いほうでしたが、初経が中学生と遅かったのもあって

中学3年生の時に、前から2番目だったのが一気に伸びて8番めになりました。

全校朝会の時に、景色が違って見えて「おおおお〜!」と思った記憶が。

うちの子どもたちも、生まれた時から小さめで

あまり大きくないのもあって、身長は気になる様子。

でも身長って、朝と夜では違うんですよね。

そしてわたし。

子どもと一緒に測ったりする機会も多いのですが

「なんか最近身長が伸びている?!」

更年期になってそんなはずはないのですが。。。測り方ですね。

でも、どうやら縮んではいないようです。

kodomo_shinchou.png 
 
 

身長の日内変動

朝と夜は身長が違うのをご存知ですか?

背骨の間の椎間板というところは

椎体と椎体の間のクッションの役割になっていて

体重がかかると重みがかかって薄くなり

寝ている時は元に戻るというもの。

 

body_sebone.png

 

朝と夜では1〜1.5センチくらい変わってくるというデータもあるようです。

先日、宇宙ステーションにいた方が地球に戻ってきたら

身長が4〜5センチ伸びていた、というニュースを聞いたことがありますが

これはそれによるもの。宇宙空間は無重力状態なので。

でも地球に戻ると重力がかかるので残念ながら元に戻るようです。

子どもの身長は朝に測ったほうが若干高いはずです。

経時的に身長を見ていくなら、

毎回、同じ時間帯に測るようにするといいと思います。

 
 

更年期で身長を測る意義

更年期でも身長を測る意義はあります。

さすがに身長が伸びるということはなくなってくるので

更年期では、どれだけ縮んでいるかが骨粗しょう症の目安にもなります。

body_kotsu_sosyousyou.png 

身長は骨の健康のバロメータともいわれています。

骨がスカスカになって椎体という背骨が圧迫されたり

背中が曲がってきたりして身長が低くなったりします。

若いころと比べてどのくらい低くなっているかチェックすることも

骨粗しょう症の予防につながってきます。

2センチ低くなると要注意です。

骨粗しょう症の疑いが強くなってきます。

無自覚のうちに椎体が骨折していることもあるので

この身長にも気をつけてみていくといいと思います。

先ほどの測る時間帯にも気にしてみるといいですね。

 

骨粗しょう症になると、骨折しやすくなります。

北海道の冬のこの時期は、転倒の機会も多くなります。

骨折すると治りにくくなってくるので、本当に気をつけたいものですよね。

 
 

顔のたるみは骨密度の減少?

 biyou_tarumi.png

なんと顔のたるみも骨密度が関係しているかもしれないんですよ。

骨がもろいと老け顔になりやすいという・・・衝撃的ですよね。

頭蓋骨の骨量が減り、それが原因で

頭皮のたるみ、フェイスラインのたるみにつながり

しわが増えるというもの。

やせすぎや運動不足、栄養の不足(ダイエット)などは

骨の弱さを加速する因子になるようです。

なんかわたしも、若いころに比べたら目がくぼんできているように感じます。

 骨ってすごく大事なんですね!

ヤバいかな〜と思う人は少しずつ注意するといいかもですね。

骨を丈夫にするために、食事や運動はもちろん

骨密度を測ってくれる、といった健康イベントなどでは

ぜひ測ってもらうことをオススメします。

 
 

女性ホルモンが急激に少なくなってくる更年期のこの時期。

将来のからだのことを考えた行動が、

後々の老後の生活に大きくかかわってきます。

骨折すると治りにくいどころか、生活に影響し、

部位によっては寝たきりになるなんてことも考えられます。

いまは問題がなくても将来に向けて

健康上の問題がない状態で過ごせる健康寿命をのばすためにも

できることから気をつけていきたいですね。

 
 
 
 【おしらせ】  イベント に参加します。
o02000205141259362631.jpg 
 

かくれ家さんのイベントに『更綾シリーズ』(←クリック) を出品いたします。

わたしも店頭に立ちます。

興味のある方はぜひいらしてくださいね。  

『如月2018』(詳しくはこちら★)

2月22〜25日 11〜16時

最終日 26日 11〜15時

札幌市中央区南2条西1丁目7−8 山口中央ビル5F アートスペース201

 

どうぞよろしくお願いします♡

 
 
 
 

©yama2018

 このブログの無断転載はお断りいたします。

卒業文集と思い出

こんにちは!yamaです。

 

img_2601.JPG

 

第69回札幌雪まつり、2月5日から12日まで開催中ですね。

昨年はスターウォーズの大雪像があったので

連れて行って〜と子どもたちに頼まれましたが

今年はこれといって行きたいとも言ってこないです・・・。

わたし個人はつどーむ会場に行ってみたいのですが。

 

先日旭川の友人に会って

わたしの地元、旭川の冬まつりでは

ブルゾンちえみが来ると聞きました。

過去、小島よしおがあの全盛期に来て、ホントに氷点下の中

裸のパフォーマンスをした以来の人出になるのではと予想(笑。

 

さて、2月になりまして

うちの二男の小学校生活もあと残り1か月ちょっとになりました。

卒業に向けて文集やいろいろなことに取り組んでいるようで

毎日忙しそうです。スキー学習も終わったのであとはホントに

卒業に向かってまっしぐら。

自分にもそんなことがあったなぁと思いだします。

卒業文集に関する思い出バナシです。

よかったらお付き合いください。

 

