HOMEママNavi ブログ本日もママ日和

ドキドキ、初めての妊娠・出産・子育て

2歳1か月 習いごとの卒業。

息子が1歳半の頃から
半年間つづけて通っていた習い事が
先週、修了しました。 
 
習い事、と言っても
同じくらいの年齢のおともだちと
歌ったり、踊ったり
体操のようなことをしたりと
遊びが主体となっていて
お勉強の要素はほぼなかったのですが
素敵な先生方が一生けん命に
子どもたちを盛り上げてくださることもあって
息子はその時間をとても楽しそうに過ごしていました。
 
一定の年齢になると
教室の受講資格から外れてしまうため
息子は残念ながら春を前にクラスを卒業
となったのですが
叶うのであればずーっと通わせたいくらい
内容や雰囲気の良い習い事だったなぁと思います。
 
今日で最後、という日に
名前と写真入りの修了書を
先生から手渡しされて
笑顔を見せている息子を眺めながら
私はなんだか少しさびしい気持ちに。
 
これは、顔見知りになったママ達や
素敵な先生方と一緒に過ごすことは
もうないんだなぁ〜
という寂しさはもちろんのこと、子どもが
“ある段階を成長とともに卒業していく”
ということを実感したから、でしょうか。
 
子育てをはじめてから
子どもの成長の早さには驚くことばかりです。
 
わずか半年とはいえ
教室に通い始めた頃はできなかったことを
少しできるようになったり
おともだちとのかかわり方が
上手になってきたり。
 
「あっ!」
という間に過ぎていく育児の日々は
その真っただ中にいると実感しにくいのですが
修了や卒業などのひとつの区切りがあると
急に肌身に感じるものだな…と
思います。 
 
半年前よりすこーしだけたくましく
成長した息子。
 
入園、卒園、入学、卒業…。
これからも続いていくであろう
“区切り”を越えるたびに
嬉しさと寂しさを感じるんだろうなぁと
しみじみした親としての気持ちを味わう私でした。 

You can skip to the end and leave a response. Pinging is currently not allowed.

コメントはこちらから投稿できます。

※公開されません

PR