HOMEママNavi ブログママたちの「自分らしく心地いい暮らし」

ママたちの「自分らしく心地いい暮らし」

バックナンバー:2015年8月

ビジネス発表をさせていただきました!

すっかりご報告が遅くなってしまいましたが、

先週木曜日(20日)にエルプラザにて「ママ起業家のビジネス発表会」の予選に参加いたしまして、おかげさまで予選を通過することができました^^。
今回のビジネス発表会は、株式会社Mammy Proさまの10周年記念イベントの企画の1つです!

札幌では(札幌の状況しか知らないのでアレですが)、日に日に「ママ起業」が増えていると感じます。もちろん、私がそうであるから、アンテナを張っているので気づきやすいということもありますね。
法人として起業されている方もいらっしゃいますし、私のように個人事業主として始めるケースもあります。
何をするか、どこを目指すかは、それこそそれぞれが「幸せだと思うところ」がいいと思いますが、自分の得意なこと、今までの経験、社会に貢献できること…それらを行動に移している女性の多さに、たくさんの刺激をもらっています^^

もし、起業を考えている方がいらっしゃいましたら、ぜひ9月23日・24日のイベントに足を運んでみてくださいね!

また、私も昨年から非常にお世話になっている、
札幌市エルプラザにあるコワーキングスペース リラコワ。
ただのコワーキングスペースではなく、出会い、ご縁、アドバイス…。
ここで得られたものなくして、今の私はないと思います。
男女共同参画センターでも、女性の起業に関する相談会ができる日があります。
ここに行くことで、起業のきっかけ、取っ掛かりが掴めると思います。
リラコワに登録して、人とつながって行くことで、知れることがたくさんあると思います!

最後になりましたが、
発表の機会を下さった株式会社Mammy Proさま、
男女共同参画センターのみなさま、
ありがとうございました。

「片づけを仕事としている人がいる」ことは、
少しずつ国内でも認知されているとは思います。
ただ、身近に・・・この札幌に、そんな人がいるということをご存知の方はまだまだ少ないのが現状だと思います。
こういう場に出て、人さまの前で話をすることで、少しでも「ライフオーガナイズ」に興味を持ってくださる方が増え、広まっていくといいな〜と思っています。
そうすることで、片づけが苦手で困っているところに、必要なサービスが届くきっかけになるかもしれません!

次回、グランプリ決定は9月24日13:30から。
株式会社Mammy Proさまの10周年記念イベントにて、再度発表をさせていただきます。
ビジネス発表会だけでなく、イベントには様々なブースも出展していて、
行くだけでとっても楽しい企画です♡
もしお時間がある方は、ついでに発表も聞いてくださるとうれしいです!
どうぞよろしくお願いいたします^^

ミルク料理教室に参加させていただきました!

先日、「チームMilkママ」のメンバーのお一人であるマタニティフードアドバイザー/栄養士/Pop Spoon Cafeオーナーの熊谷 しのぶさんに「牛乳について」と、「ミルク料理レシピ」を教えてもらってきました!

ロコモコ
お料理は、このロコモコ!
ロコモコのどこに牛乳が使われているか…なかなか想像がつきませんよね。
このロコモコのどこに使われているか…
答えはこちらから(⇒熱中症予防に効く/身体が喜ぶヘルシーロコモコ

「牛乳」というテーマを抜きにしても、このレシピのハンバーグ、とっっっっってもおいしいです!びっくりしますよ!豆とかぼちゃとひじきがとってもいい!しかも豆腐を挟んでいる分ボリュームがあるのにカロリー控えめ(価格も控えめ!)!
とってもおススメです。絶対作ってみてください!
img_5408.JPG

以前から、牛乳は「カルシウム補給」として、積極的に飲んだ方がいいということは知っていましたが、それ以外のことはあまり知りませんでした。
今回知ったことは、牛乳を飲むことで熱中症予防になるということ!

その原理は・・・

牛乳を飲む 
↓ 
血中にアルブミンが増加

血液量が増える

汗をかきやすくなる

体温が上がりにくくなる

熱中症予防に効果

とのこと!スポーツドリンクを飲む…ということくらいしか思いつかなかったので、これも目から鱗が落ちる話でした!
来年の夏は、牛乳を効果的に摂取することで熱中症の予防をしようと思います。

お料理を教えていただいた後、熊谷しのぶさんにお話を聞いているとその他の料理への応用も教えてくださいました!
例えば…
味噌汁(+塩麹だと粕汁のようになるそう!)や肉じゃがなど「だし汁」を使うお料理には、だし汁の代わりに(もしくは半々とか…?)使うことができるそうです。
そうすると、味にコクが出るそう。
そのまま飲む、ホットケーキを作る、ミルク系料理を作る、そのくらいしか思いつかなかった牛乳の取り方ですが、日々作る和食にも使うことができるとわかると、活用の幅が広がりますね。