わたしの小学校時代

わたしの小学校時代はあまり大きな学校じゃなくて

学校の先生の子どもが転校してきて、 学年もやっと2クラスになりました。

いまのように女性の先生はそれほど多くなく

ほとんどは男性の先生ばかり。

小学校5年のクラス替えで、初めて担任が女性の先生になりました。

 

あまり先生にほめられたことがそれまで記憶になかったのですが

字がきれいだね、家庭学習頑張ってるね、絵が上手だね。

弟思いなんだね、とにかく面と向かってみんなの前でほめてくれる。

直接、面と向かっては初めてだったので、

ちょっとびっくりした記憶があります。

 

その頃のわたしは、一人の友人とばかり

話ししたり、交換日記をしたり

『親友』といって、ずっと一緒にいようね、とか言っていました。

 

と、ある時そんなわたしが気になった先生は

「親友というのはこの先の人生で現れるもの、今じゃない。」

ときっぱり言いました。

 ・先生はなんで私たちを引き裂くことを言うのだろう

 ・先生なんてキライ

と、その時はずっと思っていました。

 

案の定、中学校ではその子とクラスが離れ離れになりました。

 
 

わたしの弟

わたしの弟は先日もちょっと触れましたが

重度身体障がい者です。

彼は、生まれて3か月頃に自分で布団をかぶってしまって

窒息しそうになっており、兄が発見した時にはすでに

顔が黒っぽくなっていましたが、幸い一命をとりとめました。

ただ、その時の脳への低酸素が原因で脳性麻痺になってしまいました。

6歳離れている弟は、可愛くて可愛くて、とにかく可愛がりました。

でもある時、なぜずっと赤ちゃんみたいなままなんだろうと

疑問に思うようになります。

 

母が弟と長期入院して家にいないことが長く続きました。

最初は総合病院にいましたが、そのうちに施設に長期入院していました。

なのでわたしの小学校の入学式も来られず、

代わりに祖母が来てくれたのを覚えています。

普通の子と違うんだ、と分かったのは、母が障がい者の集まりに

わたしをよく一緒に連れて行ってくれた頃からです。

似たような感じの子がたくさんいました。

 

わたしも出かけるのが好きだったので、

弟の病院や障がい者の集まりに、いつも喜んでついていきました。

 

そのうちに医療関係で

何か困っている人の助けになりたいと思うようになります。

 

小学校の卒業文集の将来の夢で、そんなことを書きました。

 
 

そして時は流れて

そして時は流れ、『親友』というのは、

小学校の時のあの子じゃなかったと気がつきます。

 

あんなに先生をキライと思っていたのに、先生の言うことは

やっぱり本当だった、と高校の頃によく思い出していました。

その頃には看護学校を目指して勉強をしており

兄が札幌の大学に行っているので、地元しか行かせられないということで

旭川の学校を受験します。

 

運よく第一志望の学校に合格しました。

そこは助産婦科が併設されていたので、看護婦科を3年通い

さらに受験して、1年助産婦科に通いました。

結局、自宅から4年間通ったことになります。

 
 

先生との再会

看護学校3年生の時の内科実習。

自分の担当の患者さんの情報収集でナースステーションにいる時に

知っている名前のカルテを見つけます。

 

先生でした。

 

6人部屋で放射線治療を行うために入院していました。

ビックリするかなぁと思いましたが、空き時間を見つけて

先生のところに行きました。

 

ものすごくビックリしていましたが

それから実習のあいだの2週間、毎日ちょっとだけ面会に行きました。

先生はとっても喜んで

「また来てくれたの?」

「いつもありがとう。」

と、つかの間の時間をお互い楽しんでいました。

「あなたは本当に夢を叶えたのね。」

と、先生はあの文集で書いたことを覚えているようでした。

 

実習最終日に、先生に手紙を渡しました。

わたしがいま頑張っていること、これからのこと

そしてあの時に先生が言っていた、親友はやっぱり違っていたこと。

そんなことを書いて渡し、最終日を終えました。

 

後日、先生から手紙が届きます。

つらい放射線治療の中、毎日あなたが来てくれたことだけが救いでした。」

「忙しい中、いつも足を運んでくれてありがとう。」

「あの時に言ってことを覚えていてくれて、そしてこうして手紙をくれたこと

 それを何よりもうれしく思います。」

「わたしも残りの治療頑張ります、○○ちゃんも頑張ってください。 」

 

そんなことが書いてありました。

 

その数か月後、新聞の広告欄で先生が亡くなったことを知ります。

 
 
 

でも人の巡りあわせって、不思議。

偶然じゃなくて必然。

すごいなぁと感じます。

あの頃先生に会えたこと、そして話ができたこと

運命だったのかなぁと思ってしまいます。

 

なにか困っていたり悩んでいたり

そんな誰かの、人のために尽くしたい

残念ながら仕事から離れてしまったのも、家族のためでした。

 

現場を離れてしまった今も強く思っていることです。

カタチは違っても、なにか自分が人のために働くことができたら

そんな思いは弟から、そして両親から自然に教えられた気がしています。

今後もゆっくりペースですが

徐々に活動していきますのでどうぞよろしくお願いします。

 
 
 
【おしらせ】  
イベント に参加します。
o0200020514125936263.jpg
 
かくれ家さんのイベントに『更綾シリーズ』(←クリック) を出品いたします。
わたしも店頭に立ちます。 
興味のある方はぜひいらしてくださいね。
 『如月2018』(詳しくはこちら★)
2月22〜25日 11〜16時
最終日 26日 11〜15時
札幌市中央区南2条西1丁目7−8
山口中央ビル5F アートスペース201
 
どうぞよろしくお願いします♡ 
 
 
 

©yama2018

 このブログの無断転載はお断りいたします。

子どものおこづかい、どうしていますか

こんにちは!yamaです。

img_2600.JPG

 

早いものでもう1月も終わり。

今年も1か月が過ぎようとしています。

実家に帰省し、うちの子どもたちもたくさんお年玉をもらいました。

年齢が上がると、お年玉の金額も上がります。

さて、お年玉。

子どもに全部あげていますか?それとも一部ですか?

