HOMEママNavi ブログyamaのもっとお気楽にいこう!

yamaのもっとお気楽にいこう!

バックナンバー:2017年9月

抜け毛のハナシ

こんにちは、yamaです。

 

img_2162.JPG

 

早いもので、9月も終わりになりますね。

秋は、特別な思いがあります。

わたしは秋に二人とも出産しています。

なので、家族の誕生日は秋に集中。

バースデーが続きます。

その後、1か月経つか経たないうちに、クリスマスがやってきます。

そしてお正月へ。

子どもたちにとって、嬉しい時期到来なのです。

 

さて、その出産後のことを振り返りますと

まぁ、いろいろありましたが。。。

わたしは二人とも完全母乳でしたが、うちの子というのは

これがまたやはり今に通ずるおもしろい子たちで

きっかり夜も腹時計が3時間にセットされているので、

泣けば「あれっ、ピッタリ3時間!!!」と驚かされ。

2ヶ月くらいから、夜寝てくれるようになりますよ〜

な〜んて人には言っていたのに

1年ほどずっと、腹時計はセットされたままでした(笑

下の子を妊娠したため長男は1歳半で断乳しましたが

二男は3歳まで母乳を飲んでいました。卒乳ってやつですね。

親にものすごい怒られましたけどね(笑

『子ども自身が納得してやめる時期を決める』

これってなかないいもんだ〜、と思っていました。

 

産後・・・ですが

子どもが一か月健診が済んで、自宅に戻ってからがひどかったのですが

わけわからないけど、気分が落ち込む

子どもの何気ないことが不安で不安でたまらなくなる。

そんなこんなで、育児日記をつけておりましたが

毎日、何かしらの不安を抱えて育てていました。

(いま考えれば、マタニティブルー

苦痛だった離乳食、一生懸命時間かけて作ったりしていたのに

食べない・・・( ノД`)

ダンナに似て、この子色白なんです〜、なんて言っていて

小児科の先生が

「風邪ひいたついでに血液とってみましょう。」

と採血して調べたら・・・ヘモグロビン7.0台のひどい貧血だったり。

 

ま、早産で産まれ、身体も弱く小さかったので、いろいろあったわけなんですが。

 

dsc00010.JPG

 

これが、どうやって乗り越えたのかというと

そんな時に実家の母が

「これでも気分転換に見なさいな。」

と貸してくれたのが、『冬のソナタ』、あのヨン様(笑

あとは、美味しいものを食べたらスッキリするので

毎日、夫に仕事帰りに高級(←ここ大事)アイスを買ってきてとお願いする。

そんなこんなで、何だか乗り切ってしまいました!

 

そうそう、もっとお気楽に〜ですよ(笑

あ。。。ちなみにこれらはほとんど上の子の時のことです。

二人目はなんだろう。。。テキトーでしたね(笑。

一人目の時は大変だった育児。

二人目は楽しんでいました。

 
img_2255.JPG 
 

ちょうど、そんな時期、産後半年くらいたった頃から

抜け毛がひどくてひどくて、排水口が大変なことに。

しかも髪を洗っても乾かしてもなにしても抜ける。

 

これ、なぜだか知ってましたか?

 

”産後、髪の毛抜けるよ〜”

と聞いていても、そうか〜抜けるのか

くらいで何で抜けるのか?あまり考えないかもですが

ひとことで言うと

女性ホルモンが減少しているのです。

以前もお話ししましたが、女性ホルモンは、抜け毛を防いでくれますね。

エストロゲンは男性も分泌されているので

毛髪が少ない男性はエストロゲンも少なくなっている。

と以前お話ししたことがありました。

 

産後は、とくに母乳を飲ませている方は、プロラクチンという

母乳を出すためのホルモンが出ています。

女性ホルモンが多いと、母乳の出が悪くなってしまうので

身体の中で、女性ホルモンが自然に抑えられてコントロールされていのです。

産後半年くらいが、女性ホルモンの低下のピークになります。

その後は徐々に回復傾向になりますので

髪の毛がなくなってしまうのではないか、と心配する必要はありません。

出産後の脱毛に関しては約70%の方が経験する、 といわれているようです。

 

