HOMEママNavi ブログ本日もママ日和

ドキドキ、初めての妊娠・出産・子育て

バックナンバー:2018年3月

授乳中 薬を極力飲みたくないときに!

 この1ヶ月の間

夫がインフルエンザ、息子が風邪をひき

我が家の空気は常にウイルスがウヨウヨ状態(笑)でした。

 

風邪などにかかってしまったものは、もう仕方ない。

しっかり薬を飲んで

とにかく治るのを待つしかない!

という考え方の私ですが

元気な家族に拡大感染していくのは

何としても食い止めたいところです。

 

一歳の息子、や外で仕事をしている夫はもちろんですが

未だ授乳を続けている

私が体調を崩すのも回避したい!

もし重症化して強いお薬が処方された場合

そのまま予期せぬ断乳につながることもあるし

何より「お母さん」である自分がダウンすると

家庭内の様々な機能が

気にストップしてしまうことを経験しているからです。

(もちろん夫や母などのサポートはありがたいですが

やはり主婦が倒れると色々大変ですよね。特に子どものお世話。)

  

かつて産後半年ほど

体調を崩し続けた残念な経験のおかげで

今ではある程度授乳中でも可能な範囲の

自己管理方法を身につけることができました。

 

せっかくなのでいくつかご紹介しますね。

 

ヾ甜

子どもが生まれてから、

たまたま自家製甘酒の作り方を

教えていただく機会があって

以来ヨーグルトメーカーを使い

時々作っています

ヨーグルトやオリゴ糖と混ぜると

お腹の調子を整えるのにも良いし、

レモン汁加えるとレモネード風にもなって

とても飲みやすいです。

頂きもののジュースがあればそれに混ぜたり

果物も入れてジューサーで

スムージーのようにして飲んだり。

自家製甘酒を飲み始めてから

とにかく体調を崩しにくくなりました!

 

△灸、レッグウォーマーで冷え対策

風邪予防や疲れが溜まっていると感じた時には

以前お灸の先生に教えていただいた

仙骨という部分に火を使わないタイプの

貼るお灸を張っています。

またレッグウォーマーを使い

足首内側の少し上にある

三陰交というツボも温めるようにしています。

元々婦人科系の疾患があって

PMSも重い私ですが

生理前には三陰交を温めるようにしたところ

以前ほどひどい生理痛にはならなくなり

生理周期も整ってきました。

ツボ&お灸ってすごい! 

 

3觝湯

近所のドラッグストアでも手軽に購入できる上

授乳中でも使える葛根湯。

子どもが生後半年頃までは

よく乳腺炎予防でもお世話になりました。

葛根湯は風邪の『本当のひき始め』に

効果があるそうなので

家族が体調を崩した時点で

私は飲みはじめています。

早すぎ?とも思いますが

母乳の出も良くなるので

風邪予防と一石二鳥と

今ではかなり積極的に使っています。

 

あとはひたすら水分補給。

体調不良には私の場合、ほうじ茶がメインです。

 

またフルーツをを食べるのに

午前中がより効果的に栄養がとれると

聞いてからは意識して早めの時間帯に食べるようにしてます。

 

それから体調回復にはやっぱり睡眠。

体調の悪い子どもと添い寝していると

夜中も何度も起きてしまったり

なかなか休養がとれないので

昼寝のときに意識して一緒に寝たり。

眠れなくても、目を閉じて横になり

少しでも体力を回復するようにしています。

 

ご紹介したのは自己流の体調管理なので

体質によって合わない方も

いらっしゃるでしょうが

私自身は今のところ

子育ての忙しさや家族の風邪菌にも負けず

元気に春を迎えることができそうです。

参考になることがあれば、ぜひお試しください!

夜間断乳完了しました。

お久しぶりです。

大変ご無沙汰しておりました。

 

少しだけ忙しくしておりまして

(と言っても私の小さな小さなキャパシティでの忙しさ、ですが…)

ブログの更新が滞っておりました。

 

さて、前回のブログ更新から

日が経っていることもあり

記憶を呼び起こしながらの「夜間断乳・完了編」です。

 

寝ながらのおっぱいなし!

という息子的にはおそらく天変地異のような出来事により

昼間の機嫌の悪さも最高潮、

夜は鬼のように泣く、

とご機嫌コンディションは最悪の状態で

私の心も折れ続け、5日目の夜。

 

「3日目までが山場って聞いてたのに…」

と諸先輩方の体験談から得た

前情報を恨めしくすら思いながら

今日も夜泣きと格闘か、と

就寝前の授乳をし、

眠りに落ちつつある息子を

そーっと寝室へ移動させ

体をぴったりくっつけて…

「おやすみなさーい」。

 

気が付くと、横で「あー!うぅー。」

ぐずぐずと文句(?)をいう息子。

 

「やっぱり今夜もダメか…」

と子どもを抱き寄せた時

カーテンの外が明るいのに気が付きました。

 

あれ?

 

もしかして朝!!??

 

時計を確認するとAM6:00前。

ということは、夜泣かなかったということ!

 

5日目にして突然の夜間断乳完了でした。

朝の寝起きは多少機嫌が悪かったものの

日中の普段通りのニコニコ顔の息子。

 

その後、今日にいたるまで

就寝時の添い乳はしていません。

 

息子の寝つきも良くなり

私の睡眠時間もしっかりとれるようになりました。

 

相変わらず寝る前の授乳だけは続いているのですが

これはもう少し息子が大きくなるまで続ける予定です。

 

今のところ、私にとっては良いことばかりの

夜間断乳ですが

今はひとつだけ、気になることが。

 

それは息子が頻繁に

私のお腹を触りたがるようになったこと…。

 

夜間断乳の完了後から急に

昼夜問わず暇さえあれば

私のシャツをめくり

さわさわ〜とお腹にタッチする息子。

 

添い乳がなくなった分のスキンシップを

息子なりに埋め合わせようとしているのかなぁと

勝手に解釈していますが、なぜお腹…。

 

産後のたるんだ私の腹部が

おっぱいの触感に似ているのか…。

 

自分のお腹のたるみ具合から

目を背けるためにも

お腹に執着する原因については

あまり深く考えないようにします。

 

兎にも角にも何とかやれやれ一息、の

我が家の夜間断乳でした。 

PR