HOMEママNavi ブログ本日もママ日和

ドキドキ、初めての妊娠・出産・子育て

バックナンバー:2018年7月

1歳6か月 札幌市の1歳半健診に行ってきました

「次は半年以上先かぁ…」

と前回の10か月健診から

のんきに構えていた私ですが

あっ!

という間に1歳半健診の案内が届きました。

 

特に子育てを始めてからは

本当に時間が過ぎるのが早いなぁ〜…(しみじみ)。

 

私が受診したのは

札幌市中央区の健診。

中央保健センターへ行ってきました。

 
「早く行ってとっとと終わらせたい!」

と思う気持ちは皆同じなのか

健診の受付番号となる

ファイル配布の時間

(検診開始の1時間前)

の15分前に保健センター入り口に着くと

すでに5組の親子連れの方が

並んでいました。

 

私の後にもファイルの配布開始まで

保健センター1階の風除室(?)内に

どんどん列が伸びていく…。

 

ファイル配布の予定時間ちょうどに

入り口の自動ドアが解除され

並んでいた順にファイルを受け取り

1時間後の健診スタートまで

それぞれ時間をつぶします。

 

私はいったん外出し

息子を外で遊ばせてから

健診のスタート時間5分前に

保健センターに戻りました。

 

健診スタートの時間になると

なんだか懐かしいチャイム音。

 

ここでやっとファイルの番号順に

健診の受付に呼ばれていきます。 

 

ちなみに息子は

できるだけ保健センター内での

待ち時間を短くしようとした

母の画策にも関わらず

この時点で何かを察し、ぐずり気味…。

 

私の受付番号は6番。

待ち時間は比較的短めの5分弱で

健診の部屋に呼ばれました。

 

入室したらまずは息子を

オムツ無しすっぽんぽん全裸に。

(このタイミングでオムツ替えの場合も

多いと思うので、要替えオムツですね) 

 

そのまま身長・体重・胸囲と

頭の大きさを測ります。

 

機嫌の悪いところに

全裸で硬い台の上に乗せられ

3人がかりで押さえつけられて

息子は大泣き。

 

一緒に息子を押さえてくれている

スタッフの方に申し訳なく思いつつも

自分の子どもの激しい暴れっぷりに

ちょっと笑ってしまった私…。

というか笑うしかない暴れよう…。 

 

オムツだけを装着し

涙と鼻水がダラダラ状態の息子を抱えて

次は問診です。

 

1歳半健診というと

医師の前で絵本を見ての指差しや

言葉の発達の確認がある地域もあるようですが

私が受診した今回の健診では

2〜3分のシンプルな問診

(アンケートを基にいくつか確認される) 

のみで終わりました。

 

この時点でもまだ息子は泣いていたので

うちは特に早めに終わったのかもしれませんが…。

 

問診が終わり息子に服を着させて 

再度待合スペースで

今度は歯科健診を待ちます。

 

歯科検診では歯医者さんでよく見る

診療台に子どもを仰向けに寝かせて

お口の中をチェック。 

 

現在生えている歯の本数と

虫歯の有無を確認してもらい

歯のケアについて心配なことがないか

聞いていただいて

歯科健診も終了!

 

泣きすぎてぐったりの息子を抱いて

保健センターを後にしました。

 

この日、同じ回の健診を受けていた

親子連れは約30〜40組ほどでしょうか。

 

私の場合で健診のスタート時間から

約30分ほどで外に出ることができました。

 

とりあえずお疲れー!

と帰りの車でチャイルドシートを覗くと

既に寝落ちしていた息子。

…寝るの早すぎ!笑

1歳6か月なりに大変だったようですが

無事に健診を終え、ほっとした私でした。

1歳6か月 スーパーでの買い物が大変!

息子を連れて歩いていると時折
「男の子はうごくから大変ねぇ」
と年配の方から声をかけていただくことがあります。
 
私は息子の子育て経験しかないので
チョロチョロ動く1歳半に対しても
普段の生活では 
「こんなもんかなぁ」
くらいに思っています。
 
が、そんな私でも最近強く思うこと。
「あぁ(息子連れで)スーパーに行きたくないーーー!」
です。
 
少し前まではそれなりにおとなしく
自前のベビーカーやスーパーのカートから
目の前を流れすぎていく食品を
眺めていた息子ですが
最近は
「俺っていろいろできるんだぜぇ」
と言わんばかりにカートから身を乗り出し
様々な商品に強引に手を伸ばそうとします。 
 
自我の発達のおかげかスーパーでの買い物に
飽きると「帰るぞー!」とばかりに奇声をあげ
購入した商品を素早く袋に詰めようと必死の
母の横でサッカー台を足で蹴り
自分の乗ったカートを
自力で発進させようとする始末。 
 