お金の管理は誰がしていますか?

 

子どものおこづかいは、いつからどのくらい

おこづかいを子どもに管理させることは

お金の勉強を子どもにさせることになるので

とってもよいことだと思います。

 

そのおこづかい。

いつくらいから?ということも悩みどころかと思います。

わたし自身は高校生になってからおこづかいをもらっていました。

 

金融広報中央委員会

『子どものくらしとお金に関する調査』2015年 によりますと

おこづかいは小学生では7割、中学生では8割の子がもらっており

お年玉は、小学生は貯金する、中学生はおこづかいの足りない分にあてる。

おこづかい帳をつけていない子どもは7〜8割になるが

つけている子は貯蓄する傾向にある

 

金額については

小学生 約500〜1000円

中学生 約2000円

高校生 約5000円

 

といったおもしろい結果がのっています。(⇒★くわしくはこちら

 
 

わが家の場合

おこづかいは、とくにあげていません。

 

前におこづかいを渡して、おこづかい帳をつけたことや

お年玉は一部貯金して、あとの残りを渡したり

本人たちでお金を管理してもらったりしたことはありました。

 

でも子どもはお金を手にしたら、とにかく使ってしまいたくなるようで

手元に残しておかず、欲しいものを買いたがる傾向にあります。

1_17.png

 

必要な文房具などは、結局親のほうで出したりするので

使い道がどうしても、お菓子や細かな欲しいものになり

そのうちに結局、

,こづかいは、いまは必要がない

⇒造っていて欲しい

I要な時にはお年玉の残りからもらいたい

 

というようになり、お年玉でそれぞれ買いたいものは買いましたが

結局私の手元で預かっています。

 

高校生になったら、細かなお金も必要になると思うのですが

中学生のうちは、とりあえずこのままでいこうかと考えています。

 
 

お金に対する意識

もっているお金をすべて使うのではなく

必要な時にも使えるように取っておくことも大切であること

実際にうちの家計でもそうしていること

ものを買う時には、欲しいというだけじゃなくて

よく考えて買うことなどを伝えるようにしています。

 

わたしも夫も、モノを買う時にはできるだけ現金。

カードで買う時にも、必ず一括払いにします。

そうしないと、いつまでも借金が続いてしまう。

それがなんとなくイヤなんですね。

価値観は人によって違うので、それぞれですから。。。

 

でも、そのためにはお金を貯めておくことが大切です。

たぶんこれは、わたしたちもお金の価値観を

親から知らないうちに教わっていたのかなと思います。

 
 

欲しいものがすぐに手に入る環境

いまの子は欲しいものがあると、うちの子もそうですが

おじいちゃんおばあちゃんから買ってもらえたり、

誕生日やクリスマスにもプレゼントをもらえるという

自分が子どものときから考えたら

とてもうらやましい環境にあるなぁと感じます。

 

欲しいものをすぐに与える傾向なのか

子どもが遊んでいるものを見ると

ゲーム機であったり、カードゲームだったり、コマ遊びだったり

遊びの内容が本当によく変わります。

つい先日まで遊んでいたものが、すぐに遊ばなくなったりします。

 
『みんなもっている。』

これがまた魔法の言葉。なかなか親を困らせます。

みんな、といっても2〜3人だったりしても

そういえば買ってもらえたりする。

 
 残念、うちでは通用しません(笑。
 

以前はお手伝いに値段をつけていたこともありますが

いまは、「働かざるもの食うべからず。」

お手伝いをするのは、当然のことだと位置づけています。

なので喜んではやらないですね。

 

買ってあげるお金がなかったわけではないのですが

小さい頃もおもちゃが欲しいと言われてもガマンさせました。

空き箱でいずれも作ったものですが。

誕生日がやっと来てから買ったものと比べた写真がこちら(笑

p1060106.JPG
 
20796563_1755851986_72large.jpg 
 

まだとってあるといいます。思い出なんですって!

こんなんでよくガマンしてたなぁ(笑

でも、がまんって大事!

簡単に欲しいものは手に入らないことを知ることはとっても大切です。

 
 

金銭感覚の勉強

 

これから電子マネーや仮想通貨など

お金のあり方がどんどん多様化してくるかと思います。

金銭感覚を養っていくためにも、お金に関する勉強はとっても大事ですね。

ゲームでも課金すると強くなったり、考えて使わなければ

あっという間にお金はなくなってしまいます。

 

わたしも家計簿をずっとつけていますが

友人から教えてもらって、携帯で家計簿管理するようになりました。

以前より紙の節約にもなり、レシートを必要以上にとっておかなくてもいいし

とっても便利ですが、携帯をなくしてしまったら大変〜(笑

 

わたしが使っているのはこちら になります。

 1.png

 
 

子どもの金銭感覚は親の影響を受けるともいわれています。

いまは小学校の高学年の家庭科の授業でも

お金の使い方について少し勉強する機会もあります。

 

子どもが将来困らないように、家庭で話をする機会を増やしたり

おこづかい帳をつけたり。

ときには困ったり失敗も大事なので、

やっぱり限られた中で管理させるのは必要かなぁと思います。

思考の整理にもつながりますね。

 