さて更年期。

 

これと似たような症状が出てきます。

 

もう、おわかりですね。原因が。

 
img_2249.JPG 
 

抜け毛が気になるようになってきたら

エストロゲンが減ってきている更年期であるかも知れません。

ちなみにワタクシ。

頭皮が乾燥して、シャンプーのたびにカサカサした感じが。

なんか、髪の毛洗ったり、乾かすとすごい抜けている。

シャンプーも炭酸シャンプーにしてみたりと

頭皮ケアを気にするようになりました。

 

かなり心配しました( ノД`)

抜け毛ふたたびです。

 

はて、抜け毛って、一日何本くらいなら正常範囲内だと思いますか?

わかります?

 
 
 
100本です。
 
 
 
 

(行きつけの美容室で美容師さんにも確認しました。)

そしてわたし、抜け毛を数えました!

100本には届かず!!(ホッ) ←一本一本数えた
 
img_0950.JPG 
 

もし、一日おきに髪の毛を洗っていたら

一日100本ですから、その場合は200本までなら正常範囲内。

わたしはエクオールを飲むことで、頭皮の乾燥も良くなって

普通にシャンプーしても頭皮のカサカサが気にならなくなりましたが

あまりに頭皮が乾燥するので、皮膚科に行こうかと一時悩むほどでした。

更年期の場合

産後と違いますので、女性ホルモンは減り続けます。

 

最近は、芸能界でもそうですが高齢で出産される方も多くなってきたので

出産してすぐに更年期に突入という方もいるかもしれません。

 

産後の場合は抜け毛が気になり始めても、1年ほどで元に戻っていくと言われています。

更年期の場合は、一日100本を目安に。

あまりにも多いようなら、その他の更年期症状などと照らし合わせて

産婦人科を受診し、女性ホルモンの量を見てもらうといいかと思います。

どうしても、敷居が高いという方は、わたしのように

エクオールを試してみる、という手もあります。

 

ストレスを少なく、頭皮のために正しいケアをすることも

大切かも知れません。

 

さて次回は、今年の夏、大活躍した

『寒天』についておはなしします。

 

©yama2017

 このブログの無断転載はお断りいたします。

丈夫な骨づくり

こんにちは、yamaです。

 

北海道は涼しいというよりか、寒くなってきて

温かいものがおいしい季節になってきましたね。

皆さま、体調をくずされないように、お気をつけ下さい。

img_2206.JPG

 

先日、とある友人たちにお会いして食事をしたところ

ブログを読んでくれているようで

「運動って、こういうものでもいい?」

「更年期ってどんな感じ?」

「わたしってもしかしたら、これって更年期?じゃないかと思うの。」

などなど、いろいろお話がたくさん出てきて、本当にうれしかったです。

気軽にこうやって話ができるのっていいなぁと思います。

 

やっぱりどうしても話しにくいですものね。

でも、いま更年期の人も、これからって人も、もっともっと更年期のことを知って

はやめはやめの対処をしていってほしいなぁと思います。

 

女性ホルモンに身体が守られているってすごいことなんですよ。

 

女性ホルモンが少なくなってくるころから、

動脈硬化・脳梗塞・心臓病など血管系の病気などが

起こりやすくなってくるのを知っていますか?

男性とかかる率が変わらなくなってくるんです。

まさに女性ホルモンさまさま♡

どんどん、増やしてください。

タバコの習慣や睡眠不足など、減ることはぜひ控えめに。

女性ホルモンについてはバックナンバーをご覧くださいね。

 

このブログに、はじめてコメントをくださった方もいて感謝感激です。

ありがとうございます。

わたしは、引きこもり主婦だったので、

そのうち、引きこもり主婦の方々とお茶会などしてみたいなぁ、と思っております。

 

img_2250.JPG

 
 

さて、骨粗しょう症について、前回ふれました。

 

骨折してしまうと、年齢からも非常に治りにくくなりますから

やはり予防が大事です。

カルシウムが必要なら、サプリメントでもいいのかな?

