HOMEママNavi ブログChild and the City

Child and the City

【ショッピング】キッズパーティーデコレーション

先日、息子のお誕生会を行いました。
早いものでもう6歳です。
不器用ながらもお部屋を飾り付けて息子の誕生を祝いました。

img_5150.JPG

この時に使ったデコレーションアイテム、実はほぼ100均で仕入れたもの。
真ん中の「HAPPY BIRTHDAY」ガーランドは定番で、どこの100均でもよく見るアイテムですが水色の鳩のは、なかなかレアなのではないでしょうか。
Seriaで購入したもので、白もありました。
フラッグガーランドは3coins。
「6th」は色画用紙をフリースタイルでちょきちょき。

ちなみに、これは数年前のお誕生会の様子。
img_7446.JPG
基本は同じ、使い回しです笑
水色のポンポン、落ちかかってるし。
大きなポンポンはDAISOで購入、小さいのは100均で購入したお花紙で自作しました。

お友達を呼んでハロウィンパーティーをした時はこんな感じでした。
fullsizerender.jpg
ジャック・オー・ランタンのちょうちんもフラッグガーランドも100均です。
「HAPPY HALLOWEEN」の文字やコウモリ、ジャック・オー・ランタンはお友達が画用紙で作ってくれました!
天井の隅にある蜘蛛の巣は、これまた100均で購入したフワフワした毛糸で作りました。
3本の糸を交差させて張り、そこに順に糸を結んでいくだけなので、不器用な私でも簡単に作れて、子供ウケ良かったです。

100均のアイテムだけで、子どもが「わあーー!!」と顔を輝かせてくれるなんて、その笑顔プライスレス!!(古い)
次のイベントは何にしようかなと楽しみです♪

【おでかけスポット】札幌市下水道科学館

世の中のお父さん、お母さん、ゴールデンウィークお疲れ様でした。
あちこちにお出かけされて、思いっきり体力もお財布の中身も使い果たされた方も多いのではないでしょうか。
それでもやってくるのは週末。
のんびり過ごしたい父母の思いとはうらはらに、元気いっぱいキッズを、どうにか遊ばせなければ。

今日はそんな時にぴったりの場所をご紹介します。
札幌市北区にある「札幌市下水道科学館」
こちら、嬉しいことに入館料無料!!
駐車場もあります。
img_4925.JPG

入館すると、すぐに「ウェルカムロボット」がお出迎え。
 img_4926.JPG
ディスプレイに何やら表示しています。
それだけです。
まわりの大げさな装置は、多少は動くものの、特に意味はありません。
くれぐれも忘れてはいけません、ここは入館料無料です。

次に目にはいるのが「トーキングサーモン」
 img_4927.JPG
 「サケからのメッセージ」にあわせて「ガコッ!」「ガコッ!!」と、なかなかの音量で、両サイドのサケの口が開きます。
顎関節症を心配するほどのガクガク具合です。
しかしながら、内容は「サケが住む豊平川の美しさをたもつためには、一人ひとりが環境を意識しなければならない」というようなことをきっちり伝えてくれます。

お次は3Dシアター「サブマリンアクアツアー」
大人も子どもも3Dメガネをかけて入場します。
  img_4928.JPG
お風呂の排水が下水道を通って、どのように処理されていくのかをわかりやすく教えてくれます。
飛び出す映像に、子どもも夢中になって見ており、あっという間の15分間でした。

2階へ行くと展示物がずらり。
「サブマリンアクアツアー」で予習した内容の模型を実際に見ることができたりと、さらに理解を深めることができます。
このコーナー、5歳児男子は全速力で駆け抜けていましたが。。。。
img_4929.JPG

そんな彼が、何度も何度も空いているか確認にきていたのが、これ。
「サブマリンドライブゲーム」
潜水艦を操縦しながら札幌市内をドライブします。
img_4931.JPG
ゲームに使われているのが実際の札幌市内の映像なので、大人の方が夢中になってしまうかも。
JRタワーができあかる前の懐かしい札幌駅前の様子なども見られます。