…。
…。
………。 
(大きな声で)
「やめろーーーーーー!!!(涙)」
 
都度注意はしていますが
1歳半の息子には利いているのかいないのか。
馬の耳に念仏のような気も…。
 
そんなこんなで最近はいかに
スーパー行きの頻度を下げるかを
考えています。
 
外での買い物を減らすために
私が活用しているのは
主に3つのサービスです。
 
\原┐梁霰
妊娠中に加入し、以来ずっとお世話になっています。
最初は注文用紙の記入に慣れなかったりと
利用し続けられるかちょっと不安でしたが
スマホでのネット注文に切り替えてからは
とってもラクに!
ただ、宅配の約1週間前に
注文を確定しなければならないので
うっかり「あーオムツ切れそうー!」
なんて時は△離▲泪哨鵑魍萢僂靴討い泙后
 
 
▲▲泪哨鵑離廛薀ぅ牴餔
年間¥3900の会費を支払って登録しています。
ほとんどの商品が送料無料になるので
ネットでの買い物はほとんどアマゾンの
我が家の場合は十分にモトをとっています。
商品の日時指定も無料になるのも嬉しい。
また以前のブログにも書きましたが
アマゾンプライムミュージックが
聴き放題という特典も子育て中のママには
メリット大のポイントだと思います。
NHKの教育番組の曲もたくさん聴けるし
最近はアンパンマンナンバーも追加されました。
 
 
らでぃっしゅぼーや
生協の宅配をすでに利用しているので
入会を迷いましたが
私の場合は入会して良かったと思っています。
最初は“7選プチ+果物”という
セットで契約してたのですが
余らせてしまうことが多くあり
途中で品数の少ない“らくらくぱれっと” に
変更しました。
旬の野菜が毎週5種類自動的に届くので
冷蔵庫から野菜が切れることがなくなりました。 
また自分で届く野菜を
チョイスするわけではないので
つい普段なじみのある野菜の購入に
偏りがちな私でも珍しい野菜を積極的に
献立に取り入れることができます。
 
…と、ならべて書くと
この3つをフル活用していれば
もうスーパーに行く必要はないんじゃないか
と我ながら思いましたが
それでもちょこちょこあるんですよね
「あ、ケチャップない」とか
「卵足りなくなりそうだな」とか。
 
単に主婦としての私の
計画力不足のような気も多々しますが
そんなこんなでヒーヒー言いつつも
1日3食(+息子オヤツ)を必死で乗り切る毎日です。
 
息子と優雅にスーパーを歩ける日は
いつ来るのかなぁ…。 
 

1歳6か月 水遊びスタイルについて

あっという間に7月!夏本番の季節ですね。

 

以前のブログにも書きましたが

外遊びで楽しめるようになった息子を連れ

街ナカの水辺を求めて

日々さまよう最近の私です。

 

まだ歩けなかった去年と違い

本人の意思で動けるように

進化成長した今年の息子。

 

母の私も水遊びとは大人になってから

ずいぶんご無沙汰だったので

息子と一緒に初々しく水遊びデビューの感覚です。

 

水遊び場に連れて行っても

最初のうちは装備(?)がよくわからず

周りの先輩ママをコッソリ観察して

便利そうなグッズを知っては

「なるほど…」

と感心していました。

 

なにせ去年の今頃はまだ

“水遊び用紙オムツ”

の存在すらしらなかったのです。

先輩ママにおすそ分けしてもらって

初めて知った“水遊び用紙オムツ”…

なんて便利な時代なんだー!

 

せっせと息子を水遊びに連れていくこと

約十数回。

 

最近やっと母子の定番装備が

決まってきました。

 

〈息子〉

・グーン 水遊びスイミングパンツ

・ユニクロのインナーTシャツ

・長袖ラッシュガード

・水遊び用の靴 

 

〈私〉

・女性用サーフパンツ

・インナーに適当なキャミソール

+ 

・大人用フード付きラッシュガード

・数年前のハワイ土産 ビーチサンダル 

 

息子と私のラッシュガードと

私のサーフパンツはアマゾンで購入しました。

 

最初息子は

水遊び用オムツ+Tシャツ

で遊ばせていたのですが

水遊び場の近くはどうしても

蚊や蜂などの虫がいることが多いので

虫刺されの予防と

一応まだまだチビっ子なので

肌が弱いかもと日焼け予防に

ラッシュガードの購入を決めました。

 

付き添う私は最初

普段の恰好でパンツをめくり

水遊びに付き合うなどしていたのですが

気が付けば毎回ずぶぬれ…。

 

家からそのままの恰好で出られて

水遊び場で思いっきり濡れてもすぐ乾く

女性用のサーフパンツを買ってみたら

とても便利でした。

 

もう日焼けできるトシではないので

私用のラッシュガードは

長袖パーカーデザインで完全防備です。

 

息子の水遊び用の靴はイオンで購入しましたが

店員さんおすすめの

靴底に水抜き穴がついたものを履かせています。

 

こんな気の利いた靴

私が小さい頃はなかったなぁ。

 

靴の中に水が溜まって

歩きにくくなることが無いですし

自然の中での水遊びでも

小さな足を守ってくれ安心です。 

 

最近は家から水遊びできる恰好をして出発し

(私の靴だけ現地でスニーカー→ビーチサンダルに履き替え) 

水遊び後に息子のみ着替えて帰宅しています。

 

私は上に着ているラッシュガードを脱ぐだけで

車の運転席に座っていますが

運転後にシートを確認しても

今のところ湿っていたことはないので

すぐ乾くサーフパンツはとても便利!