たしかにカルシウムを手軽にとれていいのですが

バランスのとれた食事で吸収をよくしてあげることも大切です。

運動不足は骨を鍛えるため負荷が少ないので、骨の強度が低くなります。

筋力だけじゃなくバランス力もおとろえるので

転倒する機会も多くなってしまいます。

(北海道は冬になると特に転倒の機会が多くなりますよね。 )

ちょっとずつ、意識して運動を続けてくださいね。

 

カルシウムを含む食品ですが、わかりやすいように絵を描いてみました。

 

img_2296.JPG

カルシウム    牛乳、小魚、海藻、大豆および大豆製品、緑黄色野菜など

 
カルシウムだけじゃない 

カルシウムと一緒にとることで、吸収がよくなる栄養素を知っていますか?

 

img_2295.JPG

  • ビタミンK   納豆・ブロッコリー・ほうれんそう・チーズ・レバー
  • ビタミンD  魚介類・卵類・きのこ類・干ししいたけ、きくらげ
 

これらも心がけると、さらによいと言われています。

カルシウムと重複する部分もありますが^^;

ビタミンKは、たんぱく質を活性化し、骨を作るのを助け

ビタミンⅮは、カルシウムの吸収を助けます。

 

カルシウムがいいのはわかっているけど

どんなものに含まれていて、どのように摂ったらいいのかわからない。

たしかに〜。

これがわかっていないと実際の生活には、役に立ちにくいですね。

病院や薬局などで、無料で頒布されてい製薬会社などのパンフレットもあります。

とってもわかりやすくまとめてあるので

何かの機会があれば、ぜひいただいてごらんになってみるといいかと思います。

でも、あまり神経質にならないで気をつけて摂るようにしてみる、ということが大切。

img_2281.JPG

 

日光浴も実はビタミンⅮを作ってくれるのですが

残念ながら北海道は緯度が高いので、本州よりより多い時間の日光浴が必要

という報告もあるようです。

運動も必要であるなら、外に出てのウォーキングはとてもよいかもしれませんね。

犬を飼っているなら、一緒に散歩するというのは

自分の健康のためにも、とってもいいですね〜。

 

吸収をさまたげる栄養素も知っておいてください。

  • リン   インスタント食品・スナック菓子・炭酸飲料など
  • 食塩   つけもの・加工食品など
 

自分が気をつけてとらなければならないもの。

あれっ?と気がついた方もいるかもですが

意外と子どもにも必要なものだと思いませんか?

成長期のお子さんがいらっしゃるなら、骨を丈夫にしたり健康にすごすために

とっても大切なことですね。

これらを気をつけるだけで、家族の健康にもつながります。

 

ただ、身体に牛乳が合わないこともあります。

わたしの母と兄がそうなのですが

大人になってから、牛乳を飲むとお腹をこわすという乳糖不耐症です。

もしかしたら、これを読んでいる方の中にもいらっしゃいますか?

 
img_2294.JPG
 

こういうメカニズムになっているので、加齢によって牛乳がダメになったという方も

意外に多いかもしれないです。

「牛乳はカルシウムが多いのに〜。」と残念がる必要はありません。

ムリせず、食べられるものから。

乳製品で、チーズやヨーグルト、スキムミルクなど試してみるといいですよ。

ちなみにヨーグルトは加糖ではなくて、プレーンのほうがいいと思います。

 
img_2298.JPG

できることからでいいので、はじめてみませんか^^

 

さて次回は、わたしも産後に経験しましたがふたたび!

『脱毛』 について』お話しします。

 
  

©yama2017

 このブログの無断転載はお断りいたします。

更年期と運動

こんにちは、yamaです。

 

涼しくなってきましたね。

外で洗濯物もいつまで干せるのかな、と思ってしまいます。

来年の手帳も少しづつ発売になってきたり

暖房器具やスタットレスタイヤのCMを見ると、

冬に近づいているのを感じます。

 
img_2256.JPG
 

さて、先日の話ですが。

友人から

いつもよりちょっと運動ということで、少し長めに歩いたら

膝が痛くなってしまって、病院にかかるほど痛くなってしまった。

という話を聞いて、私も他人事じゃないと思いました。

 

皆さんは何か定期的に運動はされていますか?