他にも下水道の仕組みや環境問題についての展示物がたくさんあり、いずれもいろいろな仕掛けが盛り込まれ、身近に感じられるよう工夫されています。

エレベーターで地下4階に降りると、ひんやりした空間が広がります。
そこには、直径5メートルもある雨水貯留管の実物を見ることができます。
これは、大雨の時に雨を溜めたり、下水を処理した水で雪を溶かすそう。
img_4934.JPG
ちょっと写真がわかりにくいですが、黒い窓の向こう側に雨水貯留管があります。
その大きさたるや、想像よりも迫力満点!!
是非実物を確認していただきたい。

そして、もっと迫力満点なのが、この映像。
実際に雨水貯留管に雨水を溜めている時の様子を見ることができます。
ゴウゴウとものすごい勢いで水が流れる様子は圧巻。
これ、大雨の日に行けば、本当にこの様子が見られるのか気になるところ。。。
img_4939.JPG

無料でここまで楽しめる下水道科学館。
今週末はイベントも行われるようです。
是非ご家族で行ってみてください♪
img_4933.JPG

———————————-
札幌市下水道科学館
住所:札幌市北区麻生町8丁目
開館時間:9時30分〜17時00分(ご入館は16時30分まで)
お問合わせ:【電話】011-717-0046    【FAX】011-717-0047

【イベント】ラ・ヴェリテのお手伝いプロジェクト

今日は、私のようなお料理が苦手、だけど記念日に特別なことがしたい、そんなお母さんにとってもおすすめのサービスをご紹介します。

先日、主人の誕生日があり、息子とともにバースデーケーキを作ってプレゼントをすることに!
しかし、冒頭で述べたように私は料理が苦手。
そこでプロの力をお借りすることにしました。

それは、中央区にある「洋菓子と薪釜ピッツァ ラ・ヴェリテ」 さん。
こちらでは「お手伝いプロジェクト」という企画があり、プロのパティシエがお手伝いしてくれる環境のもと、子どもの手で世界でひとつだけのケーキを作ることができるのです。
材料、道具もすべて用意してくれているので手ぶらでOK。
お店で売っているものと同じものを使わせてくれるので、手づくりにありがちな「気持ちは嬉しいけど、味は。。。」なんていう問題もありません!
しかも、かかる費用はケーキ代のみ!!

お店につくと、既に焼かれているスポンジ、泡立て済みの生クリーム、フルーツなどが用意されていました。
半分にカットしたスポンジにたっぷりと生クリームをのせ、きれいに広げるところから作業開始。
子どもが作るとはいえ、パティシエがしっかりついてくれているので、仕上がりはプロ並みです!

イチゴも自分でカットさせてくれます。
カットしたイチゴを生クリームの上にのせ、そこにまた生クリーム、さらにスポンジ、生クリームと重ねていきます。
dsc_5846.JPG

想像以上にたっぷり使われる生クリーム。
今回オーダーした12cmのケーキで約400ccの生クリームを使うそう!
常々、主食が生クリームでもいいと思っている乳脂肪分命の私は、作っている途中に味見したくてたまりませんでした。

土台ができあがったら、ホイップ、そしてフルーツを使って飾り付け。
途中、とっても気さくで話しやすいパティシエがお菓子作りのコツなんかも教えてくれました。

dsc_5851.JPG

最後に、プレートにチョコペンを使って自分で書きます。
お手本を書いてくれるので、それを見ながら一生懸命に一文字ずつ書き上げます。
読めなくったって、想いは間違いなく伝わる最高のバースデープレート!!
dsc_5857.JPG

所要時間はのんびり屋の息子でだいたい30分くらいでした。

帰宅して夕食を終えた主人のもとに「 ♪ハッピバースディ トゥユ〜♪」と歌いながら、キャンドルを灯したケーキを持って息子が登場。
サプライズに驚く主人と、誇らしげな顔の息子を見て、やらせてよかったなあ〜と心から思いました。

贈られた相手が嬉しいことはもちろんのこと、子どもにとってもお仕事体験としての楽しみ、そして、自分が作った特別なケーキというスペシャル感を味わうことが出来るとってもいい企画です。
母の日のプレゼントに、お父さんと子ども達で、お母さんに内緒でこっそり用意するのもいいかもしれませんね!

