HOME教えて遊びイベント情報

カテゴリー:図書館・絵本・読み聞かせ

空とぶ絵本展

北海道出身の絵本作家による作品展です。

第7回の今回は、かわむらすずみ(札幌市在住)、剣持晶子(横浜市在住)、堀川由子(札幌市在住)、マット和子(札幌市在住)の4人展。水彩、パステル等それぞれの技法で描かれた絵本や紙芝居、その原画を約50点以上展示します。
会場では絵本を自由に読む事ができ、作者による自作絵本の読み聞かせや作品解説のイベントも実施。
絵本制作の過程で使われた下書きや校正前の作品、ダミー本(手製の試作絵本)等もあわせて展示します。

6月17日(土)14:00〜15:00/18:00〜19:00には『4人による絵本のお話と読み聞かせ』を行います。

78799_0.jpg

■日時: 2017/06/15(木) 〜 2017/06/20(火)10:00〜19:00
    ※最終日は17:00まで
■場所:道新ぎゃらりー
(札幌市中央区大通西3丁目 北海道新聞社北一条館1階 道新プラザ内)
■料金:無料
■お申込み:不要。直接会場まで。

■お問合せ先:マット和子 (kazmatt@jcom.home.ne.jp)

しろいし絵本講座(白石区民、もしくは白石区にお勤めの方限定)

絵本読み聞かせの会「すてっぷ」との共催により、しろいし絵本講座を開催します。
今年は、「ばらのおうち文庫」主宰の高橋洋子氏を講師にお招きし、「絵本はともだち」をテーマに講演します。
絵本は親子の時間を温かくしてくれる宝物です。そんな絵本の魅力について、耳を傾けてみませんか?

0shi.jpg

■日時:2017年6月28日(水曜日)  10時00分〜11時30分
■場所:白石保健センター講堂(白石区複合庁舎4階)
(札幌市白石区南郷通1丁目南8-1)
■対象:白石区内にお住まいか、お勤めの方(お子様連れでの参加も可能ですが、託児はありません)
■料金:無料

■お申込み・お問い合わせ先:白石区保健福祉部健康・子ども課健やか推進係(011-862-1881)
※申込期間:2017年6月13日(火曜日)〜6月26日(月曜日)の9時〜17時に電話で(土・日曜を除く)

詳しくはこちら

〜わくわく〜こどもランド

6月の「〜わくわく〜こどもランド」は、アジアのむかしばなしを中心にお届けします。
どんな“おはなし”が聞けるかな……。

01waku.jpg

■開催期間:6月10日(土)午前11時より
■場所:北海道立文学館講堂
(札幌市中央区中島公園1-4)
■料金:無料
■定員:60名
※定員に達した場合は、入場をお断りする場合がありますのでご了承ください

■出演:平野さん、太田さん、出光さん(読み聞かせボランティア)
■演目:
紙芝居「りゅうぐうのねこ」 
語り「おじいさんとねこ」、パネルシアターほか

詳しくはこちら (PDF)

親子でわくわくリトミック

親子で&お友達と楽器や道具を使って楽しく遊びます。
音に反応して、止まったり走ったり、体で表現したり、季節ごとに様々な活動を取り入れながら遊びの中で学んでいきます。
リトミックは、継続することで幼児期に必要な発達・経験を総合的に促し、音楽性、協調性、豊かな人間性の育成に役立ちます。

6月は、「雨」をテーマに活動します。

o0677096013943762954.jpg

■日時:
2017年6月4日(日)11:00〜11:45
■場所:札幌ファクトリーレンガ館1階ソプラティコファンタジースクエア(小スタジオ)
■定員:5〜6組
■対象:2歳〜4歳ぐらいのお子さんのいるご家庭
■料金:初回800円(2回目以降1000円・きょうだい半額)

■お申込方法:参加申し込み事項
1.参加者のお名前、お子様の月齢(性別)
2.連絡の取れるお電話番号
■お申し込み先:kidsroompoporu(キッズルームぽぽる)
 ●メール poporu.kids@ezweb.ne.jp
 ●電話 080-4040-1664(はたなか)
 ●講師 畠中栄理香(はたなかえりか)

詳しくはこちら

親子野あそびプログラム「ちびっこ遊び隊!」

自然の中で野あそびしましょう♪
小さな子に合わせて、のんびりゆっくり自然あそびを楽しみます。

6月以降も開催されます。
詳しくはホームページ にて。

1492354980-445x359.jpg

■日時:5月23日(火)10:00〜12:00※雨天中止
■場所:中島公園
■料金:大人も子供もひとり300円(子供二人目は無料です)
■対象:0歳〜4歳の親子(5歳以上も参加可能です)
■定員:各回こどもの人数が15名になるまで
■持ちもの:野外で活動できる服装、帽子、防寒着、雨具、飲み物、敷物など。
■指導員:鎌田恵実(自然ウオッチングセンター)、自然ウオッチングセンタースタッフ
■お申込・お問い合わせ先:でんわ(011-583-5208)、FAX(011−583-5233)、メール(pxp03576@nifty.com)で申込みください。
申込みの時に、「参加するみなさんの氏名」「お子さんの年令」「住所」「電話・FAX番号」「メールアドレス」を教えて下さい。
申込みいただいた方へ、集合場所などの詳細をメールでご案内します。