試行錯誤しながら

よりよい金銭感覚を育てていきたいですね。

 
 
 
 

参考・引用:

暮らしに役立つ身近なお金の知恵・知識情報サイト「知るぽると」

 
 

©yama2018

 このブログの無断転載はお断りいたします。

小室哲哉引退から介護について考える

こんにちは!yamaです。

 

稀勢の里が引退というニュースかと思ったら

不倫謝罪会見のはずの、あの一世を風靡した小室哲哉が

引退というニュースを聞き、驚いた一人です。

 img_2724.JPG
 
 

わたし自身、介護ということに関しては

介護福祉士を目指す方の実務者研修という学習の中で

医療的ケアの一部を教えている立場であると同時に

実家の父母が重度身体障害を持つ弟の介護をしているという

まったく縁がない話ではないわけです。

 

いろんな意見はあるかとは思いますが

わたしなりの考えをちょっとだけ述べさせていただきます。

 
 
 

高次脳機能障害をご存知ですか?

多くの原因は交通事故で頭を強く打ってしまったり

脳内出血たとえばKEIKOさんのようにくも膜下出血など

脳の損傷によっておこるものです。

どんな症状が現れるのかというと

・記憶障害・・・新しいこと・昔のことを思い出せない


・注意障害・・・物事に集中できず、ぼーっとしている


・遂行機能障害・・・生活・仕事をするうえで情報を整理・実行ができない


・社会的行動障害・・・感情や行動をおさえることができない


・その他・・・失語症・失認症・失行症など

といったことが脳の損傷部位によって起こってくるため、

以前とは性格が変わった

なんかヘン、そういった感じで気がつくことが多いようです。

わたしも調べていて、どんな感じなんだろうと思いましたが

動画を見てこれは家族も大変だなと思いました。

 

高次脳機能障害がよくわかる動画はこちら⇒★

 
 

KEIKOさんの場合を考えてみる

KEIKOさんの現在の状況ですが、

会見を聞いて思ったよりもひどいんだなぁと感じました。

抜粋してみますと

―性から女の子のようになってしまった

音楽に興味がなくなってしまった

小学4年生の漢字ドリルを楽しいといってやっている

ど當未硫駭辰里笋蠅箸蠅できなく間が持たない

ゲ薪戮眛韻厳り返しなどで疲れてきてしまった

※これらのことから、高次脳機能障害の中でも記憶障害や

遂行機能障害などがうかがわれると思います。

 

同じく、若くしてくも膜下出血を起こした星野源さん

現在は何も障害もなく過ごしているようです。

部位や程度によっても全く異なってくるようですが

おそらく再発予防で、

薬などはたくさん飲んでいるのではないかと思います。

忙しい生活なので、きちんと休んで欲しいなぁとか

いろいろ思ってしまいます。

 
 
 

家族にかかる負担

周りはいろいろ言っています。

・不倫をする言い訳にはならない

・引退することと今回のことは関係ないのではないか

・逃げているだけ

確かにそうかも。

でもこれは、当事者じゃないから言えるんだなぁと思います。

KEIKOさんの詳しい状況まで必要なかった、というコメンテーターも。

でも、説明があったからこそ大変さがわかるというもの。

同じグループの仲間として妻として、世間にきちんと説明をすることが

小室哲哉なりの真摯な態度だったのでは、と思ってしまいます。

 

小室さん自身に起こった、

C型肝炎、ストレスによる摂食障害、耳鳴り、睡眠障害。

共感してくれる人がいない中、自分の病気を克服しなければならないつらさ。

男性としての機能がないとまで言わしめて

引退は覚悟していたことで、今回の件が背中を押す後押しになったとはいえ

相当追い込まれている状況が伺えます。

 

有名人であるがゆえ

KEIKOさんの状況はできれば隠しておきたいでしょうし

頼れる方もそうなると少なくなってくる。

まだ、子どもがいたら気もまぎれたのかもしれません。

夫婦お互い二人っきりでのこの状況は、きつかったのではないでしょうか。

 

もしかしてだからこそ、看護師の女性に頼ってしまったのではないか。

そう思ってしまいます。

 
 

介護について考える

女の子のようになってしまったKEIKOさんへの愛は深まっている。

娘のように思っているのでしょうね。

自分がいなくなったらどうなるんだろう

このままいつまでこのような状況が続くんだろう。

きっと出口が見えなくなったんだろうなぁと推測できます。

 

介護は一人だけではムリです。

かといって、以前の本人と違う状態を

人に知られるのも戸惑いがあるかと思います。

私の両親のように、夫婦で協力して子どもを介護する

という状況とはわけが違うと思います。

そして、今の高齢化社会では老々介護といった

俳優の長門裕之さんが南田洋子さんを介護していた事例もありました。

介護には、親をみるだけではなくいろんな形があるかと思います。

 

自分で手に負えなくなったら

施設に頼ればいい、と思っていても

いまは介護に関わる人手が圧倒的に足りない現状があります。

これから高齢化社会が進むことによって

ますます不足してくるものと思われます。

お金の問題も重なってくるでしょうから、そうなってしまうと

やはり自分が、ということになるかも知れません。

 

一般人でもなかなか、いろいろ相談しにくかったり

一人で抱え込んでしまったりという中で

有名人になると、私たちにはわからない大変さがあるのかもですね。

 