 

わたしは、今年の3月から週2〜3回スポーツクラブに通っています。

はじめは、そこのクラブの人に勧められた筋肉トレーニングを中心に

自転車こぎやウォーキングが主だったのですが、

やればやるだけ体にいいと思ってほぼ毎日続けたところ、

股関節が痛くなってしまいました。

筋肉痛だからすぐに治ると思っていたのですが

痛みは残り、しばらくの間、少し歩きにくくなりました。

 

なぜこのようなことが起こるのでしょうか。

 

このような関節痛は更年期ではよくあることです。

関節を支える軟骨や筋肉がおとろえたり、

エストロゲンの減少によって血行が悪くなることが原因と言われています。

また、更年期は骨粗しょう症になりやすい時期です。

骨の新陳代謝のバランスが崩れ、

骨量が減りスカスカな状態になりやすいので注意が必要です。

骨折してから気がつくという方もいるようです。

必ず若い頃よりは、骨密度は減少しています。

 

img_2251.JPG

 

わたしがジムに通い出して驚いたのは

絶対自分よりも年齢がずいぶん上だと思う方の

柔軟性や片足立ちの長さなどなど・・・

 

いや自分が運動をまったくしていなかったせいもあるのですが(;'∀')

身体は固いし、筋力はないし、オマケに股関節は痛いし( ノД`)

一生懸命やっても体重は減らないし(笑

そんなこんなで、わたしの場合は

まったく運動していなかったのに、急に負荷をかけたのが良くなかったのですね。

 

目標値は大事ですが、そこに到達しなかった時には凹みますね。

やりたくなくなる感じ。

まるでテスト勉強をいっぱいしたのに、結果が悪かった時みたいに。。。( ノД`)

なので、目標を立てるならスモールステップのほうがいいと思います。

 
img_2252.JPG 
 
長期的に長い目で見て、すぐに結果を求めず、続けること。

自分が続けられるものであることが大切だと思います。

運動を定期的にされている方はもちろん、そのまま継続してください。

されていない方は、若い頃のように急に動いてしまうと

関節を痛めてしまう可能性があります。

週1回くらいのペースで徐々に運動していくといいと思います。

 

わたしは今、ホットヨガにハマっていますが

更年期にオススメな運動はやはり有酸素運動です。

あとはストレッチや、筋肉もおとろえてきますから適度な筋トレもいいと思います。

 

更年期は、どうしても代謝が落ちてきますので、太りやすい身体になってきます。

運動をすることで、生活習慣病を予防するほかにも

からだの不調を和らげてくれたり、よく眠れるようになったり

骨粗しょう症などの予防にもなります。

 

『運動はいいことがわかっているけど、なかなか始められない』

わたしもしばらくそんなことが続きました。

朝、ウォーキングをしてみたり、自転車運動の器具を買ってみたり。

テレビ見て体操しようかなぁ、とかいろいろやってみましたが

長続きがしない。

ダメだなぁと思いつつも、ウィメンズヘルスアドバイザーの勉強をして決心しました。

わたしが、今やっているヨガですが、

自律神経のバランスを整える効果もあるのでオススメですよ。

ほとんど汗をかかない身体でしたが、汗をかくようになりましたし

少しばかり、以前よりは身体に柔軟性が出てきたような気がしています。

 

本当に、少しの運動でもいいので続けることが大切です。

 

更年期の症状なんてないし、まだまだ若い!大丈夫!!と思っても

意外と身体は正直なのかもしれません。

 

img_2253.JPG

 

さて、ちょっと長くなってしまいました。

食事については次回お話ししますね。

骨粗しょう症の予防のためにもカルシウムが大切なのはお分かりかと思います。

でもそれだけではないんです。

カルシウムの吸収を助ける栄養素も一緒にとっていく必要があります。

 
 

©yama2017

 このブログの無断転載はお断りいたします。

発芽玄米つくってみました

こんにちは、yamaです。

9月になり、すっかり涼しくなりました。

羽織るものが必要だし、夜はかなり涼しくなってきたので

季節の変わり目、体調にお気をつけ下さいね。

 

わたしの実家のトマトを、いとこが撮ってくれました。

 
img_2208.JPG
 

美味しそう!

