HOMEママNavi ブログyamaのもっとお気楽にいこう!

yamaのもっとお気楽にいこう!

アロマと更年期

こんにちは!yamaです。

 

img_0450.JPG

 

お久しぶりです!

7月末は暑かったですね。

北海道の夏は短いのか、あの暑かったのがウソのように涼しくなりました。

そして、今日はわたしの誕生日♡

 
 
 

さて、話は変わりまして

先日ワタクシ、アロマディフューザーを購入しました。

 
 img_0407.JPG
 

無印良品のものです。

 

欲しくて欲しくて2年ほど、無印のお店に行っては

「いいなぁ〜。」と眺めていたのですが

無印良品週間といって、ちょっとお安くなる期間に購入しました。

 

アロマの効果って、更年期にはどうなんでしょうね。

匂いで癒される方もいるし、うちの夫のように匂いは苦手で無臭がいい

という方もいるだろうし。

家の中でアロマを楽しむには、家族の協力がなければなりません。

 

わたしの場合は、夫が匂いのものはあまり好きじゃないらしく

そのためにちょっと遠慮していました。

ただ、無印良品のショップに行くときに

よく子どもを連れて行っていたので一緒に見たり

長男は無印のショップ自体が好きなので、

ほかの家族の協力は得られやすい状況でした。

「遠慮してたけど、夫が単身赴任だし夫の居ないときには楽しもう!」

と、思いました。

 

やっぱり癒される効果を期待してのことですが。

芳香を楽しむだけではなくて、身体に塗って

マッサージする方法もあるようですが

わたしはあくまでも芳香を楽しむ、という意味で購入しました。

調べてみるとアロマは奥が深く

 
 アロマテラピー(アロマセラピー)

精油(エッセンシャルオイル)、または精油の芳香や植物に由来する

芳香を用いて病気や外傷の治療、病気の予防。心身の健康やリラクセー

ション、ストレスの解消などを目的とする療法である。

精油の芳香分子は、鼻の奥にある嗅上皮の粘膜に付着し、

その情報が嗅神経細胞を経て大脳辺縁系から視床下部へ。視床下部へ

伝えられた情報は「自律神経系」「内分泌系」「免疫系」へと作用する。

 

と書いてありました。

妊産婦にラベンダーがいいというように

更年期にもおススメの精油があるはず。

 

もちろん本人がいい香りと思うものが一番だとは思いますが。。。

 

更年期自体が女性ホルモンが減るだけではなく

自律神経が乱れてくることによって

いろんな症状が起こってくるわけで

自律神経系をつかさどる視床下部にはたらきかけ

交感神経・副交感神経がよいバランスであれば、

更年期の症状は少し和らぐはず。

だとしたら、どのような香りが効果的なのでしょうか。

 

アロマって種類がたくさんあって、200種類以上はあるようですが

抽出方法によっては価格が高かったりするので

手軽に入手できて効果があるもの

これがポイントかなぁと思います。

 

調べてみるといろんなことが書いてあって・・・(;'∀')

なんだかわからなくなってきましたが。

 

やっぱり万能なのはラベンダー

イライラなどのストレスの緩和や不眠などにもいいようです。

イランイランもいいようです。これらはフローラル系。

気分をリフレッシュしたいときには、オレンジレモンなどの柑橘系

少し気持ちを落ち着けたいときには、

ひのきジェニパーベリーなどのウッディ系

集中力を高め、やる気が出るのはローズマリーなどなど。

 

わたしはユーカリティートリーも好き。

どちらも葉っぱから抽出されているものです。

リフレッシュ効果などがあるようですね。

好きな香りを自己流でブレンドしたりするときもあります。

 
 img_0517.JPG
 

聞きなれない名前があっても、アロマオイルの瓶に

抽出部位はどこか書いてあったりするので

それも参考にするといいと思います。

 

わたしがよく購入するのは、無印ショップ ですが

アロマ専門店などもありますので

詳しいことは、専門店などであれば店員に聞くのが一番よさそうです。

 

妊娠中には使えないものもありますので、若い方はご注意を。

 

わたしも機会があったら、もう少しアロマについて勉強したいです〜。

 
 
 

 ©yama2018

 

You can skip to the end and leave a response. Pinging is currently not allowed.

コメントはこちらから投稿できます。

※公開されません

PR