けっして不倫を認めているわけではありません。

でも、男性としての機能のことまで話す方が

男女の関係があったとはとうてい考えにくいですし

誰かにわかってもらいたい、聞いてもらいたいという感情は

自身も病んでいたとしたら、持って当たり前の感情なのではないだろうか。

関わってくれていた看護師に依存的になってしまった

看護師は技術的なものだけじゃなく、

相手の話に傾聴するのも大事な仕事、役割ですから。。。

 

『最後に自分ひとりの力ではどうなることでもないとは思う』

と社会に向けて、あるいは介護についての発言に関しては、

小室哲哉の心からの叫びだった気がしてならないのです。

そして、職業ともいえる音楽ということまで手放してしまう。

そこまで追い込んでしまうことで、

介護には集中できるのかもしれないですが

彼自身、心の拠りどころまでもなくなってしまいそうで心配でなりません。

 
 

家族が健康でいられるように

健康診断を受けること、食べ物に気をつけること

持病があるならきちんと通院してコントロールすること

自分でできることや予防できることはしていかなければなりませんね。

自分や家族にも同じようなことが起こるかも知れない。

 

そう、介護はひとごとじゃないのです。

 
 
 

©yama2018

 このブログの無断転載はお断りいたします。

『ときめく』って大事!

こんにちは!yamaです。

 
 img_2725.JPG
 

子どもの冬休みが終わったり、残り少なかったりの今日このごろ。

自分の体調も何とか戻りましたが、

まだなにやら自分のペースが保てずにいます。

 
 

さて今回は

いつも不思議に思っていたこと。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

韓流スターや演歌の方、はたまたフィギュアスケートの羽生くん

などなどを追いかけるおばさま方が

なぜ、あんなに生き生きとしキラキラ輝いているのか

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

について

 
 

ときめくことは、どういう効果があるのでしょうか。

 heart_inuku_woman.png
 

脳の中では『ドーパミン』『セロトニン』が分泌されます。

これらは、脳内ではたらくもので

ドーパミンが分泌されると、やる気が出て意欲的になったりします

気持ちが高揚したり、

ドキドキするといったこともドーパミンの作用だったりします。

 

セロトニンは、気持ちを安定させる効果があります

質のよい睡眠にもつながります。

幸福感を得るホルモンとも言われているようです。

セロトニンの低下はうつになったり、精神症状をおこすこともあり

その背景には、女性ホルモンの低下があるなど

更年期障害ともかかわりがあるといわれています。

 

ときめくことは、これら脳内物質が活性化することにつながります。

 

女性が一生のうちに分泌される女性ホルモンの量は

だいたい一定に決まっていて、ティースプーン1杯くらいであると

佐藤みはる先生のウィメンズヘルスアドバイザーの講義で聴きました。

増えるということはありませんが

ストレスなどが原因で、うまく分泌されていない状態を回復する

といったことはできます。

 

閉経した後も微量ですが副腎で女性ホルモンが作られています。

 

ときめいたりすることで、脳内物質が出て活性化し

より元気なからだの状態を作るということにつながってきます。

卵巣の機能が落ちたとしても、

残っている機能を活性化させるのであれば

なにかにときめいていられたらいいですよね。

心が健康であることは何より大事です

 
 

もしも、自分の母親や親戚のおばさま方、お友達などが

そういうものに夢中になったりしているということは

心がとっても安定しているんだなぁと、安心していいのかもですね。

 
kataomoi_woman.png 
 

みなさまも、何かにときめいたりするということは

からだにはいい影響を与えるので

テレビを録画したり、雑誌を買ったりしてみたり

適度に癒されてみるといいと思います。

こういう方は更年障害が少ないといったことも言われているようです。

 
 

ただし、子どもや夫に一歩引かれないように

  適度に(笑
 
 

アイドルでもステキな演歌歌手でも俳優さんでも

なんでもアリだと思います。

idol_fan_women.png

 

ちなみにわたしも!、ときめくものありますよ〜。

(フィギュアスケートおたくなので羽生結弦くんとか)

img_1427.JPG

※こんなファイルを集めていたりする(汗

 

自分をときめかせてくれるものに出会って、

女性ホルモンをぜひ活発にして、いつまでも若々しく美しく

ありたいですね。

 
 
 

©yama2018

 このブログの無断転載はお断りいたします。

 
 
 
 

戌年にちなんで

今年もよろしくお願いします、yamaです。

 
img_2698.JPG 
 

皆さまはどのような年末年始を迎えられたでしょうか。

 

わが家は長男が年末に体調をくずし

39度台の熱が5日間続くという風邪に見舞われましたが

なんとか帰省することができました。

そして自宅に戻ったあとで

夫以外の3人が、向こうで食べたなにかにあたってしまい

急性胃腸炎になってしまうという事態に。

なかなか終わりも出だしも大変な年末年始でした。

 
 
※以前飼っていた犬

さて気を取り直して、戌年にちなみまして・・・

わたしは助産師ですが、実は人間のほかに

イヌのお産にも遭遇したことがあります。

 

叔母の家で妊娠中のハスキーが産気づいて

「あんた助産師だし来なさい。」

ということで呼ばれまして

メス犬の腰を陣痛が来るたびにさすっていた経験が。

やっぱり、犬にとっても少し楽だったようでしたよ。

 

その後、念願だった犬を飼うということになるのですが

そこで生まれた犬を一匹もらうことになりました。

189710_101596893257080_4897231_n.jpg

 

茶色のイヌから生まれた私の夢

黒い犬なのに『茶夢』と名付けられたその犬は

家族に愛されて育ち、12歳の時にガンで虹の橋を渡ってしまいました。

  

