HOMEママNavi ブログ本日もママ日和

ドキドキ、初めての妊娠・出産・子育て

【赤ちゃんの虫歯ケア】初めての歯医者へ

息子の歯が生え始めたのは

生後4カ月過ぎと比較的早め?でした。

 

生後10か月を迎えた今では

上下の前歯とさらにその左右1本ずつがほぼ揃い

小さなくちびるからは計8本の歯が覗いています。

 

歯が生えてきた、ということは

当然同時に虫歯が出来る可能性も発生するということで

めんどくさがり母の私もついに

息子の歯のケアに乗り出さざるを得ない状況になりました。

 

何気なく周りで聞いてみると

近い月例の子どもを持つママは

まだ本格的な歯磨きはせず 

「布でふき取っているよー」

が多数のよう。

 

やはりもう少し本数が増えてから

しっかり歯磨き、 という感じで

みんな段階的に少しずつ始めているのでしょうか。

 

しかし私がちょこちょこと

ママ友と話した程度の聞き取りでも

「歯医者に通う」頻度となると

それぞれの考え方で頻度にかなりの差が。

 

●上下8本そろった時点から2カ月に1度必ず通っている

という人から

●特に虫歯もないし、定期的な歯医者でのケアは行っていない

という人まで。

  

いつごろから、どのくらい、

歯医者に連れていくべきか迷っていたところ

ナイスなタイミング(?)で

私自身の歯科検診の時期が来たのでした。

 

生後いつごろから歯科通院でのケアをするのが

理想的なのかを担当医の先生に聞いてみると

「極端な話、1本でも生えれば虫歯の可能性はあるので

できるだけ早めに1度受診するのがおすすめです」

との答え。

 

私の通う歯科の先生の考えでは

最初の歯が生えたらまず一度受診してカルテを作り

フッ素の塗布を行ったり、自宅でのケアのアドバイスを

受けたりしながら虫歯ができやすい乳歯を

守っていくのが良いのでしょう、ということでした。

 

それでは!と早速次週に息子の診療予約をお願いし

この日は帰宅。

 

そして翌週、息子初の歯医者へ向かったのでした。

 

私が通院している歯科はたまたまですが

小児歯科の治療にも力を入れているクリニックで

息子のように「人生初の歯医者」として

通う子どもも少なくないそうです。

 

予約時間に到着すると、受付の方の慣れた対応で

ささっと個室にベビーカーのまま入室させていただきました。

 通された個室のモニターにはすでにアンパンマンが再生中!

さすが!笑 

 

息子の機嫌を取りつつ 、歯科衛生士さんと

塗布してもらうフッ素を確認します。

数種類の中から選んでください〜と衛生士さんに言われ

私の独断で「いちご味」のフッ素をチョイス。

息子は膝に抱っこで準備は完了です。

 

 「一瞬で終わりますよー」

と、先生。

息子を向かい合った抱っこのまま後ろに倒し、

口を開けたところに一気にフッ素を塗り込んで

泣き始めたと同時に処置完了です。笑

 

本当に一瞬の出来事でしたが 

フッ素の効果は約半年とのことで

次は来年のゴールデンウィークごろにまた予約を入れる予定です。

 

毎日のケアが一番大切です、と

帰り際に先生からの一言。

 

とりあえず今の月齢&歯の本数だと

1日1回、布でふき取るだけでも大丈夫とのこと。

それならめんどくさがり母の私でも頑張れそうです。

 

こんなことを書きつつも実はいまだに

『歯医者が大っ嫌い!』な母を反面教師にして

歯科ケアを敬遠しない人間に育ってもらいたいなぁ

という身勝手な私の親心なのでした。

You can skip to the end and leave a response. Pinging is currently not allowed.

コメントはこちらから投稿できます。

※公開されません

PR