ちなみに、お店で食べられる窯焼きピザはリーズナブルながらとっても美味しいので、こちらもおすすめです!!

【イベント】ハコ×マチ×あそびLab!

毎週水曜に更新されているママナビの「週末お出かけ情報」
我が家もこちらを参考にしてお出かけをすることが多いです。
その中でもずっと気になっていたイベント「ハコ×マチ×あそびLab!」に先日行ってまいりました!

idsc_5889.JPG

芸術の森で行われているこのイベント、嬉しいことに入場無料!

会場内に入るとダンボールが敷き詰められており、このスペース内はお絵かき自由!!
ワクワクする空間が広がっています。
お絵かきをするためにはクレヨンなどを持参しなければなりませんが、併設されているショップでクレヨン1本から購入することができます。
dsc_5882.JPG

こちらのツリーも、子ども達が描いた葉っぱで彩られています。
会期内、子ども達の手によってどんどんカタチを変えていく展示物。
idsc_5885.JPG

息子はお絵かきを早々に切り上げて、ダンボール列車に乗車!
父親をお客さんに見立てて乗せ、ダンボールで作られたトンネルをくぐり抜ける遊びを延々と繰り返していました。
dsc_5920.JPG

子ども達が描いた絵を見るのも楽しみのひとつ。
先日開通した北海道新幹線の絵も描かれていましたよ。
dsc_5935.JPG

。。。。バッファローマン?

屋内でのイベントのため、お天気に左右されることなく、また、幅広い年齢で楽しむことができるイベントです。
4月17日までなので、気になる方は是非行ってみてくださいね♪

そしてランチは、以前ご紹介したキッズスペースがあり、安心安全食材をメインとしたビュッフェレストラン「畑のはる」へどうぞ!!

【グルメ】くるるの杜 農村レストラン

先日の記事に書いたいちごの収穫体験 をした後、夕食をくるるの杜内にある「農村レストラン」 でいただきました。

「農村レストラン」はとっても人気のあるビュッフェレストラン。
当日の予約はできないので、事前に予約することをおすすめします!

私達は5時半オープンのところ、5時に行ってウエイティングボードに名前を書き、車内で時間を潰していました。
その甲斐あって、無事に着席することができました♪

店内は木がふんだんに使われていて清潔感にあふれています。
(画像はホームページよりお借りしました)
photo_price.jpg

お料理は家庭のお惣菜のようなほっとするメニューが中心。
何より嬉しいのが、使っている野菜の産地を明記しているところ。
主に北海道産のものが多く、安心して食べられることができます。
img_4484.JPG

カレーは動物性原料不使用というこだわりぶり!!
これは是非子どもに食べさせたい。
img_4486.JPG
卵、乳製品を使っていないパンなどアレルギーに配慮したものもありました。
他にも、お砂糖はてんさい糖、うどんやラーメンの麺も道産小麦粉など、北海道の恵みを様々な形でいただくことができます。

デザートコーナーの生クリームが絶品で、コクがあるのに後味が悪残りせず、乳脂肪分の高い純生クリームではないかと素人ながらに予想。
img_4485.JPG

何度かお料理を取りにいくのを繰り返すうち、私と同じようにデザートコーナーを徘徊する人がいました。

その人は、パンコーナーにあるミニサイズの食パンをトーストし、
それにアイスコーナーにあるレディ・ローマのジェラートをのせ、
そこへデザートコーナーの生クリームをトッピング、
その後にパンコーナーへ戻り、よつ葉のキャラメルクリームをのせるという
上級アレンジでオリジナルスイーツを作り上げていました。

思わず「私にも同じものを!」と言いそうになるほど、美味しそうなスイーツのできあがり。
その後も何回かデザートコーナーに行く「達人」から、目を離すことができませんでした。
次回は私も真似をする。絶対。

子どもに食べさせたいメニューがたくさんの安心・安全ビュッフェ。
人気があるのも納得のレストランでした!