わたしが就職して一番大変だったころに現われて

本当に心を癒してくれました。

彼がいなかったら、私はもっと精神的に大変な状況に

追い込まれていたかもしれません。

ちょうど長男が生まれた次の年に

自分の役割を終えたかのように、この世を去っていきました。

いまは実家の庭に静かに眠っています。

いつもきっと家族のことを見守ってくれているのでしょうね。

 
 
 
※更年期とペット

今ではハスキーの姿をほとんど見ることはなくなってしまいました。

ただ、昨年頃から

ぬいぐるみでハスキーの姿をちらほら見かけ

その愛らしい姿を思い出して、つい買ってしまうわたし。

癒されます。

img_2524.JPG 
 

ペットには癒しの効果があるのはご存知かと思いますが

更年期にももちろん、この癒し効果は絶大なものになってきます。

ストレスが少しでも減るということは、精神的に影響も大きいですが

気持ちが安定することで、女性ホルモンも安定することにつながります。

イヌは特に散歩を必要としますから

一緒に歩くことは健康にも役立ちますね。

 

ただ、アレルギーや住んでいる家の関係などから

ペットを飼いたいけど無理、という方もいらっしゃるかと思います。

ペット以外の他のことで、癒しを見つければ大丈夫です。

 
 
 
※『戌』の意味  

今年は戌年。

むかし、一緒に住んでいた祖父が言っていましたが

『戌年には不作がない』

といわれるほど、農業関係者にとって実りのある年なんだそうです。

 

『戌』という字には、

作物を刈り取りひとまとめにし収穫する意味もあるようで

目標達成などにはいい年なのかもしれないですね。

犬はお産が軽いことから、安産の象徴でもありますし

出産を控えていらっしゃる方にとってもいい年なのかも。

そんな今年は戌年。

皆さまは新年、どんな目標をたてられましたか?

 
 
 
※今年の目標はまだ、という方も大丈夫

わたしは今年は

  1. ・ウィメンズヘルスアドバイザーの上級資格を取ること

  2. ・親の家の片付けに関する学習を深めること
  3. ・なにか更年期に関する活動をすること

まだまだありますが、そんなふうに目標をたててみました。

何か決めていらっしゃる方も、まだこれからという方も

目標を立てた時には

なにかに書いたりして明示しておくと実現しやすくなってきます。

 

まだ何も決めていないという方。

スピリチュアル的には、たとえ元旦を逃したとしても

運気が変わると言われている「節分」「立春」に間に合えば

いいという話も聞きます!

 

わたしも、それまでにはもう少し具体化してみたいなぁ

と考えたりしています。

dog_siberian_husky.png 
 

皆さまにとっても、よい一年でありますように。 

どうぞ今年もよろしくお願い致します。

 
 

©yama2018

 このブログの無断転載はお断りいたします。

更年期こぼれ話(総集編)

こんにちは!yamaです。

 
 

今年最終のブログとなります。

6月より、ブログを担当することになりまして

週1回、何とか頑張って書くことができました。

ありがとうございました。

img_2599.JPG

 

さて今日は、先日の更綾会でも少し話題になりました

うちの子どもたちとのかかわりの中で

更年期にからんだお話を。

もうひとつのブログのほうで書いたことがあるので

知ってる方もいるのですが

 

これがまた、ビミョーに好評なので

今年の〆としてお送りします。

 
 
※1.更年期は女性ホルモンが減るということを話した時
 
img_1154.JPG
 

ウィメンズヘルスアドバイザー受講後

こんなお話を聴いてきたんだよと話していたある日の夕食。

長男の、私に寄り添うような発言のあとで

ちょっと天然の二男が私に投げかけた言葉。

・・・。

 

おかあさん、ち〇こは生えませんから。

 
 
 
※2.佐藤先生にいただいた布ナプキンを愛用していた時
 
img_1153.JPG 

二男と洗濯物をたたんでいた時のこと。

あるものだけがない、

あれっなんで?と探していたものが・・・

 

二男よ。

そ、それは。。。防具ではない(花柄だし)

(細いから、腕にピタッとはまるのよね)

 
 
 
おまけ※男子にはどうしてお祝いがないんだ?と言われた時
 
img_1155.JPG
 

そうねそうね。

 

女の子に初経のお祝いがあるのなら

男の子だって、そういうお祝いあってもいいわよね。

わたし自身はお祝いしてもらった記憶はないのだけれど。

っていうかきっと・・・

長男は大好きな赤飯を食べたいだけかな、とビミョーに思う母。

フツーは報告すら、イヤがるものかと。

ま、性に関してオープンなのも、時にはいいか。

ありがとう、小学校の性教育よ(;'∀')

 

そして本当に約2年後に、お赤飯を炊いたワタクシ。

 
 
 

明るい子どもたちに囲まれて、

今日もわたしは、元気に更年期を過ごしております。

 

みなさまも。

家族の協力を得て、明るく楽しく

更年期を過ごしましょう!