長男を妊娠中、妊娠初期から中期にかけて

あまり食べたくない時期に、この実家のトマトとさくらんぼは毎日食べていました。

嗜好の変化ってやつですね。

二男の時はそんなことはありませんでしたが、とにかく初期は眠かったなぁ。

 

ところで話は変わりまして。

8月の終わりに、助産師数名で集まる助女子会というのがあって

その時に

「更年期に向けての活動のことも、〇活って付けれないかな〜?」

という話に。

確かに、婚活、妊活、就活、終活などなど・・・

じゃあ、更活?年活?

どれもピンとこない。

華麗に加齢を重ねる年代だし

  華活(はなかつ)  

おおおおお〜、ぴったり♪ ということで。

これから、そんなふうに呼んでくださいね♪

華活はまだまだ大丈夫、じゃなくて早い方が予防にもつながりますよ〜。

 

 ゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:

 
 

さて、先日少し話しました発芽玄米

作りました、作ってみました。

  おいしいです!!

実家から玄米をもらってきたので、水に一日つけたら発芽玄米というのを実践。

買ったものより

  • 水分を十分に含ませたので、柔らかい仕上がり
  • 芽が出ているのが目視でき、栄養があることを実感できる
  • 安く作れる

ただ、水分を含ませると、なかなか玄米は乾燥しないので

こまめに作って、保存するということが必要になってきます。

 

1.準備したもの

 

img_2237.JPGimg_2177.JPG

 

玄米は冷蔵庫で保存しておくのに、ホームセンターで上のようなものを購入。

上に計量カップがついているので使いやすいです。

あとは、上にふたがついたタッパー。

私は家にあったホーローのものを使っています。

 

2.つくりかた

 

仝縞討鮴います。(お好みの量で)

△修里泙淇紊某擦靴泙后(玄米がお水を含むように被るくらいは入れてください)

ふたをして半日置きます。

img_2241.JPG

と焼置いたら少し匂いがしてくるので、一度玄米を洗ってまた水に浸します。

イ佞燭燭咫△佞燭鬚靴独焼置きます。

水に玄米を一日浸したら、ざるにあげて水を切ります。

img_2174.JPG

Г佞燭鬚靴独芽を待ちます。(室温にもよりますが、半日くらいで発芽してきます)

 

img_2176.JPG

芽が出ているのがわかりますか?

 

┐海海如△發θ芽しなくてもいいので保存容器に入れて冷蔵庫へ。

img_2243.JPG

 

あとはお好みの量を使ってください。

たくさん作り置きするよりは、こまめに作ったほうが新鮮でおいしいと思います。

 

使い切ってしまうと、つぎに発芽玄米ができるまで約1日半かかりますから

一回に使う量を考えて作っておくといいと思います。

 

img_2182.JPG

炊き上がりはこんな感じ。

少し手間はかかりますが、自分で作ると玄米から芽が出てかわいい♪と思えるし

なによりお安くすみます。

栄養満点な発芽玄米、ぜひお試しあれ〜です。

発芽玄米の効果はバックナンバーでごらんくださいね。

 
 
 

さて次回は・・・

友人の話がきっかけですが

更年期世代は急に運動すると関節が痛くなります。

カルシウムが足りなくなっていて、骨粗しょう症かな?

でも、自分で何を気をつけていけばいいのか。

手軽にカルシウムをどうやって摂ったらいいのかな?

そんなことをまじえてお話ししますね。

 
 

©yama2017

 このブログの無断転載はお断りいたします。

PR