実際に、「だし汁の代わりに使う」を帰宅後家の冷蔵庫にあったゴボウとにんじんをつかって、試してみました!味にやわらかい甘味が加わって、おいしかったですよ。
色々応用できそうです。

ここまで書いてきて、今更ですが、私は小学校の給食以来牛乳が苦手です。
なので、「そのまま飲む」ということはありません。そうすると、シチューにしない限り1Lの牛乳なんてとても使いきれません。
そう考え、購入から少し遠ざかってしまっていました。
しかし、様々な料理に使うことで「牛乳の味を強調することなく」…つまり牛乳が苦手な人でもおいしくいただけるということがわかりました!
ぜひ、牛乳を使った料理を作ってみてください!!!

2学期が始める前に、時間の使い方を見直す方法

こんにちは!
やはりお盆にもなると、暑さが和らいできました。
北海道は2学期開始まであと1週間をきりました。
夏の思い出は沢山作れましたか?

私も一足先に先週末初めて道東旅行をしました。
10年越しに行ってみたかった知床を訪れることができました。

夏休みで苦労をしているお母さん方!あと1週間!頑張りましょう!

さて。
2学期が始まりますね。
お子さんが毎日学校や幼稚園に通う生活に戻ります。
よく聞く夕方以降の話・・・

「宿題やったの!!?」
「もう○時だよ!!」
「早くご飯食べなさい!」
「明日の準備したの!!?」
「いつまでテレビ見ているの!?」
「早く寝なさいーー!」

例えお母さんに、
「○時まで☆☆を△△分くらいで終わらせて・・・」
という時間のプランがあったとしても、子どもに伝わっていない、そもそも時間が有限であることを意識していない場合、お母さんの計画通りに事が進むことはありません。
そして、そんな子どもの様子にイラっとすることもあると思います。
また、お母さんも実際毎日の生活にどのくらいの時間があり、また、子どもは1つのことをやり終えるまでにそのくらいの時間がかかっているか把握できているでしょうか?

今日は、毎日「好きなこと」と「やるべきこと」を両立できるように、時間を俯瞰する(物事を距離を置いたところから全体を捉えようとすること)方法をご紹介します。
img_5229.JPG

まず、いわゆる「バーティカル・スケジュール」と呼ばれる1日24時間が縦軸にとってあるスケジュールを用意します。
(もし、お手元になければ私のHPにpdfファイルでご用意していますので、ダウンロードしてください。ダウンロードはこちらから⇒各種ダウンロード(ページの下の方にあります)

(1)学校、習いごとなど時間が動かせないもの(+前後の移動時間)を書き込む
(2)起きる時間、寝る時間を決める
(3)「余白時間」がどのくらいあるか、書き出す

余白時間は、何時間くらいあったでしょうか?
我が家の場合は、
・起きてから投稿までの1時間
・学童から帰宅後、寝るまでの2〜2時間半
でした。

次に、付箋を用意して
(A)やりたいことと、その時間
(B)やらなければいけないこととその時間
を書き出します。1枚の付箋に行動は1つ書きます。
例えば、
(A)テレビ30分、読書10分…
(B)夕食40分、お風呂30分、明日の準備5分、宿題15分…
などです。
普段どれくらいの時間がかかっているかをお子さんがわからない場合は、お母さんが教えてあげてください。
そして、これらをやる順番に並べて行きます。

さて、やりたいこと、やらなければいけないこと、全部できるでしょうか?

我が家では、やらなければならないことに時間がかかりすぎて、平日娘は家で好きなことをする時間がほぼゼロです。
なので、できれば自分で「○○を△△分で終わらせれば、自分の好きなことができる」という意識をもってもらいたいです。

やりたいこと、やらなければいけないことを両立するには、

・何にどのくらいの時間をかけるか
・どの順番でやると、効率的か
・何時から始めればいいか

これらの意識を親子で共有できるといいですね。

以下、娘の感想です。

私は時間が作れなくて、したいことができなかったけれど、プリントに色鉛筆で学校や寝る時間を縫って、時間を40分ほど作れることに気がつきました。付箋にやらなきゃいけないこと、やりたいことを書いて、帰ってきてからの時間を何に使うか、どうやって使うか、わかりました。自由時間が作れそうで、嬉しかったです。

2学期が始まる前に、ぜひ取り組んでみてください!

それでは残り1週間、楽しい夏休みを^^

PR