 

知識と装備が少しずつ充実し

より思いっきり水遊びを楽しめるようになりましたが

たったひとつだけ

目下の悩みは息子が帽子嫌いなことです。

 

熱中症予防のためにも

外遊びにはマスト!の帽子を

息子は絶対にかぶりません…。

(無理やりかぶらせても1秒持たずに

投げ捨てる。)

 

外遊びをしていると

帽子が苦手な子どものママさんと

お会いする機会も多いので

よくあることなのでしょうが

なにか良い方法はないものでしょうかねぇ…。 

図書館の予約、サイト利用が便利ですね。

「子育てグッズってこんなに増えるのか…」

と時折呆然としてしまうほど

息子が生まれてからの1年半で

たくさんのモノが増えました。

 

衣類やオムツなどの生活必需品から

未だに使用中の大きな授乳クッション

絵本、そして我が家の場合なんといっても

おもちゃ!!です。

 

我が家で増殖し続けるおもちゃの数々。

 

初めての子どもということで 

私や夫もついお財布が緩みがちになる(甘い…)上に

じぃじ・ばぁばからもプレゼントしてもらう機会が多く

気が付けばおもちゃ箱は満タン。

 

増え続けるおもちゃはお風呂場にも。

すでに片付づけるのにも一苦労、な状態です。

 

「これはいかんぞ!」

と、重い腰をやっと上げる気になった私ですが

単純に数を減らすという片づけ方がしにくい

子どものおもちゃの収納方法が思いつかず

まずは参考にできる本を探すことにしたのでした。

 

今の時代アマゾンで【子ども 片づけ】

と入力すればめぼしい本はすぐにでてくるのですが

いやいやいやいや!

家をすっきり片づけるために本を増やしてどうする!

と今回は図書館の利用を選択。

 

ネットで蔵書検索はできるのかなぁ〜

と、軽い気持ちで市の図書館サイトを開いてみると

子育て中のママにも優しい

なんと便利なシステムになっていたのです。

(と大げさに書きましたが単に私が無知だっただけ…)

 

・施設の図書施設で登録し、貸し出し権を作る

と、同時に図書館のサイトで使用する

仮パスワードを作ってもらう

 

という作業のみ

自らでかけて図書館カウンタ―等で

行う必要があるのですが

最初のこの1回の手続きのみ済んでしまえば

あとは自分のパソコンやスマホで

 

・パスワードの変更

・メールアドレス登録

 

を行うことで札幌市の図書館蔵書検索・予約システムサイトと

「マイ図書館」というネット上のサービスが使えるようになります。

 

このサイトを利用すれば

最寄りの図書館だけでなく

市内の各図書施設の蔵書が検索・予約ができ

使い方も簡単でした。

 

蔵書検索はもちろんキーワードで行うことができるので

【子ども 片づけ】

【無印良品 片づけ】(無印好きです)

などと入力すると

札幌市の蔵書が一覧で確認できます。

 

私が便利だなと思ったのが

検索結果の並び替え機能で

「貸出の多い順」

があること。

 

著者名やタイトルだけだと

どの本が人気があるのかわかりにくいです。

 

もちろん出版年が古いほど

貸出回数が多くなるのでしょうが

いちいち詳細ページを開く開かずとも

ある程度目ぼしをつけることができて

助かりました。 

 

お目当ての本を見つけたら

「カートへ追加」

することでカート内の本をいっぺんに

貸し出し予約ができます。

 

同じ画面上で貸出をうける図書館も選択できるのも便利。

 

あとは“予約資料準備完了のお知らせ”

というメールがきたら

指定した図書館やカウンターで受け取れとればOK。

 

子どもが小さいうちは

図書館で蔵書検索したり

電話で連絡をしたり受けたりなんて無理!

…ではないけどハードル高めです。

 

「マイ図書館」では

借りている本・予約している本・準備完了した本が

トップページで確認できるし

蔵書検索や予約がいつでもできるので

個人的にはとても助かるなぁという感想です。

 

と、こうして無事

片づけ関連の図書を手元に用意した私は

さっそく子ども用品を中心とした

家の中のお片付けに着手。

 

…とはいえ、今のところ

「お風呂のおもちゃを洗濯ネットに入れて

無印のワイヤーフックで物干しにつるす」

というワザ(?)ひとつのみを実現しただけ。

 

便利な図書館利用にハマるだけでなく

得た知識は活用せねば…ですね。 

PR