HOMEママNavi ブログママたちの「自分らしく心地いい暮らし」

ママたちの「自分らしく心地いい暮らし」

2017年もあと1週間をきりました。

今年もあっという間に残り一週間をきりましたね。
札幌市のライフオーガナイザー戸井由貴子です。

私は元々片付けが苦手なのですが、
その理由の1つには「後まわし癖」があります。

きっとみなさんがイメージしやすいのは、「テスト前の一夜漬け」

〆切直前にならないと、エンジンがかからないという
かなり困った性格の持ち主です。

…つまり、1年があと少しである今。
焦っているわけです(苦笑)

やり残していること、やりっぱなしになっている事がたくさんあります。
さぁ、困った。

私はこんな状況ですが、
皆さまは、師走のこの時期、いかがお過ごしでしょうか。

さて、この時期は年末年始ということで
1年を振り返ったり、来年をどういう1年にしたいかに思いを馳せたりする時期だと思います。


そんな時に、おススメの話を3つ連続でご紹介します。


まず今日は1つめ。

家族、夫婦で話し合う時間を確保する

私自身は、今年1年は仕事も忙しくなり、
そして2歳前の息子に手がかかることで
以前より夫婦でゆっくり話をする時間が減りました。

結果、すれ違うことが増えました。

あれ?言ったっけ?聞いたっけ?の連続。

そして、話をする時間が減るほど、
「きっと●●だと思っているに違いない」という、勝手な思い込みが増えます。

これが増えるとますます、すれ違うんですよね(^^;

札幌市主催の働く女性応援セミナーでも、家事協力の講座を担当しています。

その中で、うまくいっていないと感じている方のほとんどが、

「夫はたぶん、●●だと思っているから」と言います。
でも、夫婦できちんと話をしたことがない人が多いのです。


コミュニケーションや心理学の世界では、
人の悩みの90%は対人関係に起因すると言われています。

つまりすれ違いからくるモヤモヤ、
家事や育児の協力ができていないイライラ、
そういったことも、元をたどれば夫や子供たち(=人間関係)に起因するのです。

そしてそういった悩みがあると、
ついつい相手をコントロールして変えさせたくなっていませんか?

「子どもに部屋を片付けさせるには」
「夫にもっと家事をやらせるには」

こういった方向で考えても、相手が変わる保証はありません。
なぜなら、人は「自分で決めたことはやる」けれど、「人に強制されていることは、やる気が起きない」からです。

相手をコントロールしようとして、
それがうまくいかないとさらに、イライラは募ってしまいますよね。
これは、悪循環です。

そのため、まずは今、一方的に「●●であろう」と決めつけて、
イライラしている自分の思考癖や行動パターンから見直しませんか?

夫婦関係、家族関係がうまくいっているほど、
(=コミュニケーションがきちんととれているほど)
家の中での悩みが減ります。


まずは、お互いが楽しくなる話題から、
ゆっくり時間をとってコミュニケーションをとってみてください。

トラックバックURL https://mamanavi.tv/blog/04/wp-trackback.php?p=527

コメントはこちらから投稿できます。

※公開されません

PR