HOMEママNavi ブログママたちの「自分らしく心地いい暮らし」

ママたちの「自分らしく心地いい暮らし」

バックナンバー:2017年12月

2018年はどんな1年にしたいですか?

kris-atomic-39874.jpg

3日前から、年末年始におススメの話を書いています。

一昨日は、家族・夫婦で話す時間を確保する。
昨日は、自分を労わる時間について考える。
今日は、2018年にやりたいことを書き出す、です。
 
この話、本当は年初にしてもいいのですが、きっと年初はこのブログを読む方が少ないと思ったので年末に書いてしまいます! 

数年前から、年初にこの1年何をしたいか、どうありたいかを、できる限りたくさん書き出すようにしています。

私の場合はあまりポンポンとアイディアが浮くタイプではないので、
仕事、家庭、自分と大分類を考え、
その後、例えば家族なら、夫、娘、息子、旅行、家事、・・・というように小分類を出して考えています。
(よく「100のウィッシュリスト」という言い方をするようですが、
現実・現在思考の私は、100も思い浮かんだためしがありません。)

そして、このリストを月に1回だけ見返しています。
(なぜ1回か…というと、「なんとなく」であまり根拠がないのですが。)

リストを見て、
今月できそうなこと、準備をするタイミングのものごと、
があれば、取り掛かります。


そして、年初にはやりたいと思っていたけれど、
時間の経過とともに興味がなくなったものは、斜線で消し込みます。
追加があれば、わかるように書き足しています。


これをやるようになってから、年末に、
「あー、●●もやっておきたかった!」や、
「●●に行けたらよかったのに!」ということがなくなりました。
特に旅行は、かなり早くから計画を立てておいた方が、
旅費も安く済みますのでお得ですね。


年末年始は、「区切り」の時期。
ぜひ、来年自分がどんなことをして、どう過ごしたいか。
考えてみてくださいね。


それに関連して、私は「時間を生み出すメールセミナー」を発行しています。
10日連続になりますが、自分の時間を見直すきっかけにどうぞご活用ください。



今年はなかなかブログを書く時間を確保できず、
更新が滞りがちになてしまいました。


また来年もママにとって心地のいい暮らしに近づけるヒントを、
書いていきたいと思います。


皆さま、よいお年をお迎えくださいませ。

2017.12.27 戸井由貴子

自分を労わる時間を持っていますか?

075040.jpg

昨日から、年末年始におススメな話を書いています。

昨日は「家族・夫婦で話し合う時間を確保する」でした。
 
 
2つめの今日は、
自分を労わる時間について考える、です。

もちろん、母、妻、ワーキングマザーとしての自分も、楽しめることもたくさんあります。
でも、ふと気が付くと、
専業主婦だったら、育児、育児、育児、家事、家事、PTA、ママ友、育児、家事…
とめどなく「母として、妻として」がのしかかっているのではないでしょうか。

仕事をしていても、
家事、仕事、家事、育児、家事、育児、仕事…
母として、妻として、ワーキングマザーとして、時間に追われていることが多いのではないでしょうか。


そういう時に、結局後回しになってしまうのが「自分」なんですよね。


私は仕事柄、たくさんの女性に出会っています。


その中で、長い目で見た時にストレスマネジメントをしながら、
生き生きと暮らしていると感じる女性は、
自分を労わる時間を確保できている方。


ご存知の方も多いかと思いますが、
マツダミヒロさんの「シャンパンタワーの法則」。

1番上のグラスを自分自身と見立てて
2段目を、家族(身近な人たち)と見立て、
3段目を友達や一緒に働くスタッフと見立てて
4段目をお客様と見立てていきます。

こう考えた時に、

あなたは何段目からシャンパン(エネルギー)を注いでいますでしょうか?


お母さんになると、2段目から注いでいる方が多いのではないでしょうか。
(昭和的な母のイメージが強いと、必ず2段目からでしょうね!)

しかし、全てのグラスを満たすには、
必ず1番上のグラスから注がなければなりませんね。



・月1回ネイルサロンに通い、いつみても満足する指先でいる
・お気に入りのアロマをたく
・ゆっくりお風呂に入る
・月1で1人で映画を見に行く
・週1回ジムに通う
・1人カラオケに行く
・1.5ヵ月に1回は美容院に行く
・マッサージに行く


自分の心を満たす術を、しっかりと確立できていますか?
また、その時間を確保できているでしょうか?

「時間ができたら●●したい…」と思っているだけでは、なかなか時間は訪れません。

ぜひ、ご自身を労わる時間について、見つめ直してみてくださいね。





2017年もあと1週間をきりました。

今年もあっという間に残り一週間をきりましたね。
札幌市のライフオーガナイザー戸井由貴子です。

私は元々片付けが苦手なのですが、
その理由の1つには「後まわし癖」があります。

きっとみなさんがイメージしやすいのは、「テスト前の一夜漬け」

〆切直前にならないと、エンジンがかからないという
かなり困った性格の持ち主です。

…つまり、1年があと少しである今。
焦っているわけです(苦笑)

やり残していること、やりっぱなしになっている事がたくさんあります。
さぁ、困った。

私はこんな状況ですが、
皆さまは、師走のこの時期、いかがお過ごしでしょうか。

さて、この時期は年末年始ということで
1年を振り返ったり、来年をどういう1年にしたいかに思いを馳せたりする時期だと思います。


そんな時に、おススメの話を3つ連続でご紹介します。


まず今日は1つめ。

家族、夫婦で話し合う時間を確保する

私自身は、今年1年は仕事も忙しくなり、
そして2歳前の息子に手がかかることで
以前より夫婦でゆっくり話をする時間が減りました。

結果、すれ違うことが増えました。

あれ?言ったっけ?聞いたっけ?の連続。

そして、話をする時間が減るほど、
「きっと●●だと思っているに違いない」という、勝手な思い込みが増えます。

これが増えるとますます、すれ違うんですよね(^^;

札幌市主催の働く女性応援セミナーでも、家事協力の講座を担当しています。

その中で、うまくいっていないと感じている方のほとんどが、

「夫はたぶん、●●だと思っているから」と言います。
でも、夫婦できちんと話をしたことがない人が多いのです。


コミュニケーションや心理学の世界では、
人の悩みの90%は対人関係に起因すると言われています。

つまりすれ違いからくるモヤモヤ、
家事や育児の協力ができていないイライラ、
そういったことも、元をたどれば夫や子供たち(=人間関係)に起因するのです。

そしてそういった悩みがあると、
ついつい相手をコントロールして変えさせたくなっていませんか?

「子どもに部屋を片付けさせるには」
「夫にもっと家事をやらせるには」

こういった方向で考えても、相手が変わる保証はありません。
なぜなら、人は「自分で決めたことはやる」けれど、「人に強制されていることは、やる気が起きない」からです。

相手をコントロールしようとして、
それがうまくいかないとさらに、イライラは募ってしまいますよね。
これは、悪循環です。

そのため、まずは今、一方的に「●●であろう」と決めつけて、
イライラしている自分の思考癖や行動パターンから見直しませんか?

夫婦関係、家族関係がうまくいっているほど、
(=コミュニケーションがきちんととれているほど)
家の中での悩みが減ります。


まずは、お互いが楽しくなる話題から、
ゆっくり時間をとってコミュニケーションをとってみてください。

PR