HOMEママNavi ブログyamaのもっとお気楽にいこう!

yamaのもっとお気楽にいこう!

イギリスの出産をちょっと調べてみました

こんにちは!yamaです。

 
 img_0138.JPG
 

札幌は、桜も開花になったとか。

そして長い方は9連休のゴールデンウィークに突入ですね!

ただし、学校は暦どおりなので

子どもたちはちょっとガッカリしているかもしれませんね。

 
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
 

さて、先日、イギリスのキャサリン妃。

 

第3子(男の子)をご出産されましたが、

入院から退院まで

なんと7時間という、超スピード出産。

 

 3_image_size_624_x1.jpg

 

ビックリですよね。

 
  

特に出産の経験があったりすると

えっ?7時間後に退院!?

ハイヒールはいてる・・・・などと驚かれた方も多いかもびっくり

 

そこで、今回はイギリスの出産について

少しだけ調べてみることにしました。 

 
 

妊娠から出産までは無料

イギリスの出生率は2015年で比べると、

日本が1.46に対して、イギリスは1.81。

日本よりは出生率が少し高い感じです。

 

いろいろと調べてみますと

イギリスでは妊娠してから出産までは

公的費用で受けられてお金がかからないとか。

超音波検診は12週と20週の2回。

投薬が必要になっても免除されるんですって・・・

 

イギリスでは妊娠すると、ホームドクター制度に登録して

ホームドクターから助産師を紹介されるんだそう。

 

自分で助産師も産むところも決められるので

どこで助産師と定期的に会うとか

自宅で産みたいとか

いろいろ自由に決定できるんだそうです。

人によっては妊娠中は超音波検診の2回で

終わってしまう人もいるようす。

日本のシステムとはだいぶん違っていますね。

 
 
 

入院期間は約1日と短い

公立病院での出産や自宅での出産ではお金はかからないようですが

キャサリン妃の場合の セント・メアリー病院は

プライベート病院なので費用が高額

一泊110万とか、っていう話もあります。

 

たいていは、入院しても1日ですので

キャサリン妃がすごい早い、びっくり!ということではなく

イギリスでは、いたってフツーのことのよう。

 

だから無料ということなのかもしれないですね。

次の方のためにできるだけ早く

ベッドを空けなくてはならないようです。

 
 

出産後は助産師が家に訪問

病院を退院した後は、ちゃんと助産師が

約2週間くらい、毎日家に訪問するなどしてフォローするようです。

 

医療システムが整っていて

なるべく自宅でケアが受けられるようになっているのですね。

 

上の子がいたりすると、入院中の家のことなどが心配になりますが

これだと、出産時だけが病院なので

安心して産むことができそうです。

 
 
 

イギリスは助産師も薬を処方できる

さすがぁー、ナイチンゲールの国、イギリス。

助産師教育も充実しているんでしょうね。

 

会陰の縫合や、薬の処方などの医療処置も

助産師ができるようになっているよう。

 

なるべく自然に安心していろいろ受けられるシステムになっていて

 一歩、最先端を行っている気がします。

 

日本はなかなか出生率減少に伴って

助産師教育も大変な事情になってきているので・・・

 

若年の出産や高齢の出産など、

日本での出産は医療の介入を必要とすることが多くなってきている反面、

産婦人科医が減少してきて

産める場所も少なくなってきている現状があります。

 

「助産師外来」 という

助産師が外来を担当している病院もありますね。

 

これからの助産師のあり方も病院主体ではなく

もっと地域のほうにも

目を向けていくことが大切なのかもしれないですね。

 
 

さて、赤ちゃんの名前はいかに!!

 

わたしは、アーサーと予想滝汗

 
 
 

©yama2018

 このブログの無断転載はお断りいたします。

You can skip to the end and leave a response. Pinging is currently not allowed.

コメントはこちらから投稿できます。

※公開されません

PR