【おでかけスポット】くるるの杜でいちごの収穫体験

週末、また滝野すずらん公園のスキーレッスンに行こうと思っていたところ、あいにくの暴風雨。。。
屋外で遊べるところはないかなーと、以前から気になっていた「くるるの杜」 に行ってきました。
おめあては、いちごの収穫体験。
くるるの杜では1月から5月までいちごが収穫できると知っていたので、一度行ってみたかったんです。

冷たい雨風にあたりながらビニールハウス内に入ると
そこはコートを脱いでも暖かいほどの室温。
そして、靴を脱いでスリッパに履き替えます。

まずは、いちごに関するクイズを通して、いちごについてお勉強。
dsc_5258.JPG
いちごの葉っぱや花、茎の形はどんなのかな。
いちごは、上と下、どっちが甘い?などなど、
子どもでもわかりやすく、大人も興味深い内容でした。

美味しいいちごの見分け方、上手ないちごの取り方を教えてもらったところで
いよいよ、収穫体験!
試食用のいちごを自分で収穫してみます。
dsc_5268.JPG

ここは露地栽培ではなく、子どもの目線くらいの高さにいちごが植えられているので、子どもでも取りやすそう。
また、足元やいちごが土まみれになることもありません。
畑になっているいちごだと洗ってから食べなければなりませんが、ここならつまんでヒョイと口に運んでもOK!
親も「汚れるー!!」とキーキー言わなくてすむのでストレスがありません。
dsc_5300.JPG
この日用意されていたのは「けんたろう」「章姫」「紅ほっぺ」の三種類。
食べ比べてみると、種類によって甘さ、大きさ、果肉の柔らかさなどの違いが明らかです。
真っ赤に完熟した摘みたていちご、とっても甘くてジューシーでした♡

いろんないちごを食べたところで、最後に自分好みのいちごをパックに詰めて持ち帰られます。
これで一組(4名まで)1,600円でした。
とっても満足感の高いイベントでしたよ♪
おすすめです!
dsc_5309.JPG

他にも、収穫したいちごを使ったカップケーキ作り体験や、お勉強なしの収穫のみの体験もあります。
詳しくはこちら

【おでかけスポット】滝野すずらん丘陵公園のスキーレッスン

先日、幼稚園年中の息子を連れて、滝野すずらん丘陵公園に行ってきました。
目的は激安スキーレッスン
根性なしの息子は、数日間連続のスキーレッスンに入れたらきっと途中で心が折れるはず。
高いお金を払って行く行かないの問答になるのは親子ともに辛い。。。
まずは、お試しで滝野のスキーレッスンに参加して、スキーの楽しさを知ってっもらえたら、というもくろみです。

レッスンを受けられるかは当日現地で受付をして、抽選で決まります。
はずれたとしてもチューブ滑りを楽しんでくればいいなあと思って行ってみました。

私達が参加した日は空いていたのか、午後の部に見事当選♪
コーチにお願いしたあとは、親は暖かいロッジの中で待つことができます。

まったくの初心者クラスでは、スキーの持ち方、履き方から教えてくれます。
わずか1時間半のレッスンの中で、ゆっくりながらもゲレンデを下まで降り、リフトにも乗ったようです。

スキーの板の先が離れないよう強制的に「ハの字」にする道具のおかげか、
あぶなっかしくも、なんとかハの字でゆるゆると滑っている姿を見ると、
短時間でここまで出来るようになるなんて!!と非常に感動しました。

dsc_4840.JPG

始める前は「スキーやだなあ」と言っていた息子が、
終わった後は「楽しかった!」「もっとやりたい!!」に変わりました。

この「楽しい」という気持ちがあるうちに、またレッスン受けてみたいなーと思います♪

【イベント】MiLKママでねっと。お料理教室

突然ですが、みなさん、牛乳飲んでますか??