詳しくはこちら (PDF)

札幌市青少年科学館GWイベント『木と絵本のワンダーランド』

ゴールデンウィークの科学館は、親子で楽しめる「木と絵本のワンダーランド」を開催!
木のおもちゃや布絵本など、小さなお子さまでも科学の不思議さを肌で感じる
ことができるイベントです。ゴールデンウィークはご家族でお越しください。
 
gw.png

■日時:5月3日(水・祝)〜5月7日(日)9:00〜17:00
■場所:青少年科学館 2階特別展示室
■料金:展示室観覧料のみ(大人700円・中学生以下無料)

■イベント内容:
・木の砂場であそぼう!
木でできたボールがたくさん敷きつめられた木の砂場で遊ぼう!
 
・カプラで遊ぼう!
魔法の板と呼ばれるフランスの積み木「カプラ」で遊ぼう!
 
・絵本で楽しもう!
布でできたしかけ絵本や、大きな絵本を、親子で楽しもう!

詳しくはこちら

子育てプロジェクト第1弾「できた」「やってみよう」子どもの巻

子育てプロジェクトの第1弾は子どもたちが主役。
子どもたちが様々な活動を「知り」「選び」「やってみる」
成功体験を通じて、自信をつけ、また「やってみよう」とする
もし、上手にできなかったとしても、「どうしたらできる?」
そのようなことを繰り返して、子どもはやり遂げる力をつけていきます。
大人も同じですね♪

子どもたちが興味を持つきっかけとして様々なことを選び、体験し、ご自宅に帰ってからも楽しめるような内容の出展ばかりです。

お子さんの「やってみたい」の気持ちを育ててみませんか? 
たくさんの親子の参加をお待ちしています!!

17795676_1859436264339352_3451548377888705045_n.jpg

■日時:2017年4月22日(土)9時15分から11時30分
※事前予約受付中です。
詳細は、各ブースのリンクまで直接メッセージにてお願いします
9時20分から
9時50分から
10時20分から
10時50分から
11時20分から

■場所:札幌市男女参画センター内エルプラザ 大研修室AB
(札幌市北区北8条西3丁目28)
■料金:入場無料
※各ブースでは料金がかかります
■対象:親子 
※参加対象年齢のイメージは5歳から10歳くらい、年長から小学校4年生くらいです。

各ブース、年齢に応じた体験ができるように工夫しています。
その年齢のお子さんが楽しめるよう、
そして、そのお子さんの成長に合わせて楽しんでいただけることを考えています。

使用する道具や体験の過程がお子さんに合わせたものになることをご理解いただけましたら幸いです。

■イベント内容:
<出展ブース>
☆べびたいむ〜プロのカメラで撮影体験

☆オレンジと紫〜ハンドマッサージ体験

☆よんショク 4色の絵の具で楽しく簡単★オリジナルコースターをつくろう♪

☆むすびメール遊戯会拠点伊勢屋〜水引小物を作ってみよう!!

☆LLCみらいねっと 〜手話で遊ぼう♪自分の名前を覚えよう

☆脇基衣(J-SHINE小学校英語指導者資格 保有) ワンコイン英会話♪(歌やゲームなどを楽しみます)

☆ M-Factory〜お守りオルゴナイトを作ってみよう

☆ゆり@Labo〜デコパージュ ワークショップ 世界に1つだけのオリジナルバックを作ろう!(先着20名)

☆しおん(紫朗読会)〜絵本の読み聞かせ

詳しくはこちら

小さな森de絵本を楽しもうin札幌市資料館

写真好き!撮影好き!絵本好き!音楽好き!な
大人もっ、子どももっ、集まれ〜\(^o^)/♪

第1部は、写真絵本づくりワークショップ
世界でたった一冊のオリジナル写真絵本を作ります。
プロの写真絵本作家小寺卓矢さんによる撮影や作り方をアドバイス(^^♪ 参加者自身が、資料館の庭(小さな森)の木々や草や虫の写真をカメラ撮影します。そして、すぐにその場で現像した写真で、オリジナルの絵本を創ります。

第2部は、お話と映像と絵本と音楽
「森に息づくいのちの繋がり」テーマに北海道の森や自然の営みを撮影し続けている写真絵本作家小寺卓矢さんに“なぜ写真で絵本を作るのか/森への思い”のお話を映像とともにお話してもらいます。
「お話」は、講演調でもなく説明調でもなく、「サウンドとビジュアルに織り交ぜる形で参加者に“感じて”もらう。」という新しい形。小松崎健さんが奏でるハンマーダルシマーの音色にのせて興膳津が絵本の読み語をお届けします。

