HOMEママNavi ブログ本日もママ日和

ドキドキ、初めての妊娠・出産・子育て

2歳5か月 びっくり!赤い発疹の正体は…。

先日、昼食を終えた息子の右腕に

面積の広い虫刺されのような

赤い発疹がでました。

 

息子本人の

 

「これ(皮膚の赤い部分)とってー!」

 

という声でひじの近くを見ると

私もギョッ!とするような

4〜5センチ大の腫れ。

 

すぐに慌てて皮膚科へ駆け込みました。

 

診察の待ち時間の間も息子の

 

「かゆいー」

 

「これやだ、とってー!」

 

と、ぐずる様子に私も不安に…。

 

“虫刺されかな…”

“アレルギーかもしれない”

“アトピーの一種では…”

 

とシロウト考えがぐるぐる頭の中に

めぐります。

 

順番が来て診察室へ入り

患部を見せると先生は開口一番

 

「じんましんね」。

 

小さな子どもは突発的に

急性のじんましんが現われることも多いそうです。

 

症状が出たのが

昼食のあとということもあり

食事の内容を確認。

 

この日の昼食にはじめて食べる食材は

入っていなかったことから

疲れやストレスが原因のこともあるし

じんましんは原因がはっきりわからないことも多い 

と教えていただきました。

 

薬局でもらった飲み薬と軟膏で

その日の夜にはすっかり

症状が落ち着き、夜も寝られて一安心。

 

その後改めて息子の昼食に使った食材の

期限やアレルギー表示をチェックしましたが

やはり思いあたる点はなく…。

 

まずは症状がおさまって良かったー!

のですが、原因がはっきりしないので

またいつじんましんが出るのでは…

と不安です。

 

最近はお出かけの時も

皮膚科の先生に教えていただいた軟膏を

お守り代わりにバッグにしのばせ持ち歩いています。

 

原因がわからない以上

どうかもうあのじんましんが

出てきませんように!

と願うことしかできないもどかしさを

感じている最近の私でした。 

You can skip to the end and leave a response. Pinging is currently not allowed.

コメントはこちらから投稿できます。

※公開されません

PR