我が家?
全然。。。。
両親ともに牛乳をそのままゴクゴク飲まないせいなのか、息子にいたっては「牛乳嫌い」
それでもホットケーキやホワイトソースは大好きなので、常に冷蔵庫にストックはしています。
週に1本使うかどうかで、消費期限が迫っていてあわてて消費するということもあります。

そんな私が、先日行われたママナビ内にあるコンテンツ「MiLKママでねっと。」 のお料理教室に参加してきました。
牛乳といえばホワイトソース系かな、と思って参加したら、なんとメニューはロコモコ!
ロコモコで牛乳なんて使うの?と思いますよね。
実際にロコモコに使うのは、つなぎのパン粉とまぜあわせる程度でした。

今回の目玉は「ミルクライス」
なんと、お米を牛乳で炊くのです。
研いだお米をジャーに入れ、お米3合に対して、牛乳1カップ、残りは目盛りまでお水を入れます。
炊飯ジャーに牛乳なんて、なんだかいけないことをしているような気にすらなります。
お米と牛乳の取り合わせってどうなんだろう。。。と恐る恐る、炊きあがった炊飯ジャーを開けてみると、ふわ〜っと甘い香り!
しかも香ばしくて美味しいそうなおこげができてます!!
dsc_0525.JPG
食べてみると、牛乳の味は感じず(私が鈍いだけ??)、普段のお米と変わりません。
これなら牛乳嫌いの息子にも、バレることなく牛乳の栄養素を摂らせることができます。
よく考えたら、クリーム系のリゾットとかあるから、牛乳+お米って、そんなに珍しい取り合わせではないんですよね。

メインのロコモコのハンバーグには、なんとかぼちゃを混ぜ込みました。
かぼちゃの栄養を摂れるのにくわえて、お肉を食べる量も減らせてヘルシー!
とはいえ、こちらも先程の「牛乳+お米」のように、なかなか斬新な組み合わせ。
ハンバーグのつけあわせにソテーしたかぼちゃがついてくることはあっても、混ぜ込むなんて初めて。

さらにヘルシーに、お豆腐も入れます。
それも、お肉に混ぜ込むのではなく、水切りしたお豆腐を、お肉のタネでつつむ!
こうすることで、お肉をパンパンして空気を抜く必要もなく、さらにお肉の生焼け防止にもなるそうです。
こんな発想なかった〜!!
dsc_0511.JPG

他にも、刻んだ黒豆やひじきも入っています。
女性が喜びそうなヘルシー食材ですよね!
かぼちゃが入っているので、普通のハンバーグより、ほんのり黄色。
dsc_0524.JPG
 今回特別に、「かぼちゃあり」と「かぼちゃなし」の二種類のハンバーグを食べ比べさせてもらったのですが、満場一致で「かぼちゃあり」の方が美味しかったです!
かぼちゃを入れることで甘みとコクが増して、満足感があります。
今度から絶対入れよう!!