17629896_1122634127882947_1049228315986508034_n.jpg

■日時:2017年5月21日(日)10:00〜
■場所:札幌市資料館
(北海道札幌市中央区大通西13丁目)

【募集対象・人数・料金】
第1部 写真絵本づくりワークショップ(10:00〜14:30)
■対象:小学生からおとな(小学生は保護者同伴)
■定員:25組
■料金:2500円 大人1名または親子1組(おとな・こども各1人)
※絵本1冊分の材料費と保険料を含む。
※絵本は1冊1000円で追加作成できる。
※絵本作成者は第二部小さな森のコンサートを無料で参加できる。
(保護者1名まで無料)
※保護者が複数の場合、第2部を割引料金で参加できる。

■持ち物:デジタルカメラ(1組1台、メモリーカード着脱可能なもの)、絵本づくりに使うペンなど、雨具、タオル、昼食、飲料水等

第2部 小さな森のコンサート(14:45〜16:15)
■対象:乳幼児からおとな(小学生以下は保護者同伴)
■定員:50名
■料金:こども  500円(前売・当日同額/2歳以下無料)
    おとな 前売 1000円
        当日 1500円(高校生以上)
ワークショップ同行者 割引料金
           500円(高校生以上)

■申込方法:
1.FBイベント の「参加予定」をクリックしてください。
2.メールください。
 moride.ehon@gmail.com
お申込の際は、
‖緝充圓里柑疚勝ε日通じる電話番号
▲錙璽ショップの参加人数(保護者の人数も含む)
△里Δ措尊櫃乏本を作る人数
ぅ灰鵐機璽隼臆耽与堯並膺諭Δ海匹癲法     
を忘れずにかいてくださいね〜♪

【特典情報!】
絵本作成者は第二部小さな森のコンサートを無料で参加できます!
(同伴の保護者は1名様まで無料です)

■イベント内容:
絵本:「だって春だもん」「いっしょだよ」「森のいのち」
お話と映像:写真絵本作家 小寺卓矢
絵本の読み語:よみかたり 興膳 津
音楽:ハンマーダルシマー 小松崎 健

■主催:森de絵本と音楽を楽しもう!実行委員会
■お問合せ先:moride.ehon@gmail.com(中村)

詳しくはこちら

えんとつ町のプペル展in 札幌

「誰も見たことのない圧倒的なものをつくる」
西野亮廣が挑んだのは、前人未到の超分業制の絵本作り。

35人のクリエーターが結集した「えんとつ町のプペル」は、発売2ヶ月で異例の発行部数23万部を超え、今も記録を伸ばしています。

東京で開催された絵本の個展は来場者2万人を超え、大盛況のうちに幕を閉じました。
その「輝く」個展が、この春札幌へ。

※4月30日に行われる西野亮廣トークショーは予定枚数終了しました。

uploaded.jpg

■日時:2017年 4月16日(日)〜30日(日) 11:00〜19:15
         (16日は13時から、30日は16時まで)
■場所:コンチネンタルギャラリー
(札幌市中央区南1条西11丁目 西11丁目駅からすぐ)
■入場料:一般     前売り 800円 当日 1,000円
     大学生     前売り 700円 当日 800円
     高校生以下     無料
■チケット購入先:こちらからご購入ください。
・当日、受付にチケット画面を提示ください。
・1枚につき1人入場可能です。
・高校生以下無料です。
・会期中1回限り有効です。
・キャンセルにつきましては返金を受け付けておりません。予めご了承ください。
■お問い合わせ先:えんとつ町のプペル展in札幌(sapporo.pupell@gmail.com)

詳しくはこちら

ガラクタワークショップ

不要になったガラクタを使って自由にオブジェを作ります。親子で一緒に参加できるワークショップです。

■日時:平成29年5月5日(祝日・金曜日)14時00分〜15時30分
■場所:えほん図書館ボランティア等体験室・体験型活動室(おつきさま・おひさま)
(白石区南郷通1丁目南8-1白石区複合庁舎6階)
■定員:12組、24人
■対象:4歳〜小学生の子どもとその保護者
■料金:無料
■お申込:札幌市コールセンターに電話(011-222-4894、受付時間:8時00分〜21時00分)かWEB でお申し込みください。
※申込多数時は抽選します。抽選の結果は当選者にのみハガキでお知らせします。
※申込期間:3月28日(火)〜4月20日(木)

■講師:犬飼ともさん(造形作家)
山形県出身。2008年よりガラクタや漂着物などを使って子どもたちとオブジェを作る造形ワークショップを多数開催。2011年の東日本大震災直後ガレキを使ってオブジェを作る造形ワークショップを宮城県石巻市渡波(ワタノハ)地区の子どもたちと行いました。子どもたちの作ったオブジェはワタノハスマイル展と名付け全国を巡回し、2012年にはイタリアの博物館でも展示されました。2016年より北海道に移住。現在は北海道を拠点に日本各地の子どもたちと造形ワークショップを行っています。

詳しくはこちら

PR