 

ではでは、また来年もどうぞよろしくお願いします。

よいお年をお迎えください。

 
 
 
1月9日から、ブログ再開します。
よろしくお願いします。 
 
 

©yama2017

 このブログの無断転載はお断りいたします。

クリスマスカードの思い出

こんにちは、yamaです。

 
 

すごい雪が積もり、一日に何回も雪かきで汗だくになるので

更綾キャミソールで 『汗取り大作戦』

なかなかいい感じで、こんな使い道もあったのねと一人で感動です。

 

さて今回は

クリスマスを控えたこの時期、必ず思い出してしまう

そんなエピソードをちょっとだけ。

 
thumbnail_christmas_ornament.jpg 
 
 
 
※一通のハガキ 

昨年のハナシになりますが、一通の喪中はがきが届きました。

 

それには、ひとこと付けくわえてあって

『母が生前お世話になりました。』

と書かれていました。

どなただろう・・・

亡くなった方の名前を見て愕然としました。

 

高校の時の同級生だったのです。

 
 
※彼女とのつながり

彼女は高校2年の時に札幌から転校してきました。

同じクラスになることはなかったのですが

共通の友人を介して仲よくなりました。

話し方が独特で

人と群れるのはそれほどあまり得意じゃない彼女。

おもしろいことを言ってはゲラゲラ笑いあう

友人と3人で、よく休み時間なども話していました。

 

高校を卒業してからは、

札幌に戻った彼女と札幌駅で待ち合わせたこともありました。

その後お互いに結婚。

高校時代に『筆不精だし、字も下手だから手紙とかムリ』

と友人同士の間で、毎日手紙交換が流行っていたのにも乗らなかった彼女は

年賀状だけは、きちんとどこにいても送ってきてくれていました。

 
 

hagaki_taba.png

 

先に彼女に子どもが生まれ、写真付きの年賀状をいただくようになりました。

 

お互いの子どもを会わせたこともありました。

うちの上の子が1歳に満たない頃で、彼女の娘さんは3歳上の4歳頃。

引っ越し先の山口からちょうど帰省してるので会いに来た!

と、わざわざ旭川のわが家に来てくれました。

 

でも、これが実際の彼女に会う最後となってしまいました。

 

img_2530.JPG

 
 
※クリスマスカードのおねえちゃん
christmas_card04.jpg 
 

そのうち、クリスマスカードが届くようになりました。

字が書けるようになった娘さんに

うちの子どもたちに向けてメッセージと絵を描かせて

毎年毎年、娘さんが中学に上がる頃まで

ずっとクリスマスカードのやりとりをしていました。

うちの子どもたちは、彼女の娘さんのことを

『クリスマスカードのおねえちゃん』と呼んでいました。

おねえちゃんへ、と二人でメッセージを喜んで書いていたものです。

 

さすがに中学生になったらもう来ないよね。。。

と思い、数年。

 

彼女の娘さんからの突然のハガキに、どうしたらいいかわからなくなります。

 
 
※そして、再び彼女を思い出す

とりあえず、娘さんに向けてハガキをくれたお礼と

わたしの連絡先を書いた手紙を同封し、お線香を送ることにしました。

 

すると数日後

娘さんからわが家に電話が。

わざわざわたしにお線香のお礼と、おかあさんのことを教えてくれるために

電話をくれたのでした。

まだ高校生で若いですが、

とてもつらい経験をされていることもあってか、しっかりしていて

おかあさんに大切に大事に育てられてきたことがよくわかりました。

そう、彼女とわたしが出会ったのは、

ちょうど今の娘さんの年齢ころ・・・

 

彼女はもともと持病があったようでした。

 

わたしが元助産師・看護師として働いていたということもあって

わりとおかあさんの身体のことを詳しく話してくれました。

毎年、年賀状が来ていたのに来なかった。

どうしてその時に気がつかなかったんだろう。。。

でも、その時にはすでに意識がなく

書けない状況だったということでした。

娘さんはクリスマスカードのやり取りのことも覚えていました。

そして、うちには特別に書いていてくれたこともわかりました。

 

娘さんに

「またクリスマスカード書いてもいいかな。おかあさんとの思い出なんだ。」

と聞いたら

「もちろんです!私も書きますね。」

と、こころよく受け入れてくれました。

二人でおかあさんを毎年思い出そうね、そんな約束ができました。

 

そして子どもとカードを選び

3人のメッセージを添えて、彼女と彼女の娘さんへ

今年もクリスマスカードを送ります。

img_2586.JPG

 
 メリークリスマス! 
 

娘さんの心に、たくさんのプレゼントが届きますように。

そして彼女にも。

まだつながってるって、すごいね。

こんな機会を作ってくれて本当にありがとう。

 
 

あなたも誰かに、カードを送ったりしていますか?

便利な世の中になったので

LINEやメールで、という方も多いかもですね。

アナログ人間って言われるかもしれないけれど

やっぱり、カードをもらったりのやりとりはとても嬉しい♡

 
 

友人とのつながり、大切にしていきたいですね。

 
 
 
年末年始は、ブログをお休みします。
12月26日と1月2日はお休みさせていただきます。
よろしくお願いします。  
 

©yama2017

 このブログの無断転載はお断りいたします。

 
 

単身赴任の夫の食生活

こんにちは、yamaです。

 

img_2532.JPG

 

一度とけた雪が、どっかりと降った今朝。

軽い雪でしたが、雪かきで汗だくになりました。

12月になって、はや5日が経過。

大掃除など、少しずつ今から進めていけるといいですね。

 
 
 

さて、今回。

ちょっと、わが家で最近話題になった食生活。

やっぱりインスタントものはダメじゃない?という経験をしましたので

食生活の大切さについてお話ししたいと思います。

夫が家で同居していらっしゃる方にとっては、

あまり心配ないことかもしれません。

 
 
【わが家の夫は単身赴任5年目】
cooking_microwave_reitou.png

わが家のように単身赴任である方、案外多いのではないでしょうか。

子どもが大きくなって夫が転勤となると転校しなければならない

ということがのしかかってきます。

一緒に行くか、残るかの選択肢になると思いますが

これには子どもの年齢が大きく左右するかと思います。

わが家も子どもが小さいうちは一緒に転勤について行きましたが

高学年になってくると、やはり転校は大変ではないかということで

夫が単身赴任の道を選びました。

幸いにして道内の転勤でしたので、週末には帰ってきています。

頻繁に帰ってきているので、食生活はわりと安心していました。

ただここに、大きな落とし穴があったのです。

 
 
【突然の身体の不調の訴え】 

単身赴任の生活ですが、洗濯機と炊飯器は持っておりません。

ほぼ毎週帰ってきていますので

毎週、ものすごい量の洗濯と格闘しております(笑

単身赴任は、電気や水道などの公共料金はすべてダブルで重なってきますので

抑えるためには、やはりここの食費に関しては重要かと思います。

日頃の食事では、夫の分もふくめて多めに作ったり、余ったりしたものは

すぐにタッパーに入れて冷凍保存しておきます。

むこうでは炊飯器がないので、ご飯も余ったら、すぐに小分けにし冷凍です。

昼ご飯に関しては、職場でお弁当業者が出入りしているので

契約して毎日それを食べているというので、安心しておりました。

sick_memai.png 

「最近なんかめまいがするんだよね。」

と、打ち明けられたのがつい1ヶ月くらい前。

ちょうど職場の健康診断の時にバリウム検査の器械で

ぐるぐると回ったあたりから調子が悪いと。

寝ていて起きる時にめまいがする。

でもその時だけですぐに落ち着く。なんだろう、と。

最初は、検査のせいだろうと思ったけど落ち着かないし。

  なんだ??

検査のせいで、 良性発作性頭位めまい?(耳石が移動することで起こる)

貧血?(以前、10年ほど前になったことがある)

牛乳の飲みすぎ?(牛乳を水の代わりのようによく飲む)

本人は病院に行くほどではないと話すけれど、長距離運転するから心配。

でも運転中は起こらないと本人。

原因はなんだろうか・・・

夫といろいろ話をすることに。

 
 
 【実際の食生活はどうなっていたか】
 

「今年から弁当業者が来なくなり、昼はカップめんや菓子パンを食べてる。」

と、衝撃発言。

 

 

cup_noodle.pngfood_pan_kashipan.png

 

あれほど、体にいいもの悪いものの食べ物のことをわたしに教えてくれたり

マーガリンがよくないとか、食べ物にけっこううるさい人の発言と思えず。

カップめんも菓子パンも添加物多い食べ物じゃないかぁ〜〜( ノД`)

菓子パンはショートニングが入ってないものにしたというけど・・・

それだけじゃないですものね。

カップめんも身体によくないのは明らか。

依存性もありますしね。

添加物も良くないのですが、何より塩分のとりすぎになってしまう。

あとはビタミンやミネラルは不足してしまいます。

 

便利なものなので、手軽に食べられるのはいいのですが

食べるとしても、週1回くらいにとどめるべきかなぁと思います。

うちの子もインスタントは好きです。

どうしてもお留守番をお願いするときには、食べることもありますが

1ヶ月にあるかないかくらいの頻度なので、

買い置きもしていず、たまぁに食べる程度。

とにかく食生活を見直そう!

できることからはじめてみよう。

貧血かもしれないので、鉄分を補うサプリも試してみよう、となりました。

 
 

それからというもの。

obentou_almi_cup.pngobentou_karaage.png

お弁当を作って数日分冷凍してみたり、小分けに分けられるものは

カップに入れて、そのままタッパーに入れて冷凍。

ご飯を詰め、レンジでチンするだけ

帰りにはおにぎりをたくさん持たせる

onigiri_wakame.png

などという状況を作ってみました。

 

本人いわく、カップめんゼロ生活。

 

ちょうどその頃、健康診断の結果も出てきましたが

検査データも貧血などの問題はなく、血圧が若干高めという結果に。

でも、やっぱり身体が教えてくれたんですね〜。

おかげさまで、体調は食生活の見直しですっかりよくなりました。

ひと安心です。

 

食生活は健康にやはり直結します。

とくに、わが家のように夫が単身赴任の方

一緒に住んでいてもお弁当はいらない、とお昼何か買って食べている方

何を食べているのか

いま一度食生活について振り返ってみるのもいいかもしれませんよ。

これから年末年始、遠方の単身赴任の方は一緒に生活するいい機会。

ちょっとそんなハナシもしてみるといいかもですね。

 
 
【多少面倒でもやっぱり手作り】

 cooking_itameru_woman.png

わたしはそれほど料理上手ではありませんが

やはり、手作りの食事は栄養面だけではなく

添加物の心配もほとんどなく、味も自分で工夫できるという利点があります。

わたし自身の味付けが薄いので

学校の給食がしょっぱく感じる、

もうちょっと味を濃くして、というリクエストはありますが

小さい頃から薄味に慣れさせる、

あるいは日本食独特のうま味を味あわせる

これはやはり重要なことだと思います。

 

ちょっとだけ手をかけて。

忙しい時でも、なるべく手作りのものを食べること。

これは家族の健康につながることを改めて感じました。

なるべく添加物や塩分の少ない生活を心がけたいですね。

 
img_2428.JPG 
 
 
年末年始は、ブログをお休みします。
12月26日と1月2日はお休みさせていただきます。
よろしくお願いします。 
 

©yama2017

 このブログの無断転載はお断りいたします。

 
 
 

PR