こちらが出来上がったロコモコ。
dsc_0539.JPG
教室で用意してくださったお野菜や、盛り付け用のマヨネーズのかけかたのせいなのか、なんだかおしゃれなカフェメニューっぽい!!
ロコモコといえばハワイアンな感じですが、今回はめんつゆベースのタレがかかっていて、ごはんがとにかくすすむ!!
でも、ハンバーグがお肉100%ではなく、中にかぼちゃやお豆腐が入っているので罪悪感は少なめ。

詳しいレシピはこちら
簡単だったので、また自宅で作ります♪
何よりも、どんなメニューにもあわせやすいミルクライス。これは我が家の定番になりそう。

季節的に、牛乳を使って台湾風ミルクかき氷も作りたいなあと思っています。
これなら牛乳嫌いの息子も食いつくこと間違いなし。
栄養満点の牛乳、うまく食卓に取り入れていきたいです♪

【おでかけスポット】新千歳空港 エアポートキッズアスレチック

夏休みになりましたね。
お盆の帰省で空港を利用される方も多いのではないでしょうか。
新千歳空港には子どもが楽しめる施設として
「ドラえもんわくわくスカイパーク」「シュタイフ ネイチャーワールド」 などがありますが
昨年7月に「エアポートキッズアスレチック」 ができたのはご存知でしたか?
dsc03995.JPG
しかも、なんとこの施設、無料で楽しめる手段があるんです!!

その秘密はさておき、
まずは、どんな施設かご紹介しますね。(じらし)

受付を済ませ、中に入ると、まず目に飛び込んでくるのが、大型遊具。
dsc03999.JPG
滑り台やパンチングマシーン、ネットなどなど様々な仕掛けがあり、中は迷路のようになっていて、子どもが夢中になること間違いなし!!
汗だくでハァハァ言いながら、小動物さながら、この中をグルグル回っている子どもがたくさんいましたよ。

他にも、長ーーーいトランポリンや
dsc03998.JPG

室内遊具とは思えない!ターザンロープや吊輪。
dsc03981.JPG

クライミングウォールなど
dsc03982.JPG
「アスレチック」という名にふさわしく、体をおもいっきり動かせる遊具がたくさん!!
また、5月〜10月の間は屋外でストライダーに乗ることもできちゃいます。
(詳細はこちら

こんなに激しく体を動かせる遊具ばかりでは、小さいお子さんをお持ちのお母さんは、逆にちょっと心配ですよね。
安心してください。赤ちゃん用もありますよ。(←安村風に)
こちらは0歳〜3歳までのお子さん限定で遊べるゾーン。
dsc03991.JPG

あんよが上手になったお年頃のお子さんなら、こんなカラフルな滑り台も楽しめますね。
1dsc03990.JPG

子どもって、こういう狭いところに入るの好きですよね〜!!
dsc03993.JPG

気になるこちらの料金、通常は60分500円。
(1歳未満無料。付き添いの保護者の方も無料)

ですが。。。
空港内の「ドラえもんわくわくスカイパーク」「シュタイフ ネイチャーワールド」「じゃがポックルシアター」いずれかの施設の当日利用チケットを提示すると、
通常500円のところを200円で楽しめるのです!

さらに!!
空港内全店舗対象とした税込2,000円以上のレシートがあれば
500円が無料になってしまうのです!!
(2,000円につき一名無料)

空港内で話題のスイーツなどをショッピングしたり、お食事を楽しんだりすると、2,000円は案外あっという間です。
飛行機に乗る前に体力を消耗させて、機内でぐっすり眠ってもらうためにはもってこいですね!
是非利用してみてください♪

また、こちらもあまり知られていないのでは。。。と勝手に思っているのですが
「大空ミュージアム」 というところでは、制服を着てフライトシミュレーターを体験することができるのです。
(1回100円コース、200円コース。制服は無料貸出)
dsc07308.JPG
パイロットだけではなく、憧れのCAさんの制服もあるので、女の子でも楽しめますよ。

飛行機にまつわる様々な展示物や、お仕事体験ゾーンの他、キッズコーナーも設置されています。

飛行機に乗らなくても「今日は空港に遊びに行く」という目的でも使え、ますます身近になった新千歳空港。
夏休みのお出かけ先にもどうぞ!

—————————————-
新千歳空港 エアポートキッズアスレチック

■場所:国内線4Fオアシス・パーク
■営業時間:10:00〜18:00 ※17:00最終受付
■TEL:0123-45-2611
■利用料金:最初の1時間500円、延長30分ごとに200円
※付き添いの保護者の方の入場は無料です。
■対象:1歳以上、身長120cm以下のお子様
※保護者の方が必ずお子様とご一緒にご入場ください。

【グルメ】cafe mon petit lapin

もうすぐ夏休み!
子連れででかける機会が増えますね。
今日はママも子どもも楽しいお出かけになるようなお店、
北区にある「mon petit lapin(モンプチラパン)」をご紹介します。
dsc06050.JPG

住宅街の一角にあるこちらのお店、中に入るとおひさまがの光が降り注ぐ明るく気持ちのよい空間。
店内のインテリアや雑貨もとてもかわいらしいものでいっぱいです。
dsc06021.JPG

こちらのお店の特徴は、なんといっても、このキッズスペース!!
dsc06043.JPG

dsc06042.JPG

dsc06040.JPG
こじんまりとした空間ながら、非常におもちゃが充実していて、男の子も女の子も楽しめること間違いなしです!

メニューは、5種類からソースを選べるオムライス、キーマカレー、 ハヤシライス、パスタやフレンチトーストなどがあり、いずれもサラダとドリンク付きで890円とお手頃価格です。
いずれもサラダとドリンクがついてきます。

そのサラダには、かわいいクルトンが!
店名の「ラパン」はフランス語で「うさぎ」。
こんなかわいいサラダなら、子どもも喜んで食べるかもしれませんね。
dsc06006.JPG

もちろん子ども用食器も完備。
dsc06004.JPG

私がオーダーしたのは「きのこのホワイトソース」
これに、サラダとドリンクがついて890円です。
ちなみにこれは、息子とシェアするためにプラス200円で大盛りにしてもらいました。
dsc06013.JPG
もともとクリームパスタが好きな息子ですが、とても美味しかったようで、私の分がなくなるんじゃないかと思うほどモリモリ食べていました。

お食事をいただきながらも、ずーーーっと気になっていたのがこちら。
とっても美味しそうな手作り焼き菓子が壁面にずらり。
dsc05999.JPG
ビジュアルもさることながらお値段もかわいくて、自分へのおみやげ用にいくつも購入してしまいました。
私達の食事中に、焼き菓子を購入するためだけのお客さんも何組もいらっしゃいました。
帰宅中の学生さんが買っている姿を見たりして、地元の人に愛されているんだなあって感じがしました。

こちらは焼きドーナツ。ひとつ150円で、種類が豊富で迷ってしまいます。
dsc06000.JPG
焼き菓子、焼きドーナツともに、購入後、店内で食べることもできます。
息子のデザートに焼きドーナツをいただきましたが、添加物などが使われておらず、安心して食べさせることができます。

子ども達がキッズスペースで夢中になって遊んでくれているので、デザートもオーダーしてしまいました♪
さらに、200円でおかわりドリンクもオーダーできるので、ドリンクも追加して至福の時間。
それもこれも、キッズスペースのおかげですね〜!

私のオーダーした「ミニパフェ  ベリーソース」400円
dsc06020.JPG
ミニパフェながら、このルックス!
ふんだんにベリーがあしらわれ、生クリームの上にはムーミンのビスケットと雪だるまのチョコレートが!
サラダのうさぎクルトンといい、ひとつひとつに「キャー!!」と歓声をあげてしまいたくなるような、かわいい演出が心憎いです。
味はもちろん間違いない美味しさ。
子どもが遊んでくれているので、ゆったりと味わうことができました。

大人も子どももくつろげる素敵なお店。
一緒にいった友人も「絶対また来るー!!」と感激していました。
夏休みのおでかけの際に是非どうぞ♪

———–

cafe mon petit lapin(モン プチ ラパン)

■住所     札幌市北区新琴似12条10丁目1-3
■TEL     011-763-8367
■営業時間    11:00〜20:00
■定休